浦ちゃん(桐谷健太)、“三太郎”新CMで秦基博作曲の新曲「お家をつくろう」を熱唱

■浦ちゃんのお家がついに完成! “いつも誰かが待ってる そんな場所になるといいな♪”

松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮するauの『三太郎シリーズ』。本日8月1日より同シリーズの最新作「家族ナツ得」新CM「おうちの歌」篇が全国で放映開始となる。

新CMは、完成したお家の上で、浦島太郎が新曲「お家をつくろう」を熱唱するというストーリー。表札を立てた浦島太郎が、完成した家を見上げると、亀の形をしたお家が姿を現す。お家の上に腰掛け、三線を鳴らし、“いつも誰かが待ってる そんな場所になるといいな”と海に向かって歌う浦島太郎。

“いつも誰でも立ち寄る そんな場所になるといいな”という歌声に乗せて、乙姫(菜々緒)、かぐや姫(有村架純)、桃太郎、金太郎に、大喜びで新居を案内する浦島太郎の様子が映し出される。

浦島太郎が窓からのオーシャンビューを自慢したり、床が砂になっていることに金太郎が驚いたりと、おのおのが新居を楽しむ。

さらに、浦島太郎が掲げた「家族をつくる!」というあらたな目標に、盛り上がる金太郎や桃太郎たち。

そんな景色を思い浮かべながら、“聞こえてくる笑い声と お家ができたよ”と弾き語る浦島太郎の様子を通じて、期間中に家族で対象のスマートフォンを購入いすると、1台につき7,000円キャッシュバックされる「家族ナツ得」キャンペーンの魅力が訴求される。

auの公式YouTubeチャンネルでは8月1日より、TVCMのWeb特別版をWeb限定で配信。浦ちゃんの新曲がロングバージョンで楽しめるだけでなく、三太郎たちが杯を交わすシーンなど、Web特別版でしか観ることのできないシーンも。ぜひチェックしてみよう。

また、 Webで配信されるWeb特別版は、『ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018』内のauブース「浦ちゃんの家 by au」でも8月1日より放映される。

なお、浦島太郎が歌う新CMソング「お家をつくろう」の作詞は篠原誠、作曲は秦 基博が手がけた。

【撮影エピソード】
ついに浦ちゃんの新しい家が完成! 亀の形をした立派な家の上で浦ちゃんが歌う今回の作品。朝日が昇ってくるシーンを撮影するために、早朝からスタッフが待機し、撮影が行われた。日が昇り、辺り一面が朝焼けに染まり、幻想的な景色になる現場。そんな景色の中での浦ちゃんの生歌は、自然と涙が出てくるくらい感動的な撮影となった。
また、浦ちゃんが、桃太郎や金太郎、かぐや姫や乙姫に新しい家の中を紹介するシーンの撮影では、アドリブが連発され、出演者が大はしゃぎ。たくさんのアイデアから生まれた内装や小物に対しての、三太郎たちならではの個性的な反応に、撮影は終始笑いに包まれた。

秦 基博コメント
「そっか、浦ちゃん、おうちを作るんだ。」と、auのCMを観て思っていたら、まさか、その「お家をつくろう」を作らせていただくことになりました。
本当にうれしいです。
そして、この曲を歌う桐谷さんの歌声がやっぱり素敵で本当に感激してます。
CMをご覧の皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。


au YouTube公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial

CM楽曲の詳細はこちら
https://www.au.com/pr/cm/3taro/information-ouchi/

『ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018』サイト
http://www.odaiba.com

「家族ナツ得」キャンペーン詳細はこちら
https://www.au.com/pr/familycp2018/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人