知英、主演映画『私の人生なのに』初日舞台挨拶で理想の男性像を告白!?

■共演の稲葉友&落合モトキは「知英すげえな!」と感じたエピソードを披露

下半身不随になってしまった新体操スター選手の再生を描く青春映画『私の人生なのに』の初日舞台挨拶が本日7月14日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の知英、共演の稲葉友、落合モトキ、そして原桂之介監督が出席した。

下半身不随となるも、音楽との出会いを通して人生を変えていく元新体操スター選手・金城瑞穂役の知英は、JYとして主題曲「涙の理由」も担当。

「晴天で初日を迎え、主演として映画の主題歌も歌って、しかも今日楽曲が配信される。こんな日はもうないと思います」と感慨を口にし、「歌を聴いていただき、映画を観たいと思ってもらえたらそれで十分うれしい」とアピールした。

劇中では役柄としてギターの弾き語りに挑戦しているが、「ギターの弾き語りはずっとやってきたけれど、映画の撮影では緊張して、できるのかな? という不安もあった。練習を重ね、歌手のJYではなく役柄の瑞穂として歌う気分は新鮮でした」とあらたな気持ちに。

瑞穂を変えるきっかけとなる幼なじみ・柏原淳之介役の稲葉は、初共演の知英との現場を振り返り、「知英すげえな! と思いながら過ごした」と告白。「現場も明るくしてくれるし、大変なシーンも大変な顔はしないし、かわいらしいひとりの女性としてもいてくれた。もう頼りきりだった」と最敬礼だった。

アスレティックトレーナー役の落合は知英について「日本語が上手ですげえ!」と語学力に目を丸くし、「さっきもヘアメイクさんに『アホ毛が気になる』と言っていて、日本でもそんな言葉知っている人少ないよ! と思った」と笑わせ、「重い役柄やシーンであっても、現場にいやすい環境を作ってくれました」と知英の持ち前の明るい人柄に感謝していた。

男性ふたりからリスペクトされた知英だが、「稲葉演じた淳之介と落合演じた哲二はどんな男性だった?」と聞かれると、「哲二は何でも頼れる男性、淳之介は幼なじみで意地悪だけど嫌いになれない男性。両方とも愛らしい」と高評価も、「私としてはその真ん中がほしい!」と爆弾発言。

演じた稲葉と落合が「役柄の話だよね!?」と焦るのも気にせず、知英は「子供っぽい人……、おせっかいすぎるのも……。真ん中がいい」と好みの男性トークとして結論を出し、稲葉を「役柄の話なんだけど……。なんかごめんなさいという気持ち」とションボリモードにさせていた。

また本作が、元新体操のスター選手が人生のあらたなステージに進んで行く物語でもあるため、「もし今の職業ではなく別の仕事をするなら?」という質問に知英は「10代からこの仕事しているので、ほかは思いつかないけれど」と悩んだ末に、「動物が好きなので、動物園で働きたい。大変そうだけど、動物が好きなので、いろいろな動物を見ながら勉強したい」と飼育員に立候補。世話してみたい動物を聞かれると「パンダ! 大好き」と即答し、稲葉から「そこは即答だね」と笑われていた。

そんな稲葉は、教師という両親の影響もあり、「小さい頃は教師になると思っていた。それが今ではこうやって舞台に立ってしゃべっています。中学の教員になって、生徒と接する人生も考えたりした」と意外な素顔を告白。俳優として教師役はまだないそうで「もし先生役が決まったら、両親からいろいろな話を聞きたい」と期待を込めた。

また、落合は「競馬のゲート前で旗を振る人」、原監督は「おいしいピーマンにまつわる人」とそれぞれ個性的に答えた。

最後に原監督は「エンドロールの最後まで楽しんで」と観客にメッセージ。知英も「歌詞も含めて、歌をぜひ聴いてほし。重い映画ととらえないでほしいし、悲しい映画でもなく、ちょっとしたセリフが笑えたり、明るい気持ちになれるような映画です」と公開後の大きな広がりに期待を込めた。


映画情報

『私の人生なのに』
7月14日(土)より新宿バルト9ほか全国公開中
出演:知英
稲葉友/落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣
高橋洋 赤間麻里子
※「高橋洋」の「高」は、はしごだかが正式表記。
脚本・監督:原桂之介
原作:清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
主題歌:JY「涙の理由」
(C)2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ


リリース情報

2018.07.14 ON SALE
JY
DIGITAL SINGLE「涙の理由」


映画『私の人生なのに』作品サイト
watashinojinsei.com

知英×JY OFFICIAL WEBSITE
https://jiyoung.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人