『ブラックぺアン』出演で注目を集めた趣里主演の新作映画『生きてるだけで、愛。』特報解禁! 音楽は世武裕子

■趣里の恋人役として菅田将暉が出演。現代の若者たちの心情をリアルに綴る、あらたな傑作ラブストーリー

『異類婚姻譚』で第154回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説『生きてるだけで、愛。』が待望の映画化、11月9日に公開されることが決定した。

キャストには、主演の趣里をはじめ、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗ら実力派俳優が集結。監督は、同作が初の長編監督作となる映像作家・関根光才が務める。

このたび、本作の特報とティザービジュアルが解禁となった。

解禁されたティザービジュアルと特報では、主演を務める趣里演じる寧子(やすこ)と、菅田将暉演じる津奈木(つなき)、恋人同士のふたりが登場。「多分、私たちがわかり合えたのなんて、ほんの一瞬ぐらい」という寧子の切ないナレーションで始まる特報は、鮮やかで独特な色使いと、アンニュイながら確かなあたたかみを感じさせるテーマソングと相まって、不器用な男女の愛の不安と期待を掻き立てる仕上がりになっている。

寧子は、過眠症で引きこもり気味なヒロイン。出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れる津奈木と同棲しているが、自分をコントロールできない寧子は、日々津奈木に理不尽な感情をぶつけるばかり。一方、仕事にやりがいを感じることもできず、人間関係にも期待しなくなった津奈木は、そんな寧子を静かにやり過ごし、怒りもしなければ喧嘩にすらならない。そんな態度がむしろ寧子を苛立たせるが、ふたりは互いに自分の思いを言葉にして伝える術を持っていなかった――。

映像では、涙を流し津奈木に寄り掛かる寧子や、絶叫して暴れる寧子を黙って背後から抱きしめる津奈木など、不器用で時にエキセントリックなふたりの日常が映し出されている。

そんな本作でメガホンを取るのは、有名企業のCMや、安室奈美恵、Mr.Childrenなど人気アーティストのミュージックビデオを手がけ、数々の国際的なクリエイティブアワードで受賞経験を持つ関根光才。本作が長編監督デビュー作となるが、初監督ならではの初々しい感性と、映像ディレクターとして培った確かなセンスで、儚くも熱い愛の美しさを映像化。さらにフィルムの質感にこだわり、生身の人間に宿る心のなまめかしさとざらつきを16mmフィルムで映し出し、思わず目を引く圧巻の映像美を実現している。

そして映画にさらなる深みを与えているのは、映画音楽作曲家・シンガーソングライターの世武裕子が歌う楽曲「1/5000」。“あわい あまい めまい”と韻を踏みながら紡がれていく印象的な歌詞は、森山直太朗への楽曲共作者としても知られる、詩人で作詞家の御徒町凧と世武との共作で生み出された。寧子や津奈木の心情ともリンクする、映画の世界観を表現した渾身の歌詞とメロディは必聴だ。

愛することにも愛されることにも不器用で、関係が成就する前に自ら壊してしまう寧子。彼女を含め他人とどこか距離を保つことで、傷つきも傷つけもしないがすべてをあきらめているような津奈木。完全に破綻して見えるふたりだが、それでも一緒にいるのは、歪(いびつ)な自分を受けとめてくれる相手がお互いに必要だったから――。

自分という存在を誰かにわかってほしい、他者との繋がりを求める現代の若者たちの心情をリアルに綴る、あらたな傑作ラブストーリーがここに誕生した。豪華キャスト陣の熱演と、細部までこだわり抜かれた美しい映像や音楽に注目だ。


映画情報

『生きてるだけで、愛。』
11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲里依紗
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会


映画『生きてるだけで、愛。』作品サイト
http://ikiai.jp

sebuhiroko OFFICIAL WEBSITE
http://sebuhiroko.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人