MACO、親友・鷲尾伶菜(E-girls / Flower)と息の合ったパフォーマンスを披露!「最高で最幸な一日でした」

■「大好きな人たちに囲まれて、大好きな親友が来てくれて、涙するのももったいなくて、最初から最後までずーっと笑顔なライブでした」(MACO)

6月に自身初となるベストアルバム『BEST LOVE MACO』をリリースしたシンガーソングライターのMACOが、8月14日、恵比寿のリキッドルームにて、 ファンクラブ会員限定の一夜限りのプレミアムワンマンライブを行った。

2015年にファーストワンマンライブを行った思い出の地でもあるリキッドルームには約1,000人ものファンが訪れ、「ふたりずっと」や「Kiss」を始め、「ありがとう」「この世界中で」などの代表曲、ベストアルバムに初収録された「君のシアワセ」や、同郷GLAYの大ヒット曲のカバー「HOWEVER」など多数披露。3年前のファーストワンマンから大きく成長した姿を、訪れたファンにこれでもかと魅せつけ、大盛況のうちに幕を閉じた。

そして、今回のワンマンライブにはなんと、『BEST LOVE MACO』にも参加し、プライベートでも仲の良い、鷲尾伶菜(E-girls/Flower)もサプライズで登場! 今まで披露したことのなかった、ファン待望の「Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜(E-girls / Flower)」をふたりで初披露。仲の良さが全面に溢れ出るパフォーマンスで会場を大いに盛り上げたあとは、お題の一切ないフリートークで、ファンからの無茶振りに戸惑うふたりの姿で笑いを誘った。

また、ライブアンコール中のMCでは今年の12月にニューアルバムをリリースすること、また、そのアルバムを引っ提げての全国ツアー『MACOTOUR2019(仮)』の開催も発表。2019年3月21日の福岡公演を皮切りに、新潟、大阪、東京、名古屋、札幌と全6ヵ所をまわる。思いもよらぬサプライズの連続にファンたちは大興奮だった。ツアーのファンクラブ第一次先行はすでにスタート。一般発売は10月13日からとなっている。

思い出の地で大きくパワーアップした姿を見せつけたMACOは、来年のツアーでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。 今後もMACOから目が離せない。

<セットリスト>
1. We Are Never Ever Getting Back Together(Japanese ver.)
2. love letter
3. ふたりずっと
4. 恋心
5. Kiss
6. ありがとう
7. うれし涙(MACO ver.)
8. 恋するヒトミ
9. family
10. We Gonna Be Happy
11. Sweet Memory
12. この世界中で
13. 手紙
14. 恋の道
15. 君の背中に
16. 恋人同士
17. PEEKABOO
18. HOWEVER
19. 君のシアワセ
アンコール
20. 日記
21. Dear My Friend Feat. 鷲尾伶菜(E-girls / flower)
22. LOVE

MACO コメント
初めてワンマンライブをしたリキッドルームにまた帰ってこれて、とても感慨深い一日でした。昔の曲を一曲一曲噛み締めながら歌った感じです。当時のいろんなことを思い出したし、聴いてくれてたみんなの目が忘れられません。大好きな人たちに囲まれて、大好きな親友が来てくれて、涙するのももったいなくて、最初から最後までずーっと笑顔なライブでした。最高で最幸な一日でした。ありがとうございました。


リリース情報

2018.06.20 ON SALE
ALBUM『BEST LOVE MACO』


ライブ情報

MACO TOUR 2019(仮)
03/21(木・祝) 福岡・福岡サンパレス
03/31(日) 新潟・りゅーとぴあ・劇場
04/07(日) 大阪・オリックス劇場
04/13(土) 東京・中野サンプラザホール
04/20(土) 愛知・名古屋市公会堂 大ホール
04/28(日) 北海道・札幌市わくわくホリデーホール


『MACO TOUR 2019(仮)』チケット申し込みページ
https://maco.futureartist.net/news/105841

MACO OFFICIAL WEBSITE
http://www.macoopc.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人