松田翔太、川栄李奈、菅田将暉ら「三太郎ファミリー」が“本人役”で総出演! auサッカー日本代表応援CM、放映開始

■全力を全力で応援する。おなじみの三太郎メンバーがサッカー応援歌「アイーダ」を歌い繋いでいく感動のストーリー

KDDIが、サッカー日本代表チームのサポーティングカンパニーとして、日本代表チームを応援することを目的とした『au BLUE CHALLENGE』の新CM「全力アイーダ」篇を本日6月12日より全国で放映する。

新CMは、「全力を全力で応援する。」をテーマに、三太郎シリーズのメンバーが本人役でサッカー応援歌「アイーダ」を歌い繋げていくストーリー。

屋上でひとり、「オーオー……」と街に向かって歌い始める松田翔太に続き、桐谷健太は路地で、濱田岳は歩道橋の上で、有村架純はタクシーの中で空を見上げながら歌う。その歌声が街へ広がり、街全体が盛り上がりを見せるなか、ガードレールに座り楽しそうに歌う菜々緒や、街の歩道で指揮をするかのように歌う川栄李奈、そして線路脇のガード下を走りぬけながら歌う菅田将暉が続き、さらなる盛り上がりを見せるサポーターたちの声援が、サッカー日本代表の全力を全力で後押し。CMを通じて、「auはサッカー日本代表を応援しています。」というメッセージを訴求していく。

新CMは、au公式YouTubeチャンネルおよびau BLUE CHALLENGEサイトでも公開される。

また、サッカー応援の定番曲「アイーダ」を歌ってサッカー日本代表を応援する応援ムービーを募集するキャンペーンも実施。キャンペーンサイトでは、じゅんいちダビッドソンによる、応援ムービーのお手本動画が公開。

6月13日から19日の期間中は、三太郎メンバーが「アイーダ」を歌う動画が毎日ひとり分ずつ公開される。詳細はキャンペーンサイトまで。

■CMストーリー
屋上の格子に留まっている三本足のカラスが何かに気づき羽ばたくと、屋上でひとり、「オーオー……」と街を見渡しながら歌い始める松田翔太。松田に続くように、桐谷健太が路地で力強く歌うと、歩道橋の上で指揮をするように歌う濱田岳、タクシーの中で外の景色を見ながら歌う有村架純が続く。

夜の東京の街では、飛行船がサポーターや選手を鼓舞するかのように紙吹雪を降らすなか、サポーターたちはユニフォームを着て走る。盛り上がりを見せる街中では、今にも始まろうとする試合を携帯で観る若者たちに続いて、菜々緒が街のガードレールに座り、「オオオーオオ!」と空に向かって楽しそうに歌う。街で旗を掲げるユニフォーム姿のサポーターや、顔にペイントをしたサポーターが歌うなか、街の歩道で指揮をするように歌う川栄李奈や、線路脇のガード下を走りながら歌う菅田将暉が続く。

街全体が応援で盛り上がり、太鼓を叩いて楽しそうに応援を続けるサポーター。歌い繋がれた全力の応援が鳴り響くグラウンドで、代表選手たちは円陣を組み気合いを入れる。掲げたサッカーボールを光がまぶしく照らすなか、「全力を全力で応援する。」と声を揃える三太郎メンバー。街には、旗を掲げ盛り上がるサポーターたちの姿があった。

■撮影エピソード
本CMは、サッカーを応援するサポーターに視点を置き、「全力を全力で応援する。」と選手を鼓舞するメッセージを三太郎メンバーから発信する作品。

今回は三太郎CMシリーズの役柄ではなく、本人として出演する初めての作品で、撮影は日中に限らず、早朝や深夜、都内にて様々なシチュエーションで行われた。それぞれが別の場所での撮影となったが、ぞれぞれ全力の「アイーダ」を披露。気持ちのこもった応援歌を撮影することができた。

そんな、三太郎メンバーによって歌い繋がれた「アイーダ」を約100名のサポーターが歌唱。よりいっそう一体感のある撮影現場となり、応援が街に広がっていく様子と、お祭りが始まるという高揚感が伝わる作品に仕上がった。

■アイーダとは……
サッカー日本代表の試合中に、サポーターが歌うことで知られる応援歌の定番曲。


au YouTube公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial

キャンペーンサイト
https://www.au.com/pr/soccer/aida/

au BLUE CHALLENGE 特設サイト
https://www.au.com/pr/soccer/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人