川嶋あい、“1年でいちばん大切な日”8月20日にデビュー15周年ライブを開催

■川嶋あい「ラジオでリクエストをいただいたカバー曲を披露します」。意表を突くMr.Childrenの「抱きしめたい」のカバーに会場がどよめくシーンも!

川嶋あいが、8月20日にワンマンライブ『Ai Kawashima 15th anniversary〜BIRTH〜』を開催。昭和女子大学人見記念講堂にて行われたライブには、2,000人の観客が来場した。

川嶋あいにとって、8月20日は1年でいちばん大切な日であり、スタートの日。2003年にI WiSHとしてデビュー以来、渋谷公会堂を始め、欠かすことなくライブを実施しており、8月20日ライブも今年で16回目を迎える。

今年のライブテーマは、〜BIRTH〜(誕生)。今回のライブを通して、デビュー15周年を迎えた川嶋あいの“原点”と“新しい一面”を感じることができた。

SEから淡い光が会場を包み込み、1曲目「もう一度」のイントロが始まると川嶋あいが登場。深海をモチーフとしている神秘的なステージで、静かにワンマンライブの幕が上がった。

「最後の夕日」や「サマーブリーズにのって」など、初期の曲を織り交ぜたセットリストは、川嶋あいの15年を見てきた古くからのファンにとっては、懐かしくもうれしい構成であり、15年経っても変わらない普遍的な歌声がそこにはあった。

キーボードが運ばれてきて、川嶋あいの弾き語りパートが始まり、「絶望と希望」と「ごめん」の2曲を披露。「絶望と希望」はパーカッションとウッドベースに加えてサックスに合わせ演奏をし、いつもとはひと味違った編成のパフォーマンスを披露した。

その後、MCで「ラジオでリクエストをいただいたカバー曲を披露します」と話し、演奏されたのは、Mr.Children「抱きしめたい」。カバーを披露するというサプライズに、観客も驚いたようだった。

川嶋あいがステージからはけると、過去にリリースしたシングル楽曲がオルゴールの様な音色で流れ出す。ダイジェストで流れるそのメロディーは、最新の曲から順に遡っていき、1stシングルの「天使たちのメロディー」が流れ終わった瞬間、「明日への扉」のピアノイントロが弾かれ、川嶋あいが登場し、15周年のステージでデビュー曲を披露した。

「見えない翼」「ジャングル」「My Love」とアップテンポの曲が立て続けに演奏され、会場の盛り上がりが最高潮になった「My Love」では、ミラーボールがステージ頭上に飾られ、会場を照らし盛り上げた。

怒涛のアップパートが終わったタイミングで、祭りのようなドラムのリズムが刻まれると、「盆踊りを踊って、夏も盛り上げよう!」という川嶋あいの呼びかけと同時に、浴衣や法被、甚兵衛をきた踊り子がステージと観客席に登場。ロック調の「東京音頭」が演奏され、踊り子と一緒に川嶋あいが盆踊りを披露した。そのまま「ハレルヤ」の盆踊りバージョンに続き、観客全員盆踊りの動きに合わせて手を振り、会場全体が一体となった。

本編最後の曲は「Dear」。“大切な人へ心から「ありがとう」”と、15周年の感謝の気持ちをファンに伝えて本編の幕が閉じた。

アンコールでは、軽快なパーカッションのリズムからイントロに入り「もっと!」が披露され、「I Love Your Smile」へ続いた。アンコールの最後に、「今日は一年にいちばん大切な日に集まっていただき、ありがとうございました。最後は大切な卒業ソングを歌わせてください」と「旅立ちの日に・・・」を演奏。いつもは弾き語りで演奏する本曲だが、今年はバンド編成で歌い上げた。

そして最後に、この日が養母の命日ということもあり、「私はその人のことが大好きだったし、その人の娘で良かったと思います。最後ひと言この言葉をおくりたいなと思って、16歳のときに書いた歌があります。今日の日の最後に心を込めてこの歌を歌わせてください」と述べ、8月20日にしか歌わない「「・・・ありがとう...」」を歌い上げ、ワンマンライブの幕が閉じた。

デビュー15周年の特別な8月20日のワンマンライブは、川嶋あいが関わってきたすべての人に対して感謝を届け、16周年以降を期待させるライブとなった。

<セットリスト>
01:もう一度
02:最後の夕日
03:サマーブリーズにのって
04:スーツケース
05:マーメイド
06:シャングリラ
07:絶望と希望
08:ごめん
09:抱きしめたい(cover)
10:明日への扉
11:見えない翼
12:ジャングル
13:My Love
14:東京音頭
15:ハレルヤ
16:Dear

EN1:もっと!
EN2:I Love Your Smile
EN3:旅立ちの日に・・・

WEN1:「・・・ありがとう...」


川嶋あい OFFICIAL WEBSITE
http://kawashimaai.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人