ベリーグッドマン、“元高校球児”のメンバー・MOCAの実体験から生まれた「ライオン(2018New Ver.)」MV公開

■ベリーグッドマンの「ライオン」は、『Mステ』の番組内企画“部活に青春を捧げる高校生に聞いた「アガるJ-POPランキング」”で20位にランクイン!

ベリーグッドマンが、元高校球児のメンバー・MOCAの実体験を元にした「ライオン(2018New Ver.)」のミュージックビデオを公開した。

15人ものプロ野球選手の登場曲に選ばれ、体操の白井健三選手やマラソンの松田瑞生選手など、トップアスリートから根強い支持を受け、最近では関ジャニ∞への楽曲提供でも話題の3人組ボーカルユニット、ベリーグッドマン。

「ライオン」は2016年リリースのアルバム『SING SING SING 4』に収録されたナンバー。彼らの楽曲たちの中でも、群を抜いて共感を呼んでいるトラックで、今年の1月にテレビ朝日系『ミュージック・ステーション』内で“部活に青春を捧げる高校生に聞いた「アガるJ-POPランキング」”で20位に紹介され大きな反響を呼んだ。

今回のニューバージョンでは、メンバー自身の意向で、aiko、いきものがかり、back numberなどを手がける島田昌典がサウンドプロデューサーとして参加。バンドやストリングスを入れてのレコーディングで圧倒的なスケール感で生まれ変わり、この夏、全国14地区の高校野球地区予選大会でテーマソングや挿入歌で使用され、再び話題を集めている。

そして、今までミュージックビデオが存在していなかった「ライオン」が、楽曲の世界観を伝えるため、楽曲の生まれ変わりとともに、ミュージックビデオが完成!

今回のストーリーは、ベリーグッドマンのメンバーのMOCAが、野球推薦で宮崎の強豪校である延岡学園高校に入学し、高校3年生のときに春夏甲子園に出場したものの、メンバーには選ばれず、チームのために応援することしかできなかったという実体験を元に構成されている。

今作の主人公は高校野球部の生徒。人一倍努力を重ねるも最終的に背番号をもらえず、先輩からは「マネージャーならベンチ入りできる」とスコアブックを渡され気を落とす。そんな中、部活仲間と上手くいかず落ち込んでいるクラスメイトの管弦楽部の女子生徒を気づかう主人公。そして、自分も試合に出場できるように頑張るが、出場メンバーに選ばれない……。目標に向かって悩み苦しみ、それでも練習に励む高校生たちの姿が、楽曲のメッセージをさらに強く伝える内容に仕上がっている。

しかし、MVの最後には「To Be Continue」の文字が。なんと、今後同シングルに収録される「ドリームキャッチャー」のミュージックビデオとして、物語の続きが公開されることが予定されているのだ。努力の先に未来はあるのか!? ミュージックビデオの今後のストーリーにも注目だ。

高校時代を経て10数年経った今、MOCAは当時を振り返り、「そのときは悔しさで涙が枯れるほど泣いたが、その経験があったからこそ今、ベリーグッドマンとして音楽で“誰かを応援すること”が自分にとって最高の幸せだということに気づけた」とコメントしている。


リリース情報

2018.08.15 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ライオン (2018 New Ver.) / ドリームキャッチャー」

2018.10.24 ON SALE
ALBUM『BEST BEST BEST』


ベリーグッドマン オフィシャルファンサイト
https://berrygoodman.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人