“陸上自衛隊の歌姫”が、椎名林檎や秦基博の名曲を歌う注目作! ダイジェスト映像にはインタビューの模様も

■​“陸自の歌姫”を擁する、陸上自衛隊中部方面音楽隊のメジャーデビューアルバム『いのちの音』ダイジェスト映像公開

陸上自衛隊の歌姫・鶫真衣(つぐみまい)を擁する、陸上自衛隊中部方面音楽隊のメジャーデビューアルバム『いのちの音』が6月27日にリリース。本日アルバムのダイジェスト映像が公開された。

2014年に陸上自衛隊へ入隊し、現在は中部方面音楽隊に所属しソプラノ歌手として活躍している3等陸曹・鶫真衣。今作は、彼女が作詞した中部方面音楽隊のオリジナル曲である「いのちの音」を軸に、普遍的なテーマである“いのちの大切さ”に沿ったスタンダード曲を選曲。鶫本人の透明感のあるキャラクターに加え、陸上自衛隊員としての訓練を通して育まれたひたむきさや、毅然とした凜々しさと優しさを兼ね備えた存在感が、ボーカリスト鶫真衣を擁する中部方面音楽隊の魅力を際立たせる作品となった。

公開されたダイジェスト映像には『いのちの音』の収録楽曲の中から、椎名林檎「NIPPON」、秦 基博「ひまわりの約束」の歌唱映像や、DVDには未収録となるインタビューの模様を収録。

インタビューでは3等陸曹・鶫真衣と中部方面音楽隊長 3等陸佐・柴田昌宜が、作品に込めたこだわりや、オリジナル曲「いのちの音」に込めたメッセージ、中部方面音楽隊の活動を通して感じた思いを語っている。オフショットを含めた映像をチェックしよう。

■音楽隊長/3等陸佐・柴田昌宜 コメント
「音楽隊は普段どんな日課をおくっていますか?」よくいただく質問です。
中部方面音楽隊は、年間約100回の演奏活動を行っていますので、単純に3〜4日に1回、週に2回は演奏会を行っている計算になり、他の日は演奏会に向けての練習や自衛官としての訓練などを行っています。日々の練習や訓練はとても地道で、誰に見せるわけでもなく飾ることのない努力の積み重ねです。
鶫3曹はいまや中部方面音楽隊の誇るソプラノ歌手として活躍していますが、普段の彼女はとても控え目で大人しく、飾らない地道さや堅実さをいく筆頭のような隊員です。
本CDには、音楽隊オリジナル曲「いのちの音」をはじめ、いのちの大切さや家族・友人への愛情、優しさを歌った楽曲を中心に収録しました。私はそれらの想いも日々の積み重ねに他ならず、我々自衛官の活動にも重なる部分が多いと感じています。鶫3曹の歌声とそれを支える中部方面音楽隊の演奏が、聴いていただいた方々の心に響き、大切なものへの想いに繋げていただければ幸いです。

■ソプラノ歌手/3等陸曹・鶫 真衣 コメント
陸上自衛隊の歌手として入隊した私の歌が、今回こうしてCDとなって多くの方々に聴いていただけることを、心からうれしく思います。
CDのタイトル曲「いのちの音」は、私が作詩をさせていただいた曲です。一人ひとりが授かったいのちの大切さや、この世に生を受けたことの奇跡に感謝の想いを込めて書きました。そのほかにも学生時代に聴いて勇気をもらった曲や、大好きなジブリ映画の歌など幅広く収録しましたので、自信をもって聴いていただけるCDになりました。
陸上自衛隊に入隊して4年が過ぎ、様々な演奏活動の中で、歌を聴いてくださった方々から「涙が出たよ」という言葉や、私の歌う姿から「夢を見つけました」という言葉をもらうことが多くあり、何より私自身が励まされています。ホールでの演奏会だけでなく、屋外や公民館など近い距離で音楽をお届けし、聴いてくださる方の心に寄り添うことができる、これは自衛隊の音楽隊ならではだと思っています。
このCDを聴いていただいた皆様にも、幸せな気持ちや前を向いて進む力を感じていただければうれしいです。


リリース情報

2018.06.27 ON SALE
ALBUM『いのちの音』
<DISC1 / CD>

M-1. NIPPON (椎名林檎 2014年)
M-2 おひさま〜大切なあなたへ (平原綾香 2011年)
M-3. I Believe (絢香 2006年)
M-4. いのちの名前 (木村弓 2001年)
M-5. おんがく (合唱曲 2011年)
M-6. ひまわりの約束 (秦 基博 2014年)
M-7. 君の知らない物語 (supercell 2009年)
M-8. 世界の約束 (倍賞千恵子 2004年)
M-9. いのちの理由 (さだまさし 2011年)
M-10. いのちの歌 (茉奈佳奈 2009年)
M-11. さよならの夏〜コクリコ坂から〜 (手嶌 葵 2011年)
M-12. いのちの音 (オリジナル 2018年)

<DISC2 / DVD>
M-1. いのちの音 (オリジナル 2018年)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人