超特急が和風なラップを歌ってNeo cool museumを設立(!?)とにかく攻め続けるのが彼らのスタイル

テレビ朝日系 土曜ナイトドラマ『ヒモメン』主題歌で注目を集める、シングル「Jesus」をリリース。経験を重ねるごとに改良し、つねに今の超特急が最高だと思わせてくれる。“全員野球”で生み出した今作をこれまで以上にメンバーが熱く語る。

【インタビュー】
超特急

タカシのラップも新鮮だし、タイトルも斬新だし、いろんな挑戦がある曲

──シングル「Jesus」が完成。テレビ朝日系 土曜ナイトドラマ『ヒモメン』主題歌ですが、ヒモ男のバカップルを描いた、面白そうなドラマですね。

カイ 原作を読んだんですけど、面白かったです! ギャグ要素もあってすごく面白いし、ヒモのことを否定も肯定もしていない話なので、ドラマでどう表現するのか楽しみです。

──「Jesus」を最初に聴いた感想は?

タカシ Aメロ、Bメロ、サビと全然違う曲に聴こえるトリッキーさが面白いし、『ヒモメン』を想像するダメ男を描いた歌詞もよく聴くと深かったり。聴くたびに印象が変わってくるのが面白いし、癖になる、飽きない曲になるんじゃないか? と思いました。

──カッコ良いダンスビートと歌詞、さらに振り付けのギャップがすごく面白くて。このギャップこそが、超特急の持つ振り幅であり、魅力だと感じました。

リョウガ 爽やかに始まったと思ったら、和風のラップが始まったり(笑)。キャッチーさもあって、ドラマの主題歌を通じていろんな人にハマってもらえる曲になったと思います。

リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)

ユーキ キャッチーでドラマの主題歌っぽいですよね。みんなで合わせられる振り付けがあるのかな? とか、楽しい振り付けになりそうだなって想像もしやすかったです。

ユースケ 夏にピッタリなアップテンポのダンスチューンで、踊り出したくなりますよね。タカシのラップも新鮮だし、タイトルも斬新だし、いろんな挑戦がある曲だなと思いました。

ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)

タクヤ 「Jesus」はそれぞれが持つ世界観のまんま表現したいですね。そこにその日の感情や気持ちをこの曲に乗せることが出来たら良いなと思うし。振り付けがキャッチーなので8号車との一体感を感じたいです。

あれ、本当にタカシの声?

──タカシくんのラップパートは驚きました。

ユーキ あれ、本当にタカシの声?

カイ 歌ってもらわないとわからないなぁ~。

カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)

タカシ  (本気の発声で)“ジャンジャン!”

ユーキ おぉ、タカシだった。良かった(笑)。

タカシ あはは。あれは普段出さない声だから、いろいろ試してみて偶然の産物で出た声なんですよ。「Jesus」は曲調がどんどん変わるので、新しいことを試すには良い機会でした。

タクヤ 一曲の中にいろんな世界観があって、表現の幅も広がる。ラップとかダンサーのガヤとか入って、超特急にしかできない、まさに“Jesus”な曲になったと思います。

タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)

──ダンサーのガヤも重要だったり、「SAIKOU KOUSHIN」では超特急みんなで作詞していたり、今作も全員がかりで新しい挑戦に取り組んでいますね。

タクヤ 最近は一曲一曲をより超特急全体で作っていってる実感がありますね。今まで、レコーディングスタジオのブースに入る機会もあまりなかったですが、ボーカルになった気持ちにもなって……(笑)、やってて楽しいです。

リョウガ 「SAIKOU KOUSHIN」は各自に歌のパートがあったりして。そこに8号車の声が加わることで、曲が完成すると思うので。早くライブで披露したいです。

美術品とメンバーそれぞれをかけ合わせて、ひとつの作品になる

──「Jesus」の歌詞に関して、タカシくんはヒモ男の気持ちをどう理解したの?

タカシ 理解はできないけど、ヒモ男に限らず、現代社会に対して鋭いこと言ってるなと思うところもあって。“反面教師 大学を主席で卒業しまして 我が道進んで一体何が悪いの?”とか、それ言っちゃう? と思いながら、そうだよなって共感できたり。実はこういうことを言ってるんじゃないか? って考えさせられるフレーズが多かったので、それを意識しながら歌っていくことにしました。

タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)

──MVもぶっ飛んだ世界観のすごく面白いものになりましたね。

ユーキ このMVのためにセットを組んで“Neo cool museum”を作ったんですが。美術品とメンバーそれぞれをかけ合わせて、ひとつの作品になるみたいなテーマです。カッコ良いのにツッコミどころ満載で、超特急らしいMVになりました。ただ、意味はわかりません! 僕の絵と一緒で、感じるのがアートですから(笑)。

ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)

カイ 意味わかんない部分も繰り返し見ると理解できたり、ソロカットも多くてそれぞれの魅力も見えるMVにもなったと思います。リップシンクも初めてで、楽しかったですね。

リョウガ あと、「ここ使う?」みたいなシーンも多くて、みんなでタクヤにもふもふしたボールを投げてる時、本気で投げてたユーキにタクヤが怒ってるようなシーンなんてカットがかかってからの出来事だったから、まさか撮ってるとは思わなくて(笑)。

タクヤ 最後にユーキが投げたやつが頬に当たったからユーキに怒ったけど、実はリョウガも本気で投げてたこと知ってるから!

──わはは。MVではそんな素の表情も注目してほしいと。最後に年末のアリーナ公演に向けて、2018年の夏はどんな夏にしたい?

ユーキ 夏フェスに出る機会もむちゃくちゃ多いんで、そのフェスでいちばん印象に残るライブをやって、アウェイの地も超特急色に染めてやろうと思っています。ドラマの主題歌やフェスのライブをキッカケに、年末の大阪城ホールやさいたまスーパーアリーナにたくさんの人に来てもらえるように頑張ります!

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン


ライブ情報

BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH
12/07(金)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12/26(水)大阪・大阪城ホール
12/27(木)大阪・大阪城ホール

詳細はこちら


プロフィール

チョウトッキュウ/カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)、リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)、タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)、ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)、ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)、タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)。2011年12月25日に結成された、メインダンサー&バックボーカルグループ。

超特急 OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2018.08.08 ON SALE
SINGLE「Jesus」
SDR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人