【AKB48総選挙/開票速報】今回は「48グループの巻き返し」へと繋がるイベントになる?

5月30日、AKB48総選挙・開票速報を受けて……

前田敦子と大島優子のライバル対決、指原莉乃という新時代のスターの出現。そんな“国民的”レベルでのドラマが展開されてきた「総選挙」も今は昔。

指原莉乃も渡辺麻友もいない、去年に引き続いて山本彩も柏木由紀もいない今年の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』(6月16日にナゴヤドームで開票イベントを開催)は、ここ数年を上回るレベルで“内輪受け”の度合いが強まっている印象があります。

いきなりネガティブな話をしてしまいました。では、このイベントが熱心な48グループファン以外にとって楽しめないものなのかというと、決してそんなことはないと思っています。

それぞれのメンバーが各自の使命感に基づいて話すスピーチ、順位に対する生のリアクション、どちらも「ライブエンターテインメント」としての魅力が存分に詰まっています(もちろん、「生身の少女を晒し者にしている」という部分へのほんの少しの罪悪感を持って楽しむ必要がありますが)。

また、ここ数年乃木坂46や欅坂46といった「坂道シリーズ」に押されている印象のある48グループですが、実は改めて48側に追い風が吹いているのでは? と思わせる兆しも出てきました。そういう意味で、(ファンとしての期待が入った見解ではありますが)今回の総選挙は「48グループの巻き返し」に繋がるイベントとなるかもしれません。

本稿では、そんな現状認識に則りつつ、今年の総選挙を楽しむにあたってのポイントをまとめました。これから数週間、総選挙関連の情報に触れる際のガイドとなれば幸いです。

 

指原莉乃と渡辺麻友の不在。トップ=センター争いの行方は?

前述の通りさっしーとまゆゆが不在、つまり昨年の1位と2位が不参加となる今年の総選挙。順当にいけば、昨年3位だった松井珠理奈が繰り上がって1位となるはずです。「SKE48を引っ張る」という自覚がますます強くなっている彼女に対して、「地元のナゴヤドームで開催される今回の総選挙で1位をとらせたい」とファンたちも燃えているはずです。

後を追うのは昨年4位だったHKT48の宮脇咲良。ただ、昨年時点でじゅりなとの票数差は約3万票。この1年でこの差を埋めるだけの上積みがあったか? と問われると、なかなか厳しいようにも思います。さっしー不在によるHKT票としての流入があるか、というのもひとつのポイントでしょうか。

ちなみに、6月現在韓国で行われている企画『Produce48』(AKB48グループと韓国のオーディション番組『PRODUCE101』がコラボした企画で、視聴者投票に選ばれたメンバーがグループを組んでデビュー予定)の楽曲「내꺼야(PICK ME)」にて、96人のセンターを務めているのはじゅりなではなくさくらちゃんです。総選挙ではこの序列がひっくり返るのか、それともこの形が再現されるのか、注目です。

 

荻野由佳、須田亜香里……「2強」を追いかける面々

昨年の総選挙の最大の驚きは、“おぎゆか”こと荻野由佳(NGT48)の躍進でした。全国的には無名な存在だった彼女は昨年の速報1位と最終結果5位という実績を引っ提げ、AKB48楽曲での選抜メンバー入り、NGT48「世界はどこまで青空なのか?」でのセンターなど、一気に活動の幅を広げました。

そして今年の速報でも、前述の「2強」に2万票以上の差をつけ、さらに昨年の速報から約4000票上乗せした数字でぶっちぎりの1位を獲得。この流れが続けば、もしかしたら……ということもあり得なくはないと思います。

おぎゆかに次いで昨年6位だった須田亜香里(SKE48)も、地元名古屋でのジャンプアップを狙っているはずです。選挙での強さに定評のあるだーすーがどこまで事前の序列をかき回すか、というのは上位陣の順位における注目ポイントのひとつです。

今年も「本店 vs 支店」に注目

おぎゆかの所属するNGT48は、2回目の参加となった昨年の総選挙で、選抜に3人(荻野由佳と本間 日陽、そして先日卒業した北原里英)を送り込むなど旋風を巻き起こしました。今年はその勢いがどこまで持続されているでしょうか。テレビのレギュラー番組やネットでの炎上キャラが話題となっている中井りかの順位がどうなるか(加えてスピーチで何を言うか)が特に楽しみです。

また、グループ立ち上げ時のセンターながらここまで不遇をかこってきたかとみなこと加藤美南が速報で9位に飛び込んできているのも見逃せません。

最近のグループとしての状態の良さを地元から全国に発信したいSKE48も、今回の総選挙では話題の中心に割って入ってくることになりそうです。昨年の選抜に名を連ねた惣田紗莉渚、古畑奈和、高柳明音以外にも、現在のグループのセンターを務める小畑優奈や昨年の熱いスピーチが印象的だった大場美奈などに注目です。

前述の2グループに比して、NMB48とHKT48は少しだけ勢いが劣るかもしれません。NMB48は昨年初の選抜入りを果たした白間美瑠と吉田朱里に、HKT48は宮脇咲良に続く存在として明確に名前を挙げづらいのが気になります。もちろん魅力的なメンバーはたくさんいるわけで、この総選挙を飛躍のきっかけにしてほしいところです。

今年の総選挙でまだ読めないのが、今回がグループとして2度目の参加となるSTU48。ここ数年の48楽曲のなかでも屈指の名曲「暗闇」の価値をさらに高めるためにも、ぜひとも少しでも多くのメンバーのランクインを期待したいです。全国レベルでの知名度が他のグループから劣るのは事実ですが、昨年のNGT48を彷彿とさせるような展開はあるでしょうか。

AKB48の次代を支える3人の動向は

先ほど「暗闇」について触れましたが、この楽曲を筆頭にここ最近48グループの楽曲が“揃ってきている”ことこそが、前段で述べた“48への追い風の兆し”です。「坂道シリーズのほうが良い曲を歌っている」という評判が最近の通説でしたが、どういうメカニズムかここ1年ほどは“良曲”が48グループに回ってくるタームになりつつあります。

例えば、昨年の総選挙以降にリリースされたNGT48の2枚のシングル「世界はどこまで青空なのか?」「春はどこから来るのか?」(それぞれおぎゆか、本間日陽がセンター)も、48グループにありがちな“雑な盛り上げ曲”とは一線を画する丁寧にアレンジされた爽快なロックチューンです。

そんな流れの象徴的な存在なのが、3月にリリースされたAKB48の「ジャーバージャ」。ソウル~90年代のR&Bを下敷きにしたサウンドには、「AKBまだまだいけるんじゃない?」と思わせてくれるようなパワフルさが溢れていました。

その「ジャーバージャ」でセンターを務めた岡田奈々ですが、先日行われたさいたまスーパーアリーナでのライブ(AKB48の単独公演)では「ジャーバージャ」以外の多くの曲でセンターポジションに入るなど、運営サイドが“AKB48の次代の顔”を託した感があります。

“未来の総監督候補”とも目されるリーダーシップ(その力は兼任するSTU48でもすでに発揮されているようです)とキラキラしたビジュアルは、今後のAKB48を引っ張っていく存在として申し分ないものです。

昨年の総選挙での9位を経て、今年掲げる目標は1位。じゅりなとさくらちゃんの2強にどこまで肉薄できるでしょうか。

前述したさいたまスーパーアリーナで行われたライブでは、岡田奈々に加えて、新曲「Teacher Teacher」でセンターを務める小栗有以、一昨年「翼はいらない」でセンターを務めるなどすでに選抜の常連となっている向井地美音のふたりが前面にフィーチャーされることが多かった印象があります。

おそらくこの3人が、新生AKB48の“顔”となりそうです。彼女たちがどこまで上位に食い込めるかに、この先のAKB48未来がかかってくると思います。ゆいゆいはアンダーガールズ(17位~32位)の上位、みーおんは2年ぶりの選抜復帰が現実的な目標となってくるでしょうか。

またまたビッグサプライズはあるか?

ファンですら「もう見どころないよね」という雰囲気になっていた昨年の総選挙でも、おぎゆかの速報1位からの大躍進や須藤凜々花の結婚スピーチなど、思わぬ出来事が起こりました。

ちなみに、今年の総選挙には「世界選抜」という冠がついている通り、ジャカルタのJKT48やバンコクのBNK48・台北のTPE48からも複数のメンバーが参加しています。日本で全く知名度のない海外グループの面々が上位を占める……みたいなことが起こればいろいろな意味で面白いですね(残念ながら?速報でその気配を感じることはほぼできませんでしたが)。

きっと今年も、思わぬシンデレラガールの登場や物議を醸す出来事の発生によって、最終的には「なんだかんだ総選挙面白いな」という感想になるのではないかと思っております。開票イベントが今から楽しみです!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』
2018年5月30日の開票速報による暫定順位

第1位 荻野由佳(NGT48 Team NIII)59,531票
第2位 松井珠理奈(SKE48 Team S)38,943票
第3位 宮脇咲良(HKT48 Team KIV)32.614票
第4位 岡田奈々(AKB48 Team 4)27,008票
第5位 須田亜香里(SKE48 Team E)22,762票
第6位 高橋朱里(AKB48 Team B)20,670票
第7位 太野彩香(NGT48 Team NIII)17,332票
第8位 矢吹奈子(HKT48 Team H)13,981票
第9位 加藤美南(NGT48 Team NIII)13,905票
第10位 一色嶺奈(SKE48 Team S)13,372票
第11位 長谷川玲奈(NGT48 Team NIII)12,622票
第12位 荒井優希(SKE48 Team KII)11,533票
第13位 渕上舞(HKT48 Team KIV)11,369票
第14位 向井地美音(AKB48 Team A)11,297票
第15位 福岡聖菜(AKB48 Team B)11,059票
第16位 小畑優奈(SKE48 Team KII)10,963票

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人