堂本剛、映画『銀魂2(仮)』で再び高杉晋助役に!「特別な違和感もなく役に入ることができました」

2018.06.11

■堂本剛が演じる高杉は、 “攘夷浪士の中で最も過激で危険な男”

累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント『銀魂』(原作:空知英秋)。福田雄一監督のもと小栗旬を主演に、史上最強の超豪華キャストが結集し、2017年に実写映画化、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する超絶大ヒットを飛ばした実写版『銀魂』の続編『銀魂2(仮)』が8月17日に公開となる。

そしてこのたび、堂本 剛が前作から引き続き、鬼兵隊の頭領・高杉晋助を演じることが明らかとなった。

鋭意本編編集中&タイトル未定&(仮)ロゴといった状態ながらも、『銀魂』らしさ溢れる“2(ピース)ポーズ”のティザービジュアルに、気合が入りまくった特報、主人公・坂田銀時を演じる小栗旬を始め、志村新八役に菅田将暉、神楽役に橋本環奈、志村妙役に長澤まさみ、桂小太郎役に岡田将生、近藤勲役に中村勘九郎、土方十四郎役に柳楽優弥、沖田総悟役に吉沢亮、平賀源外役にムロツヨシ、役柄不明で出演発表がなされている佐藤二朗と続投キャストの再集結に加えて、新規キャスト・お登勢役にキムラ緑子と超豪華な顔ぶれの出演情報が解禁になった。

オフィシャルサイト、Twitter、Instagramでは撮影現場の楽しさが垣間見える出演キャストたちの“2(ピース)ポーズ”姿のオフショットが公開され、さらにはまだ明かされていないエピソードが隠された真選組の近藤・土方・沖田のキャラクタービジュアルが解禁。8月17日の公開に向け、SNSを始め早くも盛り上がりを見せている。

街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船(!?)。本作は、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期・かぶき町を舞台に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・主人公の坂田銀時(小栗旬)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件が描かれる、笑いあり、感動ありの物語。SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる天下無敵の痛快アクションエンターテイメントだ。

堂本が演じる高杉は、 “攘夷浪士の中で最も過激で危険な男”と呼ばれ、過激派集団の鬼兵隊を復活させ幕府転覆を狙っている人物。妖艶な魅力とカリスマ性を兼ね、剣術も達人級の腕前を持ち、銀時と桂(岡田将生)とは、共に吉田松陽の元で学んだ幼馴染。攘夷戦争後は、進む道、戦う意味を違った。前作では、幕府転覆を企み、かつての同志ながら、江戸の平和を巡って銀時と対峙し、激しい戦いを繰り広げた。

『ファンタスティポ』(2005年)以来、12年ぶりの映画出演、また小栗とはドラマ『Summer Snow』(2000年)以来の共演となった堂本の出演は話題を呼び、独特のオーラを醸し出す高杉を見事に演じ切ったその名演は『銀魂』ファンからも好評を獲得。今回も続編制作決定時からラブコールを受け続けていた。

今回解禁となったキャラクタービジュアルでは、妖しくも美しく紫色に染まる夜空を背景に佇む高杉の姿が。煙管を手に覗かせる鋭い目、隠し切れない高杉の“危険な男”オーラは圧倒的な存在感を放ち、本作でどのように高杉が物語へ関わるのか期待が高まるばかりだ。

そして、第三弾ムビチケカードの発売日が7月13日に決定。高杉晋助のキャラクタービジュアルのデザインがあしらわれる。第三弾のその他のビジュアルについては、今後発表予定。
※ムビチケカードは全国の上映予定劇場(一部を除く)にて発売。販売劇場は映画公式サイトにて。

描かれるエピソードは……? 次なるキャスト解禁は……? 今後の続報にも注目だ。

堂本 剛 コメント
今回、久しぶりの高杉役でしたが、特別な違和感もなく役に入ることができました。
撮影中は監督から、感情が入り過ぎないようにと話もあり、僕自身、高杉はいろいろなことから距離をとって演じたほうがいいと思っていたので、あまりしたたかに演じてしまわないように撮影中はつねに意識し演じました。
銀魂のような作品で、第一線でお芝居をされている方とご一緒できることはとてもうれしいです。
前作に引き続き、今回も三味線を弾くシーンもあります。
皆さんにはこのシーンも含めて、続編を楽しんでいただけたらうれしいです。


映画情報

『銀魂2(仮)』
8月17日(金)より全国公開
出演:小栗旬/菅田将暉 橋本環奈/柳楽優弥 吉沢亮/長澤まさみ 岡田将生/ムロツヨシ キムラ緑子 佐藤二朗/中村勘九郎 堂本剛 ほか
脚本/監督:福田雄
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:映画「銀魂2(仮)」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会


映画『銀魂2(仮)』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人