『下町ロケット』新シリーズに、吉川晃司が続投!「『下町ロケット』は、吉川さん演じる財前なしには始まりません」

■吉川晃司演じる帝国重工の宇宙航空開発部部長・財前道生は、今作では様々な壁に阻まれ、岐路に立たされることに……。

TBS10月期の日曜劇場枠(毎週日曜よる21時〜21時54分)にて、2015年10月期に放送され好評を博したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズが放送される。

主人公の佃航平を演じるのは、前シリーズに引き続き阿部寛。ヒロインである佃航平の娘・佃利菜役には土屋太鳳。そのほか、立花洋介役の竹内涼真、山崎光彦役の安田顕、殿村直弘役の立川談春をはじめとした佃製作所のメンバーなど、前シリーズを盛り上げた多くの出演者が新シリーズでも続投することが発表されている。

そしてこのたび、前シリーズで圧倒的な存在感を放った、日本を代表する大企業・帝国重工の宇宙航空開発部部長であり、佃の盟友でもある財前道生役で吉川晃司の続投が決定した。

財前は帝国重工社長・ 藤間の号令の下、帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディングカンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を先頭に立って推し進め、実現させてきた。しかし一転、今作では様々な壁に阻まれ、岐路に立たされる……。

前シリーズの『下町ロケット』がTBSドラマ初出演だった吉川。地上波での民放連続ドラマへの出演は前シリーズぶりとなる。大企業の中にあっても自分の生き方を貫き通す財前を、吉川が今作ではどのように演じていくのか注目だ。

宇宙(そら)から大地へ。佃製作所のあらたな戦いの幕が上がる。大きな挫折を味わってもなお、前に進も うとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ! すべての働く人たちに送る、感動のエンターテインメント巨編の新シリーズは必見だ。

■吉川晃司 コメント
財前部長は、つねに真っ直ぐにして華やかなキャラクターですから、「蘭心竹生」を旨に、いっそうしなやかであれ。と。
※「蘭心竹生」とは中国の古くからの言葉で、蘭のような華やかな心を持って竹のようにまっすぐに生きるという意味。

■プロデューサー・伊與田英徳 コメント
『下町ロケット』シリーズは、吉川さん演じる財前なしには始まりません。前シリーズで、純国産ロケット 打ち上げプロジェクト「スターダスト計画」を成功に導いた帝国重工宇宙航空開発部の部長・財前道生を 情熱的に演じていただきました。圧倒的な存在感と冷静な中にも情熱溢れる財前に、私もこんな上司がいたらいいなと憧れるほどでした。今作でも、シリーズ開始早々から様々な壁に阻まれ、窮地に立たされる財前ですが、吉川さんにどのように演じていただけるのか、とても楽しみです。


番組情報

TBS  日曜劇場『下町ロケット』
毎週日曜21:00〜21:54 ※10月スタート


リリース情報

2018.07.04 ON SALE
吉川晃司
Blu-ray&DVD『KIKKAWA KOJI LIVE 2018 “Live is Life”』


番組サイト
http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

吉川晃司 OFFICIAL WEBSITE
http://www.kikkawa.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人