橋本愛×門脇麦×成田凌出演映画『ここは退屈迎えに来て』予告映像公開。音楽はフジファブリック

■フジファブリックは主題歌&劇伴を担当。「一人ひとりの心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いました」(山内総一郎)

『R‐18文学賞』読者賞を受賞し、2012年に小説が発売されるや紀伊國屋書店スタッフによる『キノベス!2013』にランクイン、詩的なタイトルが印象的な山内マリコの処女小説『ここは退屈迎えに来て』がついに映画化。10月19日より全国公開される。

このたび、同映画の本予告映像、およびポスタービジュアルが解禁。あわせて主題歌および劇伴をフジファブリックが担当することが決定した。フジファブリックにとって劇伴を担当するのは、今回が初となる。

本作は、2004年の高校時代から2013年の現在まで、みんなの憧れの的だった<椎名くん>を柱にキャラクターを交差させながら描く、痛く切ない群像劇。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公<私>を演じるのは、『告白』(2010年)で脚光を浴び、『桐島、部活やめるってよ』(2012年)など、その透明感のある演技で日本映画界において高く評価される女優・橋本愛。元彼<椎名くん>を忘れられない<あたし>には、『愛の渦』(2014)やで体当たりの演技で注目を浴びた若手実力派女優・門脇麦。

そして青春時代にみんなが恋焦がれた、自らの退屈を埋めてくれるであろう<椎名くん>を、独特の色気と存在感を放つ人気急上昇俳優・成田凌が演じているほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳ら、出演作があとを絶たない実力派俳優陣が脇を固めている。監督は、本格派ヒューマンドラマから恋愛モノまで、数々の作品で登場人物の繊細な心の機微を紡ぎ出してきた名匠・廣木隆一監督。

今回解禁された予告編では、夢をあきらめて地元に帰った橋本愛演じる<私>や、元カレをあきらめられない門脇演じる<あたし>の、大人になった誰もが感じるであろう、かつてキラキラしていた青春の終わりへの捨てきれない憧れや切なさが描かれ、観る人の記憶を甦らせて心を震わす仕上がりになっている。

またこの予告にさらに余韻を与えているのが、フジファブリックの書き下ろし主題歌「Water Lily Flower」。その切ないメロディとともに、胸に響く歌詞が、淡い色合いの映像にマッチし、青春という誰にとってもかけがいのない時間を、よりしみじみと思い出させてくれる。

さらに本作でフジファブリックは、主題歌に加え、劇伴も担当することも決定。映画音楽への完全監修は、デビュー14年目にして今回が初めてとなる。

今回制作に当たり、ひと足先に作品を鑑賞したボーカル&ギター・山内総一郎は「国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人ひとりの心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして、様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います」とコメント。

音楽制作のため、実際の撮影現場にも立ち会い、監督とも打ち合わせをして臨んだ。主題歌の歌詞にある“輝きを待っていたんだよ ただそれに見とれたかった 何ならフェイクでも手にした 何かを置き去りにした”という言葉も、まさにもどかしい想いを感じながらも、それでも羽ばたくことを夢見てやまない青春をリアルに描いた本作にピッタリで、この曲があってこその傑作誕生と言えるだろう。

あわせて解禁となったポスターも、それぞれが複雑な感情を抱えているような表情から、ドラマが想像できるビジュアルとなっている。


映画情報

『ここは退屈迎えに来て』
10月19日(金) 全国公開
出演:橋本愛 門脇麦 成田凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上淳
原作:山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎文庫)
監督:廣木隆一
(C) 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会


『ここは退屈迎えに来て』予告映像はこちら
https://youtu.be/DBO20HCe10o

映画『ここは退屈迎えに来て』作品サイト
http://taikutsu.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人