V.I(from BIGBANG)、ひょっこりはんとの“ひょっこり”コラボにネット騒然!「素晴らしい絡み!!」

■V.IがAbemaTV特番でYouTuberに!? HIKAKINに韓国語を教える様子も「ヒカキンTV」で生配信され、YouTubeの急上昇1位を記録

BIGBANGのV.Iが出演する特別番組『V.I(from BIGBANG)「AbemaTV」初生出演!爆笑必至!?真夏のSP』が、8月7日にAbemaTVの「K WORLDチャンネル」で生放送された。

■HIKAKIN、V.I、ひょっこりはんのコラボに視聴者歓喜!
本番組は、AbemaTV初生出演となるV.Iとスタジオに登場するゲストたちが、様々なコラボや、ムチャぶり企画に挑戦し、V.Iの新しい魅力を引き出していく1時間の生放送番組。

今回のゲストには、YouTuberのHIKAKINと、お笑い芸人のひょっこりはんが登場。番組の前半に行った「ライブ中にできる“V.Iはん”を考えよう!」のコーナーでは、ライブ中にV.Iがファンに披露できるようなひょっこりはん、改め“V.Iはん”を全員で考えていった。

自ら積極的に用意された小道具を使い、様々な“V.Iはん”を披露するV.Iに、スタジオは終始大爆笑! なかでも、ひょこりはんとコラボをしたネタが披露されると、この様子を隣で見ていたMCのお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司も「これはバズっちゃうよ!」と太鼓判を押した。

そして、この動画をV.Iの公式インスタグラムにアップすると、公開から10分ほどで約3万3,000回も再生され、視聴者からは「素晴らしい絡み!!」「so cute」など、たくさんの反響コメントが寄せられた。

■HIKAKINのYouTubeチャンネルにV.I(from BIGBANG)登場! YouTubeの急上昇1位に
番組の後半では、HIKAKINのYouTubeチャンネルにアップする動画をV.IとHIKAKINのふたりで撮影することに。

「鉛筆を1分間で何本立てるか?」というお題に挑戦したふたりは、順番にチャレンジし、HIKAKINは8本、V.Iは13本立たせることに成功した。無事にエンディングまで撮り終えたV.Iは、「YouTubeのほうが緊張する」と感想を語り、スタジオの笑いを誘った。

その後、スタジオではV.IがHIKAKINのYouTubeチャンネルに登場し、HIKAKINに韓国語を教える様子を生配信した。開始直後からたくさんのコメントが殺到するなか、その動画は同時接続1.7万人、再生数も4.7万回となり、YouTubeの急上昇1位を記録した。

エンディングでは、V.Iが「今日の『AbemaTV』のライブって壁がない番組っていうか、何でもやっちゃう。僕、BIGBANGでデビューして13年なんですけど、なんかアナログだなって思うんですよ。もうちょっと変わっていく時代についていかないとダメだなって思っちゃいますね。だから僕も、ファンの皆さんがすぐ手(携帯)で見れるように近づいていかないと」と、今日の放送を振り返り、最後はV.Iの希望で出演者全員がアドリブでコラボレーションのパフォーマンスを披露した。

なお、この日の放送は、「Abemaビデオ」にて無料で視聴が可能。また、8月10日21時よりV.Iが出演する特別番組『V.I(from BIGBANG)チケットお届けサプライズ大作戦!!#3(終)』も放送される。

(C)AbemaTV


番組情報

『V.I(from BIGBANG)チケットお届けサプライズ大作戦!!#3(終)』
08/10(金)21:00~22:00
放送チャンネル:AbemaSPECIAL2、KWORLD

【放送URL】
AbemaSPECIAL2
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/CiZpgMuMTXDkJT

K WORLD
https://abema.tv/channels/k-world/slots/9eFUbxTs6PGh19


『V.I(from BIGBANG)AbemaTV初生出演!爆笑必至!?真夏のSP』視聴URL ※Abemaビデオ
https://abema.tv/channels/k-world/slots/8XJrTtHf1V3M3m

当該投稿はこちら ※V.I 公式Instagram
https://www.instagram.com/p/BmLW9X5lxCj/?taken-by=seungriseyo

V.I Instagram
https://www.instagram.com/seungriseyo/

BIGBANG OFFICIAL WEBSITE
https://ygex.jp/bigbang/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人