布袋寅泰が、『北斗の拳』のケンシロウ&ラオウとスーパーバンドを結成! 新曲「202X」ティザー映像も解禁

■布袋寅泰×『北斗の拳』が再びタッグ。原哲夫描き下ろしのアートワークも解禁!

布袋寅泰が、あらたなバーチャルスーパーバンドを結成したことが明らかになった。

メンバーはもちろんボーカル&ギターに布袋寅泰、ベースに『北斗の拳』のケンシロウ、ドラムはラオウという3人によるまさに最強トリオだ。

このバーチャルスーパーバンドは、『北斗の拳』連載35周年を記念して書きおろされた「202Xテーマソング」として、9月19日にリリースとなる布袋寅泰、待望のニューシングル「202X」(読み:トゥーオートゥーエックス)の完全数量限定盤での実現となる。

通常盤と同時発売となる完全数量限定盤に同梱される「202X」バーチャル3Dフィギュア(ARマーカーピック3枚セット)がその正体。

これは、専用アプリを起動してスマートフォンをかざすと、なんと布袋寅泰と『北斗の拳』のケンシロウ、ラオウの3人によるバーチャルスーパーバンドがバーチャル3Dフィギュアとなり、スマートフォンの画面内に出現、「202X」のリアルで熱いパフォーマンスをする、というもの。

「202X」は、イントロから強烈なギターリフが鳴り響く中、近未来のディストピアをテーマとした歌詞が畳み掛けるように押し寄せる、『北斗の拳』の世界観と布袋寅泰らしさが見事に融合したロックチューン。新しいテクノロジーを積極的に取り入れてきた布袋寅泰ならではの、非常にユニークなこのバーチャルスーパーバンドがどんなパフォーマンスをするのか期待が高まる。

そしてこのタイミングで、ドラムを担当するラオウが大々的にフィーチャーされた、原哲夫の描き下ろしによる強烈なインパクトあるジャケットアートワークも発表された。

布袋寅泰と『北斗の拳』といえば、2010年リリース当時、着うた(R)がミリオンヒットを記録し大きな話題となった『北斗の拳』201Xテーマソング、「STILL ALIVE」以来、実に8年ぶりとなる熱いタッグ。

作詞を手掛けるのも、前述の「STILL ALIVE」に引き続き森雪之丞。数々のヒット曲を生んできている黄金のコンビ、こちらも再びのタッグとなる。

どんな場所でも好きなときにパフォーマンスしてくれるというバーチャルスーパーバンド、大きな注目が集まりそうだ。

そしてこのタイミングで、この「202X」のティザー映像も公開、楽曲の一部が聴くことができるので要注目だ。

なお、布袋寅泰は、このシングルリリース後、10月7日からベルギー、10月8日フランス、10月10日スイス、10月11日イタリア、そして10月20日のホームタウン、イギリス・ロンドン(会場は、Shepherd’s Bush Empire)の5ヵ国のヨーロッパツアーを敢行。

ヨーロッパツアー終了後の翌月(11月)からは、『HOTEI Live In Japan 2018 〜TONIGHT I’M YOURS TOUR〜 supported by ひかりTV』とタイトルされた日本でのホールツアーが、11月10日兵庫・神戸国際会館 こくさいホールを皮切りにスタート。最終日の12月30日の大阪・オリックス劇場まで、全国18ヵ所19公演が予定されている。


リリース情報

2018.09.19 ON SALE
SINGLE「202X」


布袋寅泰 OFFICIAL WEBSITE
http://hotei.com/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人