13歳の“天才歌うま少年”が歌うドリカムカバー動画にネット騒然!「す、すごい…」「涙出ちゃう」

■歌っているのは、映画『リメンバー・ミー』日本語吹き替え版で主人公・ミゲル役を演じ、その歌声が話題となった石橋陽彩くん!

DREAMS COME TRUEの大ヒット曲「LOVE LOVE LOVE」を、弱冠13歳の少年がカバーした動画が話題を呼んでいる。

SNS上では、

「うまい! 好き通り越してもはやリスペクトだよー! ありがとう!」
「涙出ちゃう」
「歌っとる姿かっこええし!」
「す、すごい……」

など、コメント欄は幅広い世代から称賛の嵐。

歌っているのは、13歳の石橋陽彩(ひいろ)くん。経歴もすごい。4歳から歌とダンスを始め、2015年にはエイベックス主催のオーディション『キラチャレ』で歌部門のグランプリを受賞。TBSのコンテスト番組『Sing!Sing!Sing!世紀の歌声生バトル 日本一の歌王決定戦』ではジュニア部門グランプリを獲得し、テレビ東京『THE カラオケ★バトル』でも出演回数を重ね、“天才歌うま少年”として話題となっていた。

そして、彼をひと際有名にしたのが、第90回アカデミー賞受賞作品のディズニー/ピクサー大ヒット作『リメンバー・ミー』。実は陽彩くんは、主人公・ミゲル役の日本語吹き替え版声優を担当していたのだ。劇中での歌も注目を集めていた作品だけに、陽彩くんの声を聴いて思い出す人も多いだろう。

なお、陽彩くんは7月25日にフジテレビ系で放送される『FNSうたの夏まつり』に出演。「リメンバー・ミー」を披露する。こちらも要チェックだ。


『FNSうたの夏まつり』番組サイト
http://www.fujitv.co.jp/FNS/s/

石橋陽彩 Twitter
https://twitter.com/hiiro_ishibashi?lang=ja

石橋陽彩 Instagram
https://www.instagram.com/hiiro_ishibashi/?hl=ja

石橋陽彩 OFFICIAL WEBSITE
http://ishibashihiiro.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人