aiko、デビュー20周年記念日に地元・大阪フェスティバルホールに降臨!「“20歳”になりました!」

■「20年経ったけど、まだまだみんなの心に穴をあけたい!」(aiko)

自身最大のホールツアー『Love Like Pop vol.20』の真っ只中にあるaikoが、地元・大阪フェスティバルホールにてデビュー記念日の7月17日にライブを行った。

大阪フェスティバルホールは、aikoいわく、ロックバンドが武道館を目指すかごとく、「デビューのときからここでライブをするのが夢だった」と語る特別な会場。この日は自身通算38回目の同会場での公演となった。

aikoは1998年7月17日にシングル「あした」でメジャーデビュー、これまでに38枚のシングルと13枚のオリジナルアルバムをリリース。デビュー20周年イヤーとなる今年2018年は、13枚目のオリジナルアルバム『湿った夏の始まり』をリリースし、全国27ヵ所45公演に及ぶ自身最大のホールツアー『Love Like Pop vol.20』を敢行中だ。

この日、aikoのメモリアルな日を祝おうと会場を満員で埋め尽くしたファンからは祝福の声が上がるなか、「“20歳”になりました! aikoです! よろしくお願いします!」と歓声に応えた。

アンコールでは、記念日にふさわしく、黒いベルベット生地のジャケットと、フリルが何層にもなった真っ白のドレススカートに着替え、正装した出で立ちで登場。バンドメンバーも全員ジャケットを着用し、この日限りのスペシャルステージを届けた。

「20年経ったけれど、まだまだみんなの心に穴をあけたいと思っています。いろんな一瞬一瞬を変わらずして変わっていけるように、これから先もずっと頑張っていきます」と、デビュー21年目への意気込みを語り、ライブを締めくくった。

aikoは、12月9日に同じくフェスティバルホールで行われるツアーファイナルまで、夏から冬にかけ27ヵ所45公演に及ぶ自身最大・最長のツアーを駆け抜ける。


リリース情報

2018.05.02 ON SALE
SINGLE「ストロー」

2018.06.06 ON SALE
ALBUM『湿った夏の始まり』


『aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.20」』の詳細はこちら
https://aiko.com/live/

aiko OFFICIAL WEBSITE
http://aiko.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人