チャットモンチーラスト出演。そして、音楽好きが言っておきたい最近のMステに思うこと

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

[前編]では男女それぞれのダンスボーカルユニットについてお届けしましたが、[後編]はあの偉大な存在のラストステージの話題からどうぞ。

 

チャットモンチー:ひとつの歴史の終わり

1日のMステに出演したチャットモンチー。「完結」という言葉でバンドが終わることを宣言した彼女たちが、ラストのテレビ出演としてMステに登場しました。

歌唱前のトークではまだメジャーデビュー前、3人編成時代(2011年に高橋久美子が脱退して今の2人編成となります)の映像が流れ、また演奏後にはタモリからふたりに花束が手渡されるなど、番組としてもこの偉大な存在を華々しく送り出そうという姿勢が見えました。

この日披露されたのは、最後のアルバム『誕生』に収録されている「たったさっきから3000年までの話」と彼女たちの代表曲「シャングリラ」。

3ピースのバンドサウンドで構成された「シャングリラ」と、ボーカル&ギターとキーボードという編成で披露されたスペイシーな雰囲気の「たったさっきから3000年までの話」、この2曲が同じバンドの楽曲であると言われてもにわかに信じがたい距離がありますが、メジャーデビュー以降13年の活動を通してそのバンドの形を“変身”させてきたことこそがチャットモンチーというバンドの凄みでもあります(トークパートでも橋本絵莉子が「いろいろ変身してきて、やり切ったねとふたりで話していた」と語っていました)。

女性だけでもカッコ良いロックバンドができるということを自然体で伝えてくれただけでなく、メンバーが抜けてからもとにかく自由に(もちろんその過程で苦労もたくさんあったと思いますが……)自分たちの音楽を追求してきたチャットモンチーというバンドは、間違いなく日本の音楽シーンにおけるひとつの“歴史”として位置づけられるものです。

この先のふたりの活動もとても楽しみですが、まずはお疲れさまでしたという言葉をかけたいと思います。

ちなみに、彼女たちのトークを隣で聞いていたのがこの日AKB48として出演していたNMB48の山本 彩。

以前自身もチャットモンチーをコピーしていたこと、周りにもそういう人たちがいたことをなどを述べ、放送終了後には3ショットでの写真をSNSにアップしていました。チャットモンチーがバンドを志す女子にとって重要な存在であることが改めて伝わってきました。

 

まだまだ変わりゆくMステ……

チャットモンチーに関して「番組としてもこの偉大な存在を華々しく送り出そうという姿勢が見えました」と書きましたが、一方でこの日の“チャットモンチーのラストステージの前にキッズダンサーがV6の「MUSIC FOR THE PEOPLE」を踊る企画をダラダラと流すという番組構成”については、個人的には大いに疑問が残りました。

“Mステラスト出演”のみならず、“解散前のテレビラスト出演”となったチャットモンチーを前にして、あの企画は本当に必要があったのか? ここ数ヵ月で何度も指摘してきている“どこまで一般の方のダンスをフィーチャーするのか”という問題が、またもや何とも言えない形で顕在化した感があります。

ただ、Mステとしてこの流れを変える気配はなさそうな感じです。9月に放送される恒例の長尺特番『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』では、この番組への出演者を決めるダンスオーディションを開催するとのこと。

プロのアーティストと同等、下手するとそれ以上に一般の方のダンスにフォーカスするスタンスはこの先も強まっていきそうな予感があります。

また、今月はピアニストの辻井伸行が15日のMステに登場。これ自体は出演者の幅を広げるトライとしてとても素晴らしいのですが、この日は彼の楽曲が主題歌となっている映画『羊と鋼の森』に出演している山崎賢人を伴っての出演でした。

こういった露骨な“番宣企画”も相変わらず横行しています(もちろん大半の出演者が何かしらのプロモーション目的であるわけですが、結構あからさまなものが増えてきているなと……)。

いろいろと事情はあるのだと思いますが、あくまでもMステの本分は“音楽シーンを引っ張るアーティストの生パフォーマンス”だということを忘れないでいただきたい。いち視聴者として切に願います。

次回のMステは7月6日の2時間スペシャルです。それでは来月もよろしくお願いいたします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)


【2018年6月1日放送分 出演アーティスト】
WANIMA「Drive」
AKB48「Teacher Teacher」
V6「Crazy Rays」
aiko「ストロー」
三代目 J Soul Brothers from EXILE「RAINBOW」
チャットモンチー「たったさっきから3000年までの話」「シャングリラ」

【2018年6月8日放送分 出演アーティスト】
HiHi Jets・東京B少年「サマー・ステーション」「みなみなサマー」
三代目 J Soul Brothers from EXILE「恋と愛」
Superfly「Fall」
MAN WITH A MISSION「Take Me Under」
山崎育三郎&生田絵梨花「愛していれば分かり合える 」(ミュージカル「モーツァルト!」より)

【2018年6月15日放送分 出演アーティスト】
Sexy Zone「イノセントデイズ」「Sexy Zone」
GENERATIONS from EXILE「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」
THE ORAL CIGARETTES「BLACK MEMORY」
CHEMISTRY「Heaven Only Knows」
ジェジュン「Sign」
辻井伸行「The Dream of the Lambs」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人