山田孝之4G、起動。そして暴走!「殴ったね!」「ヤマダ、イキマース」

■映像は、山田孝之本人の50パターンもの多種多様な表情を3Dスキャンして制作!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、本日6月28日より『PS4(R) Lineup Music Video「山田孝之4G、起動」ft. Pa’s Lam System』を公開した。

本映像では、発売中の最新作および発売予定のPlayStation(R)4用ソフトウェアの中から、この夏注目の18タイトルを一挙に紹介するもの。

トラックメーカーからミュージシャン、アイドル、落語家まで、様々なアーティストとのコラボレーションで、ゲームタイトルを紹介してきた本シリーズだが、今回は、PS4(R)のCMの顔として大人気の山田孝之が登場。

これまでも、様々な遊び心溢れるキャラクターを演じてきたが、今回はなんと「バーチャルYouTuber」化! 山田孝之本人の表情を3Dスキャンして制作されたゲーム解析AIキャラクター「山田孝之4G : YAMADA TAKAYUKI FOR GAME」が多様な新作ラインナップを紹介する。

しかし、ゲームを解析中、人工知能に「ある感情」が芽生えてシステムは大暴走してしまい――。予想外の展開を楽しもう。

楽曲は、Pa’s Lam Systemが担当。Porter RobinsonといったポストEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)世代のトラックメーカーや、SKRILLEX傘下のWEBメディア「NESTHQ」、世界中に影響力を持つ音楽情報サイト『Pitchfork』といった様々なメディアなど、日本を越えてグローバルに注目されるトラックメーカーユニットだ。

山田孝之演じるAIと、新進気鋭のエレクトリックミュージックとのコラボレーションにぜひ注目を!

■制作秘話
「山田孝之4G」は、山田孝之本人の50パターンもの多種多様な表情を3Dスキャンして制作。スキャニング時には、山田の豊かな表情にスタッフからも笑みがこぼれ、終始和やかな雰囲気で進んだ。クールな表情、ドヤ顔、変顔まで、山田本人から生み出された変幻自在の表情に注目だ。

山田孝之本人によるナレーション録音は、数時間に及んだが、シーンごとにキャラクターを演じ分ける演技力と集中力は圧巻。「殴ったね!」「ヤマダ、イキマース」のセリフでは、山田の演技があのキャラクターにそっくりで、収録現場も盛り上がった。


山田孝之 OFFICIAL WEBSITE
http://official.stardust.co.jp/takayuki/

Pa’s Lam System OFFICIAL WEBSITE
http://www.toysfactory.co.jp/artist/paslamsystem


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人