GENERATIONS・佐野玲於出演、村上春樹原作&吉田羊主演映画『ハナレイ・ベイ』本予告映像公開

■「私は息子のことが好きではなかった」。吉田羊の、圧巻の号泣シーンに胸が締めつけられる本予告映像がついに解禁!

国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品『ハナレイ・ベイ』がついに映画化。近年多くの映画・ドラマに出演し、主演から脇役まで目覚ましい活躍を見せる女優・吉田羊を主演に迎え、『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された日本映画界の新鋭・松永大司監督の手によって10月19日に全国公開となる。

2005年に発表され、単行本、文庫あわせて累計70万部を超えるロングセラーとなっている『東京奇譚集』(新潮文庫刊)の一篇である本作。「あのムラカミハルキの作品世界に、しかも映画で自分が生きられる、これ以上の幸せはありません」と喜びのコメントを発表した主演の吉田羊は、息子を失った母親サチを、圧巻の存在感で見事に体現する。

佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)はハワイの美しい湾ハナレイ・ベイで命を落とす、サチの息子タカシを好演。『虹色デイズ』など演技面でも昨今注目を浴びる彼が、本作でも役者として鮮烈な印象を残している。

また、サチがハナレイ・ベイで出会い、亡き息子に姿を重ねる日本人サーファー・高橋には村上虹郎。自然体だがどこか不思議な魅力を漂わせる青年を抜群の感性で表現している。

そしてこのたび、映画化決定から注目を集めている本作の本予告映像が完成した。

ハワイのハナレイ・ベイで息子を失った母親サチ(吉田羊)は、浜辺でチェアに座り海を見つめる日々を過ごす。命を落とした息子・タカシ(佐野玲於)との思い出を振り返ってみても、心のどこかでよぎる「私は息子のことが好きではなかった」という想い。今回解禁となる本予告映像には、カウアイ島の神秘的なほどに美しいハナレイ・ベイの景観と、10年をかけて亡き息子を想い続け、自分自身に向き合い続ける主人公サチの姿が感動的に描かれ、観る者の心がグッとつかまれる。

そんななか出会ったのは、まだ世間知らずでサーフィンに夢中なふたりの日本人青年。そのうちのひとり、高橋(村上虹郎)に、サチは亡き息子の姿を重ねていた。ある日、そのふたりから“片脚の日本人サーファー”を浜辺で見かけたと耳にするサチ。息子を亡くして10年、海を見つめるだけだった彼女は立ち上がり、自らの人生を変える一歩を踏み出すことを決意する。「好きではなかった」はずの息子を想い、嗚咽と共に号泣するサチを演じる吉田の圧巻の演技に、必ずや心を揺さぶられる予告編となっている。


映画情報

『ハナレイ・ベイ』
10月19日(金)全国ロードショー
原作:『ハナレイ・ベイ』(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類
配給:HIGH BROW CINEMA
(C)2018『ハナレイ・ベイ』製作委員会


リリース情報

2018.06.13 ON SALE
GENERATIONS from EXILE TRIBE
SINGLE「F.L.Y.BOYS F.L.Y.GIRLS」


GENERATIONS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
http://generations-ldh.jp/

映画『ハナレイ・ベイ』作品サイト
http://hanaleibay-movie.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人