【今週のオリコン】三代目JSB、2年ぶりのオリジナルアルバム『FUTURE』が通算6作目の首位! シングルはSexy Zoneが1位に

■メンバー7人のあらたな可能性と進化を多面的に描いた、三代目JSBのニューアルバム『FUTURE』

【アルバム】
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下:三代目JSB)の最新オリジナルアルバム『FUTURE』(6月6日発売)が、発売初週に18.2万枚を売り上げ、今週発表の6月18日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:6月4日~6月10日)で初登場1位を獲得した。

三代目JSBのアルバム1位獲得は、『MIRACLE』(2013年1月発売)から6作連続、通算6作目。また2013年に前出『MIRACLE』で初の1位を記録して以来、6年連続のアルバム1位獲得となった。

『THE JSB LEGACY』(2016年3月発売)以来2年ぶりのオリジナルアルバムとなる本作は、「HAPPY」(2017年3月発売)や「Welcome to TOKYO」(2016年11月発売)といったシングルナンバーはじめ、メンバー7人をテーマにした先行配信曲「RAINBOW」、アルバムのリード曲となるバラードソング「恋と愛」などを収録したDISC-1、今市隆二ソロプロジェクトによる配信シングルおよび新曲を収めたDISC-2、同じく登坂広臣ソロプロジェクトの配信シングル+新曲のDISC-3で楽曲を構成。7人のあらたな可能性と進化を多面的に描いた作品となっている。

<三代目JSB 喜びのコメント>
Q:オリジナルニューアルバム『FUTURE』でオリコン週間アルバムランキング6作連続の1位獲得について、ぜひご感想をお願いいたします。
NAOTO:久しぶりのオリジナルアルバムがこうして1位を獲得でき、うれしいです。今回のアルバム『FUTURE』はこれまでの作品のなかでもいちばん挑戦が詰まっている作品です。その挑戦をたくさんの方に受け入れてもらえたということが何よりありがたく、これからの三代目 J Soul Brothersを創造していくうえでとても楽しみになりました!!

Q:アルバムの聴きどころを教えてください。
小林直己:約2年ぶりとなるオリジナルアルバムになり、内容も、グループとふたりのボーカルのソロアルバムという構成の3枚組となっています。そのグループのディスクにおいても、海外作家とのコラボレーション/JPOP/J.S.B.シリーズという三本軸で制作しました。BloodPop(R)やYellow Clawという海外プロデューサーと作り上げた「FUTURE」「RAINBOW」はこれからの可能性を感じさせ、J-POPの美しさやオリジナリティを追求した「恋と愛」「蛍」は、どこか懐かしさと王道感すら感じます。そこに三代目 J Soul Brothersの活動においての⼤切なメッセージを込めたJ.S.B.シリーズをすべて収録しました。まさにグループの未来を感じさせてくれるようなアルバムになりました。

Q:「RYUJI IMAICHI -Solo Project-」を始動した今市さんの心境を教えてください。
今市隆二:今年からソロプロジェクトを始動して、4ヵ月連続配信やアルバムリリース、全国プロモーションも行い、充実した時間を過ごさせていただきました。その先にある8月からスタートするソロとして初のアリーナツアー、このツアーの成功が今年の最大の目標です。しっかり準備をして初⽇から臨みたいと思います! 会場に来てくださった皆さんを幸せにできるように頑張りたいと思います!

Q:「HIROOMI TOSAKA -Solo Project-」を始動した登坂さんの心境を教えてください。
登坂広臣:ソロ楽曲は以前から制作してきましたが、本格的に2017年からソロプロジェクトが始動しました! 今年のソロアリーナツアーも以前からお話をいただいていたので、自分の中でのSTORYを作った上で楽曲制作などを進められ、とても楽しみながら活動させてもらっています。グループとはまた違った、ソロアーティストとしての世界観を楽しんでもらえたらと思っています。

Q:今作に収録された長編ドキュメンタリー映画『-SEVEN/7-』について、メンバーの皆さんが印象に残っているシーンを教えてください。
山下健二郎:メンバーおのおのの個人活動の現場など、意外と知らない一面を見ることができたのが新鮮でした! ぜひメンバーそれぞれの想いが伝わることを願っております!
ELLY:個人的に印象に残っているシーンはティザー映像にも入っているNAOTOさんのひと言です。そちら、ぜひ注目していただききたいです。

Q:今後の活動予定スケジュールをお聞かせください。
(スタッフより):EXILEを兼任しているメンバーは秋からEXILEとしてのドームツアーもありますし、ELLY(CRAZYBOY)、今市、登坂の3人はソロツアーを開催させていただきます。また、ELLYは(CRAZYBOYとして)7月4日に初のベストアルバム『NEOTOKYO FOREVER』を発売します。そのほかにも、朝の情報番組のメインパーソナリティーやレギュラーラジオ、役者としての活動も多くありますので、グループとしてだけでなく、個人としての活動も活発になっていきます。

■Sexy Zone、最新シングル「イノセントデイズ」は佐藤勝利出演ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』挿入歌

【シングル】
Sexy Zoneの最新シングル「イノセントデイズ」(6月6日発売)が、発売初週に14.8万枚を売り上げ、今週発表の最新6月18日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:6月4日~6月10日)で初登場1位を獲得。これで歴代6位記録を持つ「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」を、デビュー曲「Sexy Zone」(2011年11月発売)から15作連続に更新した。

今作は、メンバーの佐藤勝利出演で現在オンエア中の土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)の挿入歌。うまくいかない現在や過去の想いもすべて未来に向かう力に変えて進もうという決意を優しく歌い上げたバラードソングとなっている。

ミュージックビデオでは、彼らにとって初の「映画形式」構成に挑戦。「絆」をテーマにしたショートストーリーを演じており、5人揃っての芝居も初の試みとなる。

なおSexy Zoneは、6月9日・10日に京セラドーム大阪で⾏われた嵐のイベント『嵐のワクワク学校 2018 ~毎日がもっと輝く5つの部活!~』に出演。同公演は、6月30日・7月1日の東京ドームでの開催も決定している。


オリコンランキングはこちら
https://www.oricon.co.jp/rank/


三代目JSB『FUTURE』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人