BiSH、新曲「Life is beautiful」MV公開!「ラストシーンを観たときに涙が止まらなくなった」(セントチヒロ・チッチ)

■主演の飯豊まりえは本気のBiSHファン!「なんとも表せないゾクゾクした感情でした 笑」

楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、自身初のラブソングとなった新曲「Life is beautiful」のミュージックビデオを公開した。

主演を務める飯豊まりえは、月9ドラマのほか、数々のドラマや映画で活躍中の人気女優。清原翔は、来年4月のNHK連続テレビ小説の出演が決定するなど、現在大注目の俳優だ。

そんなふたりが主演を務めたミュージックビデオは、産まれたときから一緒の男女が、成長し、結ばれ、様々なモノ、コトを「共有」しながら人生は進んでいくという「共有」をテーマに描かれたストーリー。

時間の経過と共に「共有」されてきたモノ、コトが増えていくが、最後の瞬間だけは「共有」できない。しかし、これまでの人生で「共有」してきた数多のもの(美術=人生の時々の瞬間)が積み上げられ、メッセージが作り上げられるラストカットは必見だ。

横浜アリーナでのワンマンライブを成功させ、ニューシングルのリリース、さらには全国大型フェスをほぼ制覇と、勢いの止まらないBiSHのさらなる進化から目が離せない。

■飯豊まりえ コメント
(BiSHを)テレビ番組で拝見してから応援したい! すごい個性と才能の塊だ!! と思っていて日頃からBiSHさんの曲を聴かせていただいていたので、お話をいただいたときは、え!? 本当ですか? と聞き返してしまうほど驚きました!
うれしかったです。ご本人さんたちを目の前にお芝居させていただいて、なんとも表せないゾクゾクした感情でした 笑。
学生時代から50代の女性まで、普段にない振り幅がある役どころでしたが、なかなかない経験だったのでとても楽しかったです!

■セントチヒロ・チッチ(BiSH)コメント
平凡でも、奇跡みたいなことでも、人には毎日それぞれの人生が1ページずつ描かれています。このMVでは、ひとつのモノ、コトを共有して生きる2人の姿、徐々に増えていく人生で共有された物事。増えていく幸せの形。それが描かれています。
だけど人間、死だけは共有することはできなくてそれは当たり前だけど残酷で。私は、そのシーンをオブラートに包まずに表現してみせたことに正直驚きました。でも、ラストシーンを観たときにああ、これだ。って感じて涙が止まらなくなって、なんだかわかんないけど込み上げてきて。
この世界のどっかで、それぞれいろんな人生を送ってる誰かに、苦しくても残酷でもそれでも人生は美しいと思ってもらえたら。届けばいいなと思います。


リリース情報

2018.06.20 ON SALE
SINGLE「Life is beautiful / HiDE the BLUE」


BiSH OFFICIAL WEBSITE
http://www.bish.tokyo/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人