【今週のオリコン】AKB48、小栗有以初センター曲で通算34作目のミリオン達成! アルバムは関ジャニ∞のベスト盤が1位獲得

■初週売上は166.1万枚! AKB48、自身が持つ様々な歴代記録を今作でも更新

【シングル】
AKB48の52作目となる最新シングル「Teacher Teacher」(5月30日発売)が、発売初週に166.1万枚を売り上げ、今週発表の最新6月11日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:5月28日~6月3日)で初登場1位を獲得した。

これでAKB48の1位獲得数は、「RIVER」(2009年10月発売)から通算&連続39作目となり、前作「ジャーバージャ」(3月発売)で獲得した「シングル通算1位獲得作品数」の「女性アーティスト歴代単独1位」の自己記録を更新した。

また、歴代1位の記録を持つ「シングルミリオン通算達成作品数」は今作で通算34作目、「シングルミリオン連続達成作品数」は「桜の木になろう」(2011年2月発売)から33作連続とし、こちらも共に自己記録を更新した。

さらに、歴代3位および女性アーティスト歴代1位記録の「音楽CD(シングル・アルバム)総売上枚数」は、今週付で合計5590.9万枚(シングル:4926.9万枚/アルバム:664.1万枚)となり、こちらも自己記録更新となった。

本作は、6月16日に愛知・ナゴヤドームで⾏われる『AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙』の投票権日付シングルで、「誘惑」がテーマの重厚なダンスチューン。ジャケット写真やミュージックビデオでは、脚線美を強調した衣装や妖艶なダンスでセクシーな姿を披露。小栗有以(AKB48 Team 8 / Team A兼任)が初のセンターを担当している。

なお同作は、店着初日となる5月29日付オリコンデイリーシングルランキングで159.1万枚を売り上げ初登場1位に。デイリー売上は自身が「僕たちは戦わない」(2015年5月20日発売)で記録した147.2万枚を上回り、「シングル初日売上」の歴代最⾼記録を更新している。

■関ジャニ∞、今年度男性アーティストのアルバム最高初週売上を記録

【アルバム】
関ジャニ∞のベストアルバム『GR8EST』(読み:グレイテスト/5月30日発売)が、発売初週に30.5万枚を売り上げ、今週発表の6月11日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:5月28日~6月3日)で初登場1位を獲得した。

アルバム1位獲得は『KJ2 ズッコケ大脱走』(2007年6月発売)から10作連続、通算10作目。売上枚数は、前々作『関ジャニ∞の元気が出るCD!!』(2015年11月発売、初週売上31.6万枚)、前作『ジャム』(2017年6月発売、同32.7万枚)に続いて、3作連続アルバム初週売上30万枚超えを記録。

また、前作ベストアルバム『8EST』(2012年10月発売)の初週売上29.8万枚を上回る好スタートとなった。さらに今作の初週売上は、BTS(防弾少年団)の『FACE YOURSELF』(4月4日発売)の初週売上28.2万枚を上回り、今年度(※)の男性アーティストによるアルバム最高初週売上を記録している。
(※)2017月年12月25日付~(実質集計期間:2017年12月11日~)

本作は、前ベストアルバム『8EST』(2012年10月発売)から約5年7ヵ月ぶりとなる最新ベストアルバム。21曲のシングル表題曲に加え、『8EST』にも収録されていたシングル「無責任ヒーロー』」(2008年10月発売)を東京スカパラダイスオーケストラがリアレンジし、バンドコラボレーションした「無責任ヒーロー jam with 東京スカパラダイスオーケストラ」、同じく「大阪ロマネスク」(2006年6月発売)の新録バージョンでバイオリニストの葉加瀬太郎を迎えた「大阪ロマネスク feat.葉加瀬太郎」をボーナストラックとして収録している。

※オリコン調べ


オリコンランキングはこちら
https://www.oricon.co.jp/rank/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人