「今日で綾野さんとも最後になりますが…」。映画『パンク侍、斬られて候』舞台挨拶で、綾野剛&北川景子が赤裸々トーク

■綾野剛がスタントなしのアクションであわや大けが! 北川景子も初体験の撮影現場で覚醒

町田康の傑作小説が【主演:綾野剛×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍】という最強の布陣で実写映画化、話題沸騰中の映画『パンク侍、斬られて候』がついに6月30日に公開となった。

これまで様々な役柄を生きてきた“ミスターキャラクターアーティスト”綾野剛を主演に迎え、北川景子、東出昌大、染谷将太、そして村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、さらに浅野忠信に永瀬正敏、さらにさらに國村隼、豊川悦司という日本映画界屈指のトップランナー12人が大集結。もう2度と集まれないかもしれないキャストたちが、希代のストーリーテラー宮藤官九郎の脚本と、不世出の鬼才・石井岳龍監督による爆裂ワールドで極限の個性を爆発させる、誰も見たことのない前代未聞のエンタテインメントが誕生した。

そしてこのたび、『パンク侍、斬られて候』の大ヒットを記念して、主人公の掛十之進を演じた綾野剛と、豪華なキャスト陣の紅一点・ろん役を演じた北川景子による、大ヒット御礼舞台挨拶イベントが新宿バルト9にて行われた。

場内からは割れんばかりの拍手と大歓声が巻き起こるなか、綾野と北川が登場。綾野はたくさんの観客を前にして「改めて今日この場に立つことができてうれしいです。北川さんとも撮影から今日まで一緒に頑張ってきました。本当に感謝でいっぱいです」とコメントとし、感謝の意を述べた。

そして北川も「今日は皆さまとこの日を迎えられて本当に幸せです」とお礼を述べたうえで、「綾野さんとは撮影から今日まで一緒に頑張ってきました。今日で綾野さんとも最後になりますが……」と続けた瞬間、綾野がすかさず「えー、ちょっと待ってよ! これで北川さんとは最後なの!?」と返し、北川が慌てて「失礼! この映画ではという意味です!」と訂正すると、息の合ったふたりの掛け合いに場内は爆笑に包まれた。

さらに北川は、「綾野さんはとてもプロ意識が高いんです。自分のことだけでなく、スタッフの方や周りのキャストの方々にも目を配ってくださって。つねに雨雲レーダーを見ながら天気のことまで気に掛ける主演は初めてです!」と綾野の撮影現場でのプロフェッショナルな姿勢を明かした。

続いて本イベントをもって解禁となった、本作の壮絶な撮影現場の裏側を捉えたメイキング映像『メイキングオブパンク侍、斬らて候 ちょこっと編』の上映。「ここでは語れないことが4度ほどありました……」という本作の監督・石井岳龍の衝撃的な発言で始まる特別映像。綾野が演じた掛十之進を始め、北川のろん、謎の狂集団“腹ふり党”の首領茶山を演じた浅野忠信、そして舞台となる黒和藩の首席家老・内藤帯刀を演じた豊川悦司など、超豪華なキャストたちの、本編では観ることができない、あられもない真の姿がスクリーンに映し出されると、キャストふたりを含め会場はまたしても爆笑の渦に包まれた。

鑑賞後に綾野は「いやー、改めて本当にとんでもない熱量を持った作品だということがわかりましたね。この映像を本編前に付けたらどうですか?」と映像を大絶賛。さらに、「ドローンの撮影のときは本当に危なかったし、急な下り坂を大ジャンプするシーンも危なかったんです。今までの撮影現場の中でいちばんケガの多い現場でした。実はスタントマンの方に頼ることなく、どのアクションも自分で演じたんです」と語り、スタントなしの体当たり演技をしていたことを打ち明けた。

そして映像の中で「これが私のやりたかったこと」と発言していた北川は、「撮影期間中のインタビューだったから、役に入りすぎてどこか違う世界にいってたのかなと思う」としながらも、「でも、すごく楽しかったんです。撮影技法や、監督の感覚が今まで経験したことがなかったので、自分はこういうことがやりたかったんだ! って感じで覚醒してました」と語り、破天荒でありながらも最高の撮影現場であったことを明かした。

イベントのラスト、北川は「この作品から石井組に参加させていただいたのですが、日々の現実から抜け出して、自分の生きたいように生きれば良いんじゃないか? とか、もっと自分をどんどん出していこう! というようなスカッとした気持ちになれました。そんなメッセージも受け取ることができる作品なので、ぜひたくさんの方々に楽しんでいただきたいです」と語り、綾野は「この作品は10年後20年後にもし僕が役者を続けていたら、綾野さんや北川さんはとんでもない作品に出演していたんですねと言われるような作品だと思います。何十年たってもなぜか思い出してしまうような作品になっていると思います。改めてこの作品に出演することができたこと、そしてこの場に立てていることを感謝したいです」と改めて感謝を表しながら、興奮冷めやらぬ会場をあとにした。


映画情報

『パンク侍、斬られて候』
6月30日(土)爆夏ロードショー
配給:東映
(C)エイベックス通信放送


映画『パンク侍、斬られて候』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/punksamuraifilm

映画『パンク侍、斬られて候』作品サイト
http://www.punksamurai.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人