森川葵&城田優W主演ドラマ『文学処女』キービジュアル解禁! 主題歌はソナポケの新曲「君の名前」

■「3年前の『表参道⾼校合唱部!』では教え子の役だった森川葵さんが恋愛相手ということもあり、とても不思議なドキドキを味わっております」(城田優)

LINE Digital Frontier株式会社が運営する電子コミックサービス「LINE マンガ」で連載中のLINEマンガ編集部オリジナル作品『文学処女』(作・中野まや花)が実写ドラマ化。森川葵、城田優のダブル主演が決定し、さらに放送開始日が9月9日となることが発表された。

本ドラマは、1話あたりの閲覧数および「いいね」数で1位を獲得するなど、LINEマンガオリジナル作品を代表するタイトルのひとつ、『文学処女』が原作。恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子と、恋ができない男・人気小説家家の加賀屋朔の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の様子が描かれる。監督に日本音楽界を牽引してきた“映像の奇才”スミス、脚本および制作にソケットを起用し、MBS/TBS『ドラマイズム』にてMBSは9月9日、TBSは9月11日より全8話が放送される。

そして、このたびダブル主演として森川葵・城⽥優の出演が決定。森川葵が演じるのは恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(26)、城田優が演じるのは端正なルックスを持ちながら恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔(35)。圧倒的な表現力で観るものを魅了してきた実力派女優の森川葵と、ドラマ・映画のみならずミュージカル・舞台と幅広いフィールドの第⼀線で活躍する城田優の最強タッグにより、情感溢れるドラマ『文学処女』の世界を表現する。

放送に先がけ公開されたキービジュアルは、挑発的な表情で鹿子を見つめる加賀屋と、恥じらいながら加賀屋を見つめ返す鹿子の2ショット。まるでマンガから飛び出してきたように、原作『文学処女』の世界観を忠実に再現している。

さらに主題歌は、今年でデビュー10周年を迎えるSonar Pocketの新曲「君の名前」に決定。本ドラマのために作られた“温かさとぬくもりが溢れる”ラブソングとなっており、8月8日より音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」にて独占先⾏配信ならびにBGM キャンペーンがスタート。また、9月4日に発売されるSonar Pocketの30th シングル「君の名前」の初回限定盤Bには、原作『文学処女』作者の中野まや花が描きおろしたイラストのスペシャルジャケットが封⼊される。

なお、オープニングテーマはSpecial Favorite Music の新曲「ロングハローグッバイ」が起用される。

■ドラマ『文学処女』BGM キャンペーン概要
楽曲「君の名前」をLINEプロフィールのBGMに設定した画面をスクリーンショット保存し、ハッシュタグ「#文学処女_BGM」を付けてツイートすると、Sonar Pocket のサインが⼊ったドラマ『文学処女』ポスターが抽選1名に当たるキャンペーンが8月8日から開始。

期間:8月8日(水)10:00~8月21日(火)23:59
⽅法:「LINE MUSIC」公式 Twitter アカウント(@LINEMUSIC_JP)のフォロー、ならびに指定の内容をツイート

■森川葵 コメント
インするまでに鹿子のことが知りたくて、何度も何度も原作を読み返しました。すると鹿子のことをたくさん知ることができただけでなく、本当に加賀屋朔という人間に恋をしていきました。そんなまだ抱いたばかりのピュアな気持ちを込めて、毎日鹿子として過ごしている日々が明るくて、本当に楽しくいい撮影をしています。ぜひ放送をお楽しみにしていてください。

■城田優 コメント
個人的には、初めての少女漫画原作の恋愛軸を演じさせていただくということで、非常にワクワクしています。
加賀屋先生はツンデレらしいので、どうすれば皆さんにキュンキュンしてもらえるかを監督・スタッフさんたちと⽇々模索中です。
また、3年前の『表参道⾼校合唱部!』では自分の教え子の役だった森川葵さんが恋愛相手ということもあり、とても不思議なドキドキを味わっております。経験豊富な加賀屋と、恋愛初⼼者の鹿子のやりとりや、望月との三角関係も見どころです。
加賀屋の過去にもある秘密が……。スタッフの皆さんが熟考した大人で上品なセクシーシーンもあります。
実は「念願」だった恋愛ドラマ。
どんな仕上がりになっているか、ぜひぜひテレビにかじりついてご覧いただきたい作品です。

■原作者・中野まや花 コメント
森川さんは同じ愛知県出身ということと、昔(新人さんの頃)私の住んでいる地方のCMに出てた頃から注目していた女優さんでした。
今ではいろんな役をこなす有名な女優さんになられている、そんな森川さんが今回、主人公の月白鹿子を演じてくださることに喜びでいっぱいです。
森川さんらしい月白鹿子を楽しみにしています! また、いろいろな人に『文学処女』のなかでいちばん配役が難しいと言われていた加賀屋役。
最終的に決まったのが城田優さんでした。キャラの身長を上回るスペックといい、だだ漏れる色気といい、もう私個人的には大満⾜です!(笑)
城田優さん演じる加賀屋朔がドラマの中で実際に動く姿が今から楽しみです!

■Sonar Pocket コメント
今回、主題歌を担当させていただくことを光栄に思います。主題歌としてドラマをサポートできるように、原作をしっかり読んだうえで、主人公の心の描写に寄り添いながら歌い上げました。ドラマ作品とともにこの楽曲も皆さんに愛していただけるとうれしいです。

■Special Favorite Music コメント
原作を読んでみて、恋をすることや誰かを想うことは、知らなかった自分や変わり始める世界に出会うことなのかな、ということを感じまして、そんな気持ちを込めて作りました。ドラマをご覧になる皆さまの平成最後の恋も、素敵な物語になりますように。


番組情報

MBS/TBS『文学処女』

MBS:09/09(日)放送開始 毎週日曜24:50~
TBS:09/09(火)放送開始 毎週火曜25:28~
(C)『文学処女』製作委員会・MBS


「LINE マンガ」
https://manga.line.me/

マンガ『文学処女』
https://line.me/R/ch/1365857945/product/periodic?id=Z0000069

ドラマ『文学処女』公式 サイト
https://www.mbs.jp/bungakushojo/

Sonar Pocket OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonapoke.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人