EXILE TAKAHIRO、塚本晋也に殴られる。「思っていた以上に重いものが来ました(笑)」

■EXILE TAKAHIRO、映画『ウタモノガタリ』公開記念舞台挨拶に登壇!

詩と音楽、映像をひとつに融合した『CINEMA FIGHTERS project』の最新作、映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。公開3日目の24日、6作品のうち1作であるTAKAHIRO主演『カナリア』から、TAKAHIRO、夏帆、塚本晋也、松永大司監督が、TOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に登場した。

MCから、今作の主人公である亮を演じた感想を聞かれたTAKAHIROは「今回、長回しのシーンがあったんですが、ここまで台詞が少ない役というのは初めてで、そういった場面での表現方法など考えながら挑戦させていただきました。とてもプレッシャーも感じましたが、監督やキャストの皆さんに助けられて演じさせていただきました」とコメント。

また、夏帆、塚本という豪華な共演者との撮影について、TAKAHIROは「塚本さんには、殴られるシーンで事前に『本気でお願いします!』とリクエストしていたのですが、思っていた以上に重いものが来ました(笑)」と予想以上に強い拳だったと暴露すると、塚本は「監督が後ろから本当に殴れ殴れ! って言うから(笑)」と撮影中のこちらも秘話を明かし、会場からは笑いが起こった。

亮の恋人である楓(かえで)役を演じた夏帆は「今回、まったく台詞がなくて、ショートフィルムという短い作品の中でどういう立ち位置でいればいいのか非常に悩んだのですが、撮影に入る前にエチュードを行ったことで、作品の中でTAKAHIROさんとの関係性を知る時間をいただけたので、こういう風に役を作っていくことができるんだと知ることができ、非常に良い経験ができました」と述べた。

そして楓の父・巌(いわお)役を演じた塚本は「普段、エチュードをやることはまれなのですが、今回行ったことで、みんなと関係性を築くことができ、そのまま撮影に臨むことができ、良い時間を共有できました。撮影前に監督の思いもしっかりと聞けて、良い作品にしなくてはと感じました」と、熱い思いを語った。

そして作詞家・小竹正人の詩からインスピレーションを受けてショートフィルムを作り上げるという他にないプロジェクトである本作について、松永監督は「まず、小竹さんから歌詞をいただいて、そこからどういうものにしていこうかと考えました。『カナリア』は、福島の帰還困難地域が舞台となっていて、2011年に震災があり、そこから数年経った今でも映画の中と同じ光景があります。ご覧になった方は、なんで今なんだ? と思うかもしれませんが、まだここなんです、ということをひとりでも多くの方に知ってほしいという思いで作りました」と、作品に対する思いを語り、「今回、撮影に協力してくださった地元の方々から、『この街を題材にしてくれてありがとう』と言っていただき、いろんな感情がこみ上げてきました」と、改めて本作に賭ける気持ちを語った。

『CINEMA FIGHTERS project』というこれまでにない楽曲と映像のあらたなコラボレーションプロジェクトについて、TAKAHIROは「普段はレコーディングしてリリースする、というのが基本ですが、今回、楽曲からインスパイアされた映画が生まれ、しかもその楽曲は劇場でしか聴けない。これまでにないあらたなエンターテインメントが生まれたと感じています」と手応えを語った。松永監督は「こういう作品の作り方をしたのは初めてだったので、非常に難しかったです。でも思ったよりもTAKAHIROさんがしっかりと歌ってくれていて……」と述べると、TAKAHIROはすかさず「一応歌手なので!(笑)」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

監督業もこなす共演者の塚本との共演ということで、「今後ご自身で作品を撮ってみたいという気持ちはありますか?」と、聞かれると「いえ、まだまだ! 役者としてもっともっと学びたいことがたくさんあります。ただ、表現者としてはいつかそういった形でアウトプットできるといいなと思ってます」と、今後の展望を語った。

フォトセッションの後にSNS用の写真を客席バックに撮影するとのことで、キャストがステージを降りるサプライズも。会場からは大歓声が沸き起こり、盛大な拍手に包まれてイベントは幕を閉じた。


映画情報

『ウタモノガタリ -CINEMA FIGHTERS project-』
6月22日(金)より全国ロードショー

(C)2018 CINEMA FIGHTERS


『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』作品サイトhttp://m.tribe-m.jp/common/movie/2018/utamonogatari/index


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人