乃木坂46・齋藤飛鳥、初めての始球式でまさかの“トルネード投法”を披露!「野球ファンの皆さんに失礼がないように…」

■「タオルとかうちわを持ってる方が結構いらっしゃって、(台湾では)全然知られてないものだと思っていたので、ちょっとびっくりしました」(乃木坂46・齋藤飛鳥)

2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、台湾の青春映画として歴代1位の興行収入をおさめ、香港では『カンフー・ハッスル』(2004年)の記録を塗り替えて歴代興収No.1を記録。日本でも2013年に公開され、単館上映ながらスマッシュヒットを記録した。

そして2018年、舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥、さらには松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった旬の若手俳優たちにより現代の物語として、あらた生まれ変わった『あの頃、君を追いかけた』が10月5日に公開となる。

このたび、本作でヒロインを務める齋藤飛鳥が、8月15日、映画オリジナル版の舞台である台湾を訪問。台湾プロ野球のLamigo(ラミゴ)モンキーズvs統一ライオンズ戦で、映画の衣装である制服に野球のユニフォームを羽織ってマウンドに登場し、自身初となる始球式を行った。

初の始球式を行った齋藤飛鳥は、「普段のライブよりも緊張した。野球ファンに失礼がないことを意識しました」とコメントし、いつもとは違うステージに緊張していた様子だった。また、フォームは“野茂英雄のトルネード投法”を意識していたことを明かした。

なお。本作の主演を務める山田裕貴は、8月10日にナゴヤドームで「中日対ヤクルト戦」の始球式に登板しており、2000kmの距離を隔て日本・台湾の“キミオイ”始球式が実現した。

オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として鮮やかに生まれ変わった珠玉のラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』は10月5日より全国にて公開。

齋藤飛鳥 コメント
Q:始球式お疲れ様でした。
齋藤:ありがとうございます。
Q:ワンバウンドで届いたみたいですね。
齋藤:そうですね、ワンバンでした。
Q:思いどおりの、練習どおりの投球ができましたか?
齋藤:投げた感じは、あんまり良くなかったのかなと思ったんですけど、いまさっき動画を観せていただいたら、思ったよりは飛んでいたので、それはよかったなあと。あと野茂英雄さんのマネをしたんですけど、それができたので満足です。
Q:野茂英雄さんのマネは仕込んでいたんですか?
齋藤:そうです、練習してました。
Q:どなたかスタッフさんに教えてもらったんですか?
齋藤:そうですね、乃木坂の野球をやっていたスタッフさんに教えていただきました。
Q:ファンの方もいっぱい来たみたいですね。
齋藤:そうですね、タオルとかうちわとかを持ってる方が結構いらっしゃって、全然知られてないものだと思っていたので、ちょっとびっくりしました。
Q:びっくりうれしい感じですか?
齋藤:そうですね、うれしかったです。
Q:ライブとは全然違う緊張感があったのかなと思うんですが、どっちが緊張しますか?
齋藤:もう断然こっち(始球式)のほうが緊張しました。
Q:そうなんですか! やっぱりひとりで立つし、慣れないところだし、全然違うんですね。
齋藤:そうですね、慣れないし、そもそも始球式が初めてだっていうのもあるし、あと野球ファンの皆さんにも失礼がないようにしなければっていうのは思ってました。
Q:最後に、今日のご自身の投球を100点満点で採点すると、何点くらいですか?
齋藤:えー(笑)、点数は…何点だろう…。何点か野球に詳しい方につけていただければ(笑)。点数は難しいです(笑)
Q:でも動画を見たら思ったより飛べていて、野茂英雄さんのマネもできて満足です、という感じですね。
齋藤:そうですね、でもノーバンでいけなかったのは悔しいので、野茂さんができたというところだけが満足です。あと本番前に、現地の選手の方(元DeNAベイスターズ所属の王溢正選手)にも直々に教えていただきました。
Q:優しかったですか?
齋藤:優しかったです!
Q:よかったですね、素敵な経験になりましたね!
齋藤:そうですね、あまりきっと経験できないことなので、貴重な経験ができてうれしいです。


映画情報

『あの頃、君を追いかけた』
10月5日(金) 全国ロードショー
出演:山田裕貴 齋藤飛鳥 / 松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
監督:長谷川康夫
脚本:飯田健三郎 / 谷間月栞
原作:九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
製作:『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ


映画『あの頃、君を追いかけた』作品サイト
http://anokoro-kimio.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人