元乃木坂46・深川麻衣主演映画『パンバス』に“続編”待望論!「機会があればぜひやってみたい」

■元乃木坂46・深川麻衣主演映画『パンバス』が公開から約4ヵ月のロングランヒット!

深川麻衣が主演する映画『パンとバスと2度目のハツコイ』(今泉力哉監督)が、ロングランヒットを記録。このたび、深川麻衣と今泉力哉監督によるロングラン御礼トークイベントが、東京・新宿武蔵野館にて行われた。

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』は、2月17日公開初日以降、ツイッターなどのSNSを中心に口コミの火がつき大ヒットスタート。公開から約4ヵ月を迎えてもまだ上映劇場が増え、今泉力哉監督作品の世界観にハマり何度も劇場に足を運ぶリピーターが続出している。

深川麻衣をはじめ、監督、キャスト陣のトークイベントも多く行われ、鑑賞客とのコミュニケーションもロングランヒットの要因となっている。そんな中、新宿武蔵野館にてトークイベントが行われた。

32回目、33回目のイベントとなった、今回の舞台挨拶。深川麻衣は「パンバスは2月17日に公開を迎えましたが、たくさん地方でも舞台挨拶させていただき、こうして東京にまた帰ってこられることができて、本当にうれしいです」と挨拶した。

また、今泉監督は「今日初めてご覧いただく方もいらっしゃるということを、本当にうれしく思います。ちょうど1年前に撮影をして、雪が降っていた調布から始まり、季節が変わって、こうして公開されていることも本当にうれしく思っています」とコメント。

来場者からの質問コーナーでは、「パンバスをきっかけに女優として成長したことはどういうところですか?」という質問に対して、深川麻衣は「初めての映画でしたので、すべてが初めての経験で、今泉監督の世界観やキャラクターを深く知ることや、スタッフやキャストの皆さんと一緒に作品を作ること、そして、こうしてたくさんの舞台挨拶をする中で、お客様の感想を聞かせていただき、さらに作品を深く考えることだったり、そのすべての経験に感謝しています」と答えた。

さらに、数回映画を観ている客からの「どうしても続編を期待してしまうのですが」という質問に対しては「続編も機会があればぜひやってみたいですが、でもまずは、この作品の海外での上映やDVD発売など、まだまだパンバスをお楽しみください」と回答。パンバスファンとの久しぶりのコミュニケーションは大盛り上がりとなった。

さらに、この日の舞台挨拶には海外からのメディアも取材に訪れ、深川から「乃木坂46で活動しているときは海外に行かせていただいたことはあるのですが、今こうしてひとりでお仕事している中で、このパンバスも海外で公開できるようになったらうれしいなと思います」とコメントし、海外上映に向けての熱が上がるひと幕もあった。

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』は、現在ロングランヒット中。


映画情報

『パンとバスと2度目のハツコイ』
2月17日(土)よりイオンシネマにて公開
キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)
(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』作品サイト
http://www.pan-bus.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人