及川光博、若き“ハン・ソロ”との対面に大興奮!「スター・デストロイヤー型の抱き枕が欲しい及川です」

■“ハン・ソロ”を演じるオールデン・エアエンライクの「ニッポン、ダイスキ!!」のひと言に、会場全体が「I know!!」

全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』。シリーズで圧倒的な人気を誇るキャラクターのひとり、“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描く、全世界待望のシリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が6月29日に全国公開となる。

若きハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライク、ジョージ・ルーカスからの信頼厚いロン・ハワード監督、ハン・ソロの生涯の相棒チューバッカが来日を果たし、ジャパンプレミアに登場。さらに「スター・ウォーズ」の大ファンでありカメオ声優として出演を果たした俳優・ミュージシャンの及川光博、お笑い芸人ミキ、JAXA宇宙飛行士の野口聡一も駆けつけ、大勢のファンと大盛況のレッドカーペットイベントとなった。

■伝説のコンビ“ハン・ソロ&チューバッカ”が日本に降臨!
会場にはハン・ソロやチューバッカなどのコスプレをしたファン約1,000人が集結、この夏一番の注目作ということで大勢のマスコミが駆けつけた。

期待が高まる注目作のレッドカーペットイベントとあって、若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクとロン・ハワード監督、チューバッカが現れると会場からは割れんばかりの大歓声が! とくに元祖“ハン・ソロ”を演じたハリソン・フォードからも絶賛され、お墨付きをもらっている初来日のオールデンは、日本のファンを前に「日本に来られて本当にうれしい。ずっと来たかった国だったから、こんなにあたたかく歓迎してくれて感激だよ」と挨拶すると、ファンからは温かい大きな拍手が送られた。

『スター・ウォーズ』シリーズの中でも絶大な人気を誇るキャラクターであるハン・ソロの魅力についてオールデンは、「ハン・ソロには愛してやまないところがあるけれど、実際に演じてみてとても“人間的”なところが魅力だと思う。自信があるときもあれば、怖がっているときもあり、『スター・ウォーズ』シリーズの中で最も共感できるキャラクターだと思う」と力説すると、会場からは賛同の声も。

そして日本文化から多大な影響を受けている『スター・ウォーズ』だが、本作が日本文化の影響を受けたところについてロン・ハワード監督は「すべてのSW作品に日本文化の影響があるけれど、本作で描かれるハン・ソロとベケットの師弟関係に日本の影響があると思う。また、悪役ドライデン・ヴォスのパーティーのシーンに出てくるドレスやスーツは日本文化の影響を受けているよ」と秘話を明かし、ファンを喜ばせた。

■SWの大ファンの及川光博が、豪華キャストと対面し大興奮!
そしてこの日は『スター・ウォーズ』の大ファンで、カメオ声優として日本語吹替え版に出演している俳優でミュージシャンの及川光博、お笑い芸人ミキのふたり、JAXA宇宙飛行士の野口聡一が登場。

それぞれ『スター・ウォーズ』への溢れ出す熱い思いについて、「スター・デストロイヤー型の抱き枕が欲しい及川です。『エピソード5』好きにはたまらないシーンが満載で、もう目が足りないという感じの映画です。脚本はもちろん音楽も素晴らしい。ちなみに、マントが大好きなランド・カルリジアンが大好きです!」(及川)、「昨日奥さんと『エピソード1』を観てたんです。そしたら『アナキンは誰?』と言われて、『後のダース・ベイダーになるよ』と言ったら、『こんなかわいい子が……』って驚いてた奥さんがかわいかったです」(ミキ・晃生)、「僕はカメオ声優で出演させていただいたのですが、お兄ちゃんとふたりで出たいと言ったら、お兄ちゃんはSWの世界観を壊すと言われて僕だけ出ました(笑)」(ミキ・亜生)、「『スター・ウォーズ』ファン歴40年以上ですが、その中でも今日はとても思い出深い日になりました。実はまた宇宙に行くのですが、宇宙でも信頼できるバディを作ることは大切なんです。本作でチューバッカとハン・ソロがどうやって信頼できるバディになったのか、しっかりと映画を観て次のフライトに活かしたいです」(野口)と、豪華キャストを前に大興奮の様子で語った。

そんな4人を代表して及川がオールデンやロン監督に質問することに。及川がオールデンに初めてミレニアム・ファルコンに乗った時の気持ちを聞くと「本当に最高の気分だったよ! とにかく素晴らしい船なので、乗った瞬間とてもワクワクしたんだ」と笑顔を見せるオールデン。

さらに及川は、ロン監督とオールデンにSWシリーズでハン・ソロ以外のいちばん好きなキャラクターを聞くと「ヨーダ!!」(オールデン)、「僕はチューバッカだね」(ロン監督)と答えるとチューバッカも大喜びだった。

そんな大盛り上がりのイベントとなったが、日本のファンともっと距離を縮めるために、オールデンが「ニッポン、ダイスキ!!」と叫ぶと、「I know!!」とファンからはハン・ソロの伝説の名台詞で答えるひと幕も!『エピソード5』の劇中で、ハン・ソロとレイアが愛を伝える歴史に残るワンシーンで「I love you」(レイア)、「I know」(ハン・ソロ)と言うシーンを、若きハン・ソロであるオールデンがファンと再現し、集まった日本のファンにとっても特別なイベントとなった。

ついに日本での公開が迫るなか、ロン監督は本作について「本作の若きハン・ソロは反骨心に溢れ、自由を求めているけれど、ハンだけでなく、謎の美女キーラや新ドロイドL3-37、チューバッカも自由を求めているんだ。アクション満載のアドベンチャーを、ぜひ日本のファンの皆さんに楽しんでいただきたい」と作品の見どころをアピール。大盛況のうちにイベントは幕を閉じた。

ジョージ・ルーカスからの信頼も厚いロン・ハワード、そして『エピソード5』『エピソード6』で脚本を手がけ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも脚本に携わった<ハン・ソロを誰よりも知る男>ローレンス・カスダンが脚本を務めるだけあり、ファンからの期待値も高い本作。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日より公開。


映画情報

6月29日全国公開
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品サイト
https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人