Hey! Say! JUMP 山田涼介、グループとしての活動と俳優やソロアーティストとしての活動を両立させる秘訣をコメント

■「切り替え、なのかなと思います。フラットな“人間・山田涼介”になる時間を大切にしています」(Hey! Say! JUMP・山田涼介)

Hey! Say! JUMPの山田涼介を起用した、コーセー“ソフティモ ラチェスカ”シリーズの新商品「ミルククレンジング」の新CMが、8月21日より全国でオンエアが開始される。

新CMで山田は、ばっちりアイメイクや色落ちしづらいティントリップ、毛穴汚れまで、ミルクでメイク落としができることに驚きの表情。さらに、メイクを落としながら、うるおいを保つことも両立させている“ソフティモ ラチェスカ ミルククレンジング”に、さらに驚きの表情を大きくする。

「めちゃ落ち!」のセリフのときには両手を挙げてのオーバーに、「めちゃうる!」のセリフのときには優しくしっとりとした表情で表現。見事に2つの表情を両立させる山田の表現力にも注目だ。

■撮影レポート
新CMの見どころは、“ソフティモ ラチェスカ ミルククレンジング”が、“メイク落ち”と“うるおい”を両立させているのと同様に、山田が「めちゃ落ち!」のセリフでは驚きの表情、一転して「めちゃうる!」のセリフでは優しく語りかけるような表情のふたつを両立させるところ。

撮影は「めちゃ落ち!」の驚きの表情からスタート。両手を広げたり、目を見開いたり、豊かな表情と身のこなしで順調に進んでいく。

続いて「めちゃうる!」のシーン。監督は特にこのシーンの撮影に思い入れが強いようで、山田にも次々と指示が出される。最初は「優しく!」、続いて「色気たっぷりで!」「カッコよく!」……。そのたびに山田は、表情や身のこなしを変え、監督のリクエストに応えていった。

そして最後に出た監督からの指示は「では、めちゃうるで!」。監督の言葉に一瞬 「……」と首を傾げた山田だったが、見事“めちゃうるな表情”でOKをもらった。“めちゃうるな表情”とはどんな表情なのか、ぜひCM本篇でチェックしよう。

■アイドルと俳優、両立の秘訣は「人間・山田涼介」になる時間を大切にすること!
“ソフティモ ラチェスカ ミルククレンジング”の特長が、“メイク落ち”と“うるおい”の両立であることから、CM撮影終了後、Hey! Say! JUMPのメンバーとしての活動と、俳優やソロアーティストとしての活動を両立している山田に、両者をうまく両立させる秘訣を質問。すると山田は、「切り替え(が大事)なのかなと思います」と話した。

「1日に俳優の仕事とアイドルの仕事、まったく違う仕事が入るときもあります。そんな中でも、基本的にはどちらも引きずることはありません。(切り替えには)フラットな山田涼介になる時間を大切にしています。フツーの人、 “人間・山田涼介”である時間を大切にするというのはとても大事なような気がします」とコメント。今回のCMの撮影でも、山田流切り替え術が遺憾なく発揮されていたようだ。


ソフティモ ラチェスカ 商品サイト
http://www.lachesca.com/

Hey! Say! JUMP OFFICIAL WEBSITE
https://www.j-storm.co.jp/heysayjump

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人