FLOWのギターTAKEが中学時代の勇姿を公開!【W杯記念サッカーアンケート】

まもなくキックオフ! 日本 VS ポーランド戦にワクワク・ドキドキしている皆さん!! こちらのサッカー熱もなかなかのものですよ。というわけで、緊急アンケート企画にFLOW TAKE(g)が登場。某大会での秘蔵写真も公開。

【M-ON! MUSIC × 超WORLDサッカー! 緊急アンケート】

手に汗握るプレーが連発中の『2018 FIFAワールドカップ ロシア』開催を記念し、音楽WEBメディア『M-ON! MUSIC』とコアな情報も取り揃えるサッカーサイト『超WORLDサッカー!』がコラボ。音楽同様サッカーを愛してやまないアーティストにアンケートを実施し、いかにサッカー愛に燃えているのか、ただただその熱を感じてください。


Part.02
FLOW TAKE(g)

──ずばり、『2018 FIFAワールドカップ ロシア』予想優勝国は?

ブラジル
ツアーで以前訪れた時、海沿いにサッカーコートがいっぱいあって朝から晩まで延々と老若男女がボールを蹴り続けているのを見てサッカーに対する国民の意識の高さを垣間見たから。

──思い出のワールドカップはありますか? その理由も合わせてお聞かせください。

日韓W杯(『2002 FIFAワールドカップ』)。
デビュー前たまたま横浜でライブだった時、ライブハウスの近くの横浜スタジアムで日本戦があって、大至急桜木町の露店で曽ヶ端 準(GK)のユニフォームを買い、それを着て日本の勝利を願いライブしました。

──今、いちばん注目している選手は? (複数名可)

柴崎 岳
日本の攻撃パターンのバリエーションを増やしてくれるから。

──サッカーを観戦するうえでのこだわりは?

スタジアムではゴール裏。

──観戦はひとり派? それともみんなでワイワイ派?

ワイワイ派。

──記憶に残っている試合(W杯にかかわらず)は?

ドーハの悲劇。
ジョホールバルの歓喜。

──“ここいちばん!”という勝負時に聴きたい(または頭の中で鳴っている)曲は?

「We Are the Champions」Queen

──サッカーから影響を受けて作った曲(振り付け等でもOK)があれば教えてください。
※作った曲がある場合、具体的にどういったところから影響を受けたのかもお書きください。

「ドリームエクスプレス」サビがスタジアムのチャント風です。「chant」という曲も作りました。

──今回お送りいただいた画像はどういったものでしょうか? その画像にまつわるエピソードがあればお教えいただけますと幸いです。

今年の1月に音楽業界のフットボールに出場した際の音蹴杯に出場した時のふざけた写真

中学時代、某大会で代表に選ばれた時の勇姿です。

Part.3 グッドモーニングアメリカ 渡邊幸一(g、cho)を読む


ライブ情報

15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」
07/01(日)東京・豊洲PIT

15th Anniversary TOUR 2018 “Anime-Shibari” ―Latin America Tour―
07/13 (FRI) Buenos Aires, Argentina (JAPAN EXPO ARGENTINA):Centro Costa Salguero
07/14 (SAT) Buenos Aires, Argentina (JAPAN EXPO ARGENTINA) :Centro Costa Salguero
07/15 (SUN) Santiago, CHILE:LA CUPULA
07/18 (WED) Lima, PELU:Barranco Arena
07/20 (FRI) Mexico city, Mexico:El Plaza Condesa
07/22 (SUN) Sao Paulo, BRAZIL (Pop Festival Brasil):WPF
07/25 (WED) Rio De Janero, BRAZIL:ACERJ
07/28 (SAT) Recife, BRAZIL (Supercon) :Classica Hall
07/29 (SUN) Fortaleza, BRAZIL (SANA):Centro De Eventos Ceara


リリース情報

2018.03.07 ON SALE
ALBUM『FLOW THE BEST ~アニメ縛り~』
Ki/oon Music

2018.08.29 ON SALE
SINGLE「音色」
Ki/oon Music


FLOW OFFICIAL WEBSITE
超WORLDサッカー! OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人