Dragon AshのKjこと降谷建志が、ソロプロジェクトを再始動! 映画『虹色デイズ』ED曲を含むシングルを7月リリース

■今夏はフェスやイベントを中心に、Dragon Ashの活動も併行して実施

Dragon AshのKjこと降谷建志のソロプロジェクトが再始動し。7月25日にダブルAサイドシングル「Playground / ワンダーラスト」をリリースする。

1997年の1stリリース以降、Dragon Ashのフロントマンとしてロックシーンの最前線で活躍し続ける一方、様々なアーティストのプロデュースや客演参加など精力的な活動を重ねてきた“Kj”こと降谷建志。

そして、“音楽家・降谷建志”としての日々の創作活動を作品に落とし込んだ1stアルバム『Everything Becomes The Music』を2015年にリリース。作詞、作曲だけでなく、すべての楽器演奏に至るまで降谷本人が手がけた本アルバムは、タイトルが表すように、生活のあらゆる出来事が音楽に昇華され、多くの人々の生活に、時に寄り添い、時に勇気をくれるようなロックアルバムとなった。

その後、ソロとしての活動の継続を示唆するようにシングル「Prom Night」をリリース。2016年に入って以降は20週年を迎えるDragon Ashの活動に専念していたが、今回、いよいよソロプロジェクトの再始動を果たす。

このたび発表されたシングルは、メイン2曲をフィーチャーしたダブルAサイド。

「ワンダーラスト」は、7月6日に全国公開される話題の映画『虹色デイズ』のエンディングテーマとして書き下ろされた楽曲。映画は4人の男子高校生を主人公とした感動の青春ストーリーで、「ワンダーラスト」はそのラストシーンをドラマチックに彩っている。

そして、もう1曲の表題曲は「Playground」は、これから動き出すソロプロジェクトを示唆する重要な楽曲とのこと。続報に期待しよう。

そして、ソロとしては初となる全国ワンマンツアーが決定。ライブメンバーは、ギター・PABLO(Pay money To my Pain / POLPO)、ベース・武史(山嵐 / OZROSAURUS)、キーボード・渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、ドラムはおなじみ桜井誠(Dragon Ash)。これまではフェスを中心にライブ活動を行っていたが、今回発表された初のツアーでは全国6ヵ所、6公演を予定している。

シングル「Playground / ワンダーラスト」には本ツアーの先行抽選シリアルが封入。シングルは完全生産限定盤となるので、早めに予約しておこう。

なお、フェスやイベントを中心に、Dragon Ashの活動も併行して行われるとのことなので、詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。


リリース情報

2018.07.25 ON SALE
SINGLE「Playground / ワンダーラスト」


映画情報

『虹色デイズ』
2018年7月6日(金)全国ロードショー
主演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星
吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower)/ 山田裕貴 滝藤賢一
監督:飯塚健
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
制作:松竹撮影所
企画・配給:松竹
(C)2018『虹色デイズ』製作委員会
(C)水野美波/集英社マーガレットコミックス


映画『虹色デイズ』作品サイト
http://nijiiro-days.jp/

降谷建志 OFFICIAL WEBSITE
https://www.dragonash.co.jp/kenji/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人