福士蒼汰主演映画『BLEACH』本予告&本ポスタービジュアル公開! 予告ではMIYAVIとの対決シーンも

■主題歌は[ALEXANDROS] 「Mosquito Bite」

週刊少年ジャンプを代表する金字塔漫画、全世界シリーズ累計発行部数1億2,000万部を誇る『BLEACH』が映画化! ユウレイが見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、死神を名乗る謎の女・朽木ルキアから力を譲り受け、死神を代行するハメに。家族と仲間を守るため、人間の魂を喰らう悪霊・虚<ホロウ>と死闘を繰り広げる一護だったが、想像を絶する運命が待ち受けていた…。

壮絶アクション超大作『BLEACH』が、いよいよ7月20日に全国公開。このたび、本予告と本ポスタービジュアルが解禁され、これまで明らかになっていなかったキャストのシーン映像も初公開となった。

今回の映像で初登場となったのは、幼い頃の一護を、虚から命を賭して守った黒崎一護の母:黒崎真咲(くろさき・まさき)を演じた長澤まさみ、妻の真咲を亡くして以来、男手ひとつで子育てに奮闘する前向きで熱血な一護の父親:黒崎一心(くろさき・いっしん)を演じる江口洋介。さらに、街の片隅で古びた店を営んでいるが、裏では現世で虚と戦う死神を援助する、風変りな出で立ちの商店主:浦原喜助(うらはら・きすけ)を田辺誠一が怪しげに演じるシーンも。

そして天然な性格とアイドル顔負けの容姿を持つクラスメイト:井上織姫(いのうえ・おりひめ)を演じる真野恵里菜、“チャド”の愛称で呼ばれる、寡黙で無表情だがケンカが強く屈強な身体を持つクラスメイト:茶渡泰虎(さど・やすとら)を演じた小柳友のシーン映像も解禁となった。

さらに黒崎一護役を演じる福士蒼汰と、一護に死神の力を与えた朽木ルキア役の杉咲花、一護のクラスメイトで実は死神を嫌っており、死神に対抗する “滅却師(クインシー)”一族の生き残り・石田雨竜(いしだうりゅう)役の吉沢亮とのアクションシーンや、死神の掟を破った朽木ルキアを追う死神の阿散井恋次(あばらいれんじ)を演じる早乙女太一とのすさまじい斬り合い、そして朽木ルキアの兄で、とてつもない力を持つ死神、世界を舞台に活躍するギタリスト・MIYAVI演じる朽木白哉(くちきびゃくや)との対決シーンなど、ボロボロになりながらも立ち向かう黒崎一護の姿も。迫力溢れる死神たちの熾烈な激闘シーンが満載となっている。

また、今回最新予告映像とあわせて解禁となった本ポスタービジュアルでは、「死神よ、命をかけて護れ」というキャッチコピーとともに、禍々しい虚を背景に、突如死神の力を与えられた一護をはじめ、朽木ルキア、阿散井恋次、朽木白哉ら死神たち、そして“滅却師(クインシー)”である石田雨竜が武器を構える姿が収められており、これから起こるであろう命を懸けての壮絶な死闘を予感させる。

長澤演じる母親・黒崎真咲を幼い頃に亡くした一護は、母を護ることができず家族から母を奪ってしまったと自責の念を抱える。その出来事から、“護る”という言葉が一護にとって大きな意味を持つこととなるのだが、果たして、自身の意に反して突如死神の力を得た一護は、虚<ホロウ>から家族や仲間たちを護ることができるのか!?

『GANTZ』をはじめ数々の作品を手掛け、『アイアムアヒーロー』で世界三大ファンタスティック映画祭で受賞した佐藤信介監督が描く、約1年半もの歳月を費やし最先端CGと実写を融合させた前代未聞のノンストップリアルアクション、“斬魄刀(ざんぱくとう)”を必殺武器として死神同士が激突する剣戟バトル、強烈無比なインパクトを放つ究極のアクションスペクタクル。そして、死神という運命を背負うことになった一護の成長と、家族や仲間への想い、ルキアとの立場を超えた人間ドラマが、この夏日本を熱くする!


映画情報

『BLEACH』
7月20日(金)全国ロードショー
出演:福士蒼汰 杉咲花 吉沢亮 / 早乙女太一 MIYAVI
監督:佐藤信介
原作:『BLEACH』久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 )
主題歌:[ALEXANDROS] 「Mosquito Bite」
製作:映画「BLEACH」製作委員会
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会


リリース情報

2018.07.18 ON SALE
[ALEXANDROS]
SINGLE「Mosquito Bite」


[ALEXANDROS] OFFICIAL WEBSITE
https://alexandros.jp

映画『BLEACH』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/bleach-movie/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人