EXILE ATSUSHI、童謡「この道」を熱唱。「ATSUSHIさんの『この道』は聴いたことのない『この道』でした。」(佐々部清監督)

■「(童謡は)歌うたびに、細胞やDNAが震える感覚というか、自分が日本人であることへの誇りや、感謝などを感じるものです」(EXILE ATSUSHI)

鈴木三重吉による児童文学誌『赤い鳥』が刊行された大正7年(1918年)、あるふたりの男の友情によって、この先100年にわたり日本人の心を動かす「歌」が生まれた……。

“童謡”の誕生から100年である今年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、秀才音楽家・山田耕筰との友情とともに描き出す映画『この道』(配給:HIGH BROW CINEMA)。

今年2月にクランクアップし、日本映画では初の試みとなる箱根の老舗・富士屋ホテルでの撮影も実現したことで注目された本作は、2019年1月11日に全国公開されることが決定した。

100年前、それまで日本の子供たちの唄う歌は、♪通りゃんせ、♪はないちもんめ、といった伝承の「わらべうた」か、♪ちょうちょう、♪ぶんぶんぶん、といった明治開国で日本に入ってきた「ドイツ童謡」を日本語訳した歌だった。

“日本の子供たちに、日本人による「童謡」を創ろう!” と児童文学誌「赤い鳥」を発刊した文学者・鈴木三重吉は、独特なリズムがある奇抜な詩で名を馳せていた詩人・北原白秋と、ドイツ留学を経て日本で初めて交響楽団を結成した音楽家・山田耕筰に童謡創作の白羽の矢を立てる。

自由奔放な天才詩人・北原白秋は、私生活では酒に溺れ、不貞をはたらくトンデモ男。洋行帰りでやたら真面目な秀才音楽家・山田耕筰。天才と秀才、性格も生き方も異なるふたりに立ちはだかる時代の波に、彼らは歌で立ち向かう……。

当初は才能がぶつかり、反目するふたりは、あることがきっかけで手を取り合い、「からたちの花」や「この道」、「待ちぼうけ」や「鐘が鳴ります」など、数々の童謡を世に出していく。しかし、戦争の足音によってふたりは苦悩の淵に……。

日本文学・音楽界に名を残す自由奔放な天才詩人・北原白秋を演じるのは、『ハゲタカ』(2009年)で日本アカデミー賞優秀男優賞を獲得し、今や日本映画に欠かせない演技派俳優、大森南朋。西欧音楽の普及に尽力し、白秋と共に数多くの名曲を世に送った秀才音楽家・山田耕筰は、俳優として活躍の場を広げ、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙―サイレンス―』(2017年)ではハリウッドデビューも果たしたEXILEのAKIRAが熱演。

ほか、ふたりを引き合わせた鈴木三重吉に柳沢慎吾、白秋を見守る与謝野鉄幹・晶子夫妻には松重豊、羽田美智子、波乱の多い白秋の人生の中、そばで支える妻に貫地谷しほり、松本若菜を迎え、さらに、ラジオ本放送時に「からたちの花」を歌唱した歌手役で由紀さおり・安田祥子姉妹が出演。

『半落ち』(2004年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得した日本映画界の名匠・佐々部清監督がメガホンを取り、『かぐや姫の物語』(2013年)、『恋は雨上がりのように』(2018年)の坂口理子が脚本を担当。キャスト、スタッフ共に映画界を代表する豪華布陣で、2019年新春映画として全国公開を迎える。

そしてこのたび、本作の主題歌に、日本を代表するダンス&ボーカルグループ、EXILEのボーカルのATSUSHIが歌唱する童謡「この道」が決定! 本作の主人公である<北原白秋>が作詩を担当し、<山田耕筰>が作曲を務め、今もなお歌い継がれている童謡を、日本が世界に誇るボーカリスト、EXILE ATSUSHIが歌い上げている。

過去、2012年に発表された、自身初となる童謡唱歌のカバー曲「ふるさと」や、2013年発表のシングル曲「懺悔」のカップリング曲として歌われた「赤とんぼ」に続き、本作が童謡唱歌カバー3曲目となり、EXILE ATSUSHIの童謡唱歌カバー曲が映画の主題歌として起用されることは初となる。

編曲は、日本の音楽シーンで欠かすことのできない音楽プロデューサー・武部聡志が担当。現代人の心に深く染み渡る彩りを放っている。

また、本作の音楽は、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』や『ラストゲーム 最後の早慶戦』などの映画音楽のみならず、『金田一少年の事件簿』や『犬夜叉』などアニメ音楽や『キングダムハーツ」シリーズなどのゲーム音楽、更にはクラシック音と、幅広いジャンルの音楽を世に送り続けている作曲家・和田薫が務めている。

北原白秋、山田耕筰のふたりが紡いだ「童謡」は日本人の心の琴線に触れ、その後、日本の歌、日本人の心の故郷として親しまれ、100年を経た今でも歌い継がれている。これまで描かれることのなかった人間・北原白秋が歩んできた道…時代に翻弄されながら、自由に、かつ、奔放に生きた稀代の詩人・北原白秋の人生とは? 時代を超え、100年を超えた今でも歌い継がれる名曲誕生の裏側には、現代にも通じる数々のドラマが隠されていた……。哀愁、笑い、そして、感動を呼び起こす珠玉の人間ドラマ『この道』に注目だ。

■EXILE ATSUSHI コメント
Q:「この道」を歌ってみて
A:この歴史的な童謡を歌えることにまず、感動と喜びを感じます。歌ってみると、意外に変拍子が入っていたり、難しさもあったのですが、日本の原風景が勝手に思い浮かんでくる感覚には驚きました。
そして、“あぁ そうだよ” というフレーズが毎回出てくるのですが、同じフレーズでも、頷く感じの“あぁ” もあれば、驚いた“あぁ” もあります。そして過去に想いを馳せる“あぁ” と、幸せなため息の ”あぁ” …。
すべての“あぁ” に違った感情と想いを入れるのがとても感慨深く、この歌の素晴らしさを感じながら歌うことができました。

Q:童謡とは
A:歌うたびに、細胞やDNAが震える感覚というか、自分が日本人であることへの誇りや、感謝などを感じるものです。新しく出来た曲とはまた少し違い、歴史も感じますし、その楽曲を作られた先人の方々の、とても深い想いを感じます。

Q:メッセージ
A:童謡や、美空ひばりさんの楽曲を歌わせていただくようになってから、自分の音楽への想いが、またさらに深いものになりました。
この映画を観ていただき、「この道」を聴いていただいて、また日本の素晴らしさや、先人の方々の想い、そしてATSUSHIの想いにも感じていただきながら、皆さんの人生に照らし合わせて、聴いていただけたら嬉しいです。

■音楽プロデューサー武部聡志 コメント
ATSUSHIとのセッションでは、いつも彼の圧倒的な声力(こえぢから)に驚かされる。これまでにいくつかのカバー作品を共にしてきたが、ATSUSHIの声が持つ、あたたかさ、甘さによって楽曲がオリジナルとはまた違った「輝き」を放つのだ。今回、日本人なら誰もが一度は口ずさんだことのある、童謡の名曲中の名曲「この道」。ATSUSHIの情感たっぷりの、かといって歌いあげ過ぎない抑揚の効いたボーカルによって、今この時代に生まれた新曲のような「輝き」を持った作品に生まれ変わったのではないだろうか。この作品をきっかけに、日本のトラディショナルソングである童謡に再びスポットライトが当たる事を期待している。

■佐々部清監督 コメント
「この道」は子供の頃から、いろんな歌手や合唱団などで歌われてきた曲です。僕も中学の頃、同級生たちと歌った記憶があります。いろいろな「この道」を聴いてきました。
ATSUSHIさんの「この道」は聴いたことのない「この道」でした。
道がテーマなので、地面を強く踏みしめるような感覚を感じたいのです。混声合唱などが合うのでしょうか。けれども、今回の「この道」は宙を歩いている感覚。でもフワフワしているわけでなく、強いのです。不思議な感覚です。白秋と耕筰の「この道」がまた新しく甦ったように思います。

■作曲家:和田薫 コメント
<北原白秋・山田耕作の童謡について>
日本人にとって童謡とは、心の故郷であり、私たちの音楽の原点です。その礎を築き、日本音楽の黎明期を共に歩んできた北原白秋と山田耕筰は、我々作曲家にとってレジェンドでありヒーローです。しかし、その創作活動の苦労苦難は「産みの苦しみ」だけでなく、日本音楽の創世という十字架も背負っていました。それまでの伝統邦楽から音楽への進化は、まさに“夜明け”の時代の象徴であり、日本音楽の歴史そのものです。佐々部清監督との初タッグの映画「この道」、レジェンドのふたりがいかに童謡を生み出していくか、人間味溢れる展開をご期待くだkさい。


映画情報

『この道』
2019年1月11日(金)全国公開
(C)映画「この道」製作委員会


映画『この道』作品サイト
https://konomichi-movie.jp/

EXILE OFFICIAL WEBSITE
http://exile.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人