乃木坂46・齋藤飛鳥出演、映画『あの頃、君を追いかけた』より全員ずぶ濡れの“海のシーン”メイキング映像公開

■「そんなに濡れないよって言われてたのに、ひとりだけおかしいくらい、すごい量(の水)をかけるヤツがいて(笑)」(齋藤飛鳥)

2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった、伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。

台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化。台湾の青春映画として歴代1位の興行収入をおさめ、香港では『カンフー・ハッスル』(2004年)の記録を塗り替えて歴代興収No.1を記録した。日本でも2013年に公開され、単館上映ながらスマッシュヒットを記録。

そして2018年、舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥、さらには松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介といった、旬の若手俳優たちにより現代の物語としてあらた生まれ変わった映画『あの頃、君を追いかけた』が、10月5日に公開されることが決定した。

そして、このたび、夏休みシーズンを直前に控え、海のシーンのメイキングが解禁。

今回のメイキング映像は、山田裕貴、齋藤飛鳥らのクラスメイトが、卒業前の思い出づくりのために海に行くシーン。“青春のひとコマ”を想起させるシーンの撮影風景となっている。

しかし、撮影が行われたのは2017年10月。海に入るには、寒い時期での撮影だったこともあり、撮影後のコメントでキャストたちは口々に「寒い、寒い」と叫んでおり、ハードな撮影だったことが伺える。一方、山田裕貴は「寒かったけど、青春だった」とコメントしており、キャスト同士の仲の良さが伝ってくる動画となっている。

また動画の最後には、山田裕貴が、自身が演じた浩介のセリフになぞらえて「すごい人間になりたい、俺がいると世界が少しだけ変わるような人間」という言葉は、山田自身の野望でもあるということを明かしている。

オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として鮮やかに生まれ変わった珠玉のラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』。要注目だ。


映画情報

『あの頃、君を追いかけた』
10月5日(金) 全国ロードショー
出演:山田裕貴 齋藤飛鳥 / 松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介
監督:長谷川康夫
脚本:飯田健三郎 / 谷間月栞
原作:九把刀「那些年、我們一起追的女孩」
製作:『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ
配給:キノフィルムズ
(C)『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ


映画『あの頃、君を追いかけた』作品サイト
http://anokoro-kimio.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人