eスポーツイベント『DIGG』ローンチパーティーに有島コレスケ(arko lemming / told)と行ってみた【全クリ!番外編】

作詞作曲、ボーカル、すべての楽器演奏が手がけるソロプロジェクト・arko lemmingのほか、ドレスコーズのサポートメンバーとしても活動する有島コレスケと日本でも注目度の高いeスポーツのイベント『DIG INTO GOOD GAMES』ローンチパーティーに潜入!

【イベントレポート】
DIG INTO GOOD GAMES

2018.03.31@豊洲PIT、MIFA Football Park
[出演]有島コレスケ(arko lemming / told)

dTVチャンネル(TM)内にある、音楽風味なチャンネル『iBEYA』。そこで放送中の、全部クリア(全クリ)するまでプレイするゲーム番組『全クリ!』番外編として、番組常連の有島コレスケ(arko lemming / told)とともに、ゲームイベントへ行ってきました。

我々が向かったのは、様々な形でゲームに触れ、楽しむことができる体験型ゲームの新しいエンターテインメント『DIG INTO GOOD GAMES』(以下DIGG)ローンチパーティー。写真とともに絵日記的にお伝えします!


朝からプレイしまくる、健全なイベントDIGG

普段はライブハウスとして使われている豊洲PITと、フットサルコートとして利用されているMIFA Football ParkがDIGGの会場に! どのようにゲームをディグできる場所になるのでしょうか。

普段、不健康な生活を送りがちなスタッフ一同にとっては朝早いのは正直キツかったものの、会場に着いてみると心惹かれるコーナーがたくさんあったので一気にテンション上がりました(笑)。

朝からテンションの高いコレスケ。DIGGタイムテーブルの前でシュートポーズを決める!

ウイニングイレブン2018 – DIGG CUP meets MIFA Football Park –
ゲームとリアルで競う、斬新なルール

スタッフとは打って変わって朝から元気よく会場に到着した、有島コレスケ。彼は『全クリ!』出演をきっかけにPS4を購入し、現在はFPS(※1)のゲームを相当やり込んでいるんだとか。

※1……First Person shooterの略称。主人公の一人称視点でゲームが展開するアクションゲームのジャンル。

最初に向かったのは、『ウイニングイレブン2018』で “DIGG CUP 親子トーナメント11” と “DIG CUP 3on3マッチ”を行っていたMIFA Football Parkへ。

“DIGG CUP親子トーナメント”は、親と子が2名1組で戦う『ウイニングイレブン 2018』トーナメント戦。協力しながら楽しむ親子の姿はとても微笑ましいものでした。いいなぁー……子ども欲しい。

そんな悲しい独身貴族のたわごとはさておき(笑)、続いて“DIG CUP 3on3マッチ”を観戦することに。こちらは3人1組のチーム編成で行うリーグ戦。フットサル(3人制)と『ウイニングイレブン 2018』(3人制)それぞれの得失点差で勝敗を決めるという、DIGG特別ルールが適用された3on3マッチ。

こんな斬新なルール面白すぎ! と大盛り上がり。「次回はこの大会に出よう!」と、小学校サッカー部だった有島コレスケは決意。

せっかくならゲームでもリアルでも大技決めてヒーローになりしょう、コレスケさん!

なぜか哀愁が漂ってしまう、有島コレスケ

グランツーリスモSPORT
無免許でもリアルなレーシング体験ができる

次に向かったのは、レーシングゲーム『グランツーリスモSPORT』複数プレイヤー同時対戦エリア。ハンドルコントローラーがいっぱい! レースゲームもここまで進化しているのかという映像美。

そして、このコントローラーを握った人にしか伝わらないのが残念ですが、振動がダイレクトに伝わってくるのでハンドリングが本当にリアルなんです。

ゲーム終了後、参加賞としてPS4のコントローラーがデザインされたピンバッジもゲット。有島コレスケ(無免許)、大満足の疑似運転体験となりました。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
合言葉は「ドン勝」。全世界が熱狂中のPCゲーム『PUBG』

レースゲームを堪能後は整理券片手に『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下PUBG)体験会へ。

世界的に大ヒットしているバトルロワイヤルシューターゲーム『PUBG』。孤島を舞台に、100人のプレイヤーが生き残りかけて戦う、単純明快なこのゲーム。

ハイスペックなゲーミングPC(※2)がずらりと並ぶブースに通された有島コレスケは、ドン勝(※3)目指して頑張ると意気込んでいたのですが、早々にやられてしまいました。残念! ドン勝までまだまだです。

※2……コンピューターゲームをすることに特化したパソコンの総称。「PUBG」のプレイには、パソコンの性能が非常にカギになるそう。
※3…… 「PUBG」で生き残り最後のひとりになること。生き残ったあかつきには、「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示される。

ドラゴンボール ファイターズ / ドラゴンボール ゼノバース2
プロゲーマーも太鼓判を押すほどの本格格闘ゲーム

『PUBG』であっけなく負けてしまった有島コレスケが次に向かったのは『ドラゴンボール ファイターズ』試遊ブース。

2.5Dで展開する『ドラゴンボール』本格対戦格闘ゲームです。アニメーションがハイレベルでかつボリューミー、格闘ゲームとしても非常にやり込みがいのある作品。

メインステージでは、有名格闘プロゲーマーのかずのこ選手、どぐら選手がエキシビジョンマッチを行っていました。後述のインタビューでも話題にあがっていましたが、かずのこ選手が今いちばんハマっているゲームは『ドラゴンボール ファイターズ』なんですって。

番組スタッフに真剣勝負をしかける有島コレスケ。スタッフが勝ちました(小声)

『ドラゴンボール ファイターズ』ブースの横で、『ドラゴンボール ゼノバース2』の試遊もできました。

Nintendo Switch版をプレイできたのですが、両手でNintendo Switchコントローラーを持ち「えっ! なにこれ! 新感覚!!」な操作方法で戦います。『ドラゴンボール ゼノバース2』もかなりやり込めるゲームで、知らない間に格闘ゲームも進化してるのだと実感。

ドラゴンクエスト ライバルズ
運と戦略が決め手のデジタルカードゲーム

この日は『ドラゴンクエスト ライバルズ DIG INTO GOOD GAMESトーナメント』も開催されていました。

このゲームは、実に奥が深く、やればやるほどハマりこんでしまう中毒性の高いある意味“ヤバイ”ゲーム(笑)。「これは余裕で勝てる!」なんて胡坐をかいていると、あっと言う間に逆転されてしまうので一瞬たりとも気が抜けません。

決勝トーナメントでは、アツい試合を前に思わず「おおおおお!」と声が出ちゃうほど、観戦するだけでも熱が入りました。

予想もつかないハイレベルな試合展開に息をのむ

有島コレスケ初のインタビュアーに!
プロゲーマーに直撃インタビュー

SHO選手(SCARZ)、からあげ選手(SCARZ)編

ここまで様々なゲームを観戦、試遊してきた有島コレスケがプロゲーマーにインタビューすることに。ちなみに、普段はインタビューを受ける側の有島、これがインタビュアーとしてのデビュー戦です。

まずは、Pro eSports team SCARZのWinning Eleven部門に所属しているプロゲーマーのSHO選手(SCARZ)、からあげ選手(SCARZ)に話を聞きました。このおふたり、世界大会に出場するほどの実力者なんですよ!

L→R SHO選手(SCARZ)、からあげ選手(SCARZ)

本イベントについて聞くと、ふたりとも『ウイニングイレブン2018』とフットサルのコラボを非常に気に入っており、参加してみたかったそう(笑)。プロゲーマーをも魅了する、斬新ルール。やっぱり、コレスケさんやるしかないですね。

SCARZ OFFICIAL WEBSITE
からあげ選手 OFFICIAL Twitter
SHO選手 OFFICIAL Twitter

どぐら選手(CYCLOPS Athlete Gaming)、かずのこ選手(GODSGARDEN)編

そして、もう1組。どぐら選手(CYCLOPS Athlete Gaming)、かずのこ選手(GODSGARDEN)は、格闘ゲームのプロゲーマーでその界隈でかなり有名な方々です。

L→R どぐら選手(CYCLOPS Athlete Gaming)、かずのこ選手(GODSGARDEN)

世界中を飛び回り様々な大会に出場中! 「プロゲーマーとはなんたるか?」をうかがったところ、“「プロ」という言葉が付く意味”を教わったのですが……とても背筋が伸びました。彼らが戦う場所はエンターテインメントというフィールドで、華やかな部分のみが先行して見えてしまいがちですが、そのフィールドで“プロ”として戦う彼らの言葉、そして覚悟に感銘を受けました。

CYCLOPS athlete gaming OFFICIAL WEBSITE 
どぐら選手 OFFICIAL Twitter

GODSGARDEN OFFICIAL WEBSITE
かずのこ選手 OFFICIAL Twitter

瀬崎隆明(NTTドコモ)、管野辰彦(ビットキャッシュ)編

DIGGを堪能しまくった有島コレスケ。この日の締めくくりに、『DIG INTO GOOD GAMES』主催メンバーのおふたりにもお会いしました。

『DIG INTO GOOD GAMES』というイベントのテーマやコンセプト、展望、どういう想いで運営しているのかなど非常にアツい話を聞くことができました。

そもそも、なぜ今回このイベントを開いたのか? 素朴な疑問をぶつけてみたところ、「新しい楽しさをさらに追求し、より多くの人に楽しんでもらいたいたい」というすごくシンプルな、それでいて熱量の高い答えが返ってきました。

L→R 瀬崎隆明(NTTドコモ)、管野辰彦(ビットキャッシュ)

出場選手もそうでしたが、このイベント開催にあたった人々、全員が全力で“楽しむ”ということに貪欲に取り組んでいる姿に、感動したと同時に自分もこうありたいと強く思いました。

なお、この3組のインタビューの模様は“DIGG -DIG INTO GOOD GAMES- インタビュー動画”にて公開中です。

DIGG 閉幕

クタクタになりながらも、ゲームに囲まれた非日常を堪能しました。

次なる目標としては、DIGGが主催する大会に「チーム有島コレスケで出場する」ことのようです。その時も絵日記的レポートを書きたいなと思っています。ゲームと共にあらんことを!

TEXT BY 澤井 環
PHOTO BY 石崎祥子


番組情報

全クリ!番外編 DIGG -DIG INTO GOOD GAMES-

[初回放送]
06/11(月)11:30~12:00

[リピート放送(2週間)]
06/11(月)
18:30~19:00

06/12(火)~15(金)、06/18(月)~22(金)
11:30~12:00 / 18:30~19:00

06/16(土)、23(土)
21:30~22:00

06/17(日)、24(日)
20:30~21:00

[出演]
有島コレスケ(arko lemming/told)
SHO選手(SCARZ)
からあげ選手(SCARZ)
どぐら選手(CYCLOPS Athlete Gaming)
かずのこ選手(GODSGARDEN)
瀬崎隆明(NTTドコモ)
管野辰彦(ビットキャッシュ)

ディレクター:石崎祥子
プロデューサー:澤井環
協力:DIG INTO GOOD GAMES 実行委員会
(C) Konami Digital Entertainment
(C) 2017, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. “Gran Turismo” logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.

(C)2018 M-ON! Entertainment Inc.

詳細はこちら
DIG INTO GOOD GAMES OFFICIAL WEBSITE

※dTVチャンネル(TM)内『iBEYA』にて配信中。
※「dTVチャンネル」は株式会社NTTドコモの商標です。
※見逃し配信対応コンテンツ。


プロフィール

アリシマコレスケ/東京出身。toldのベーシストであり、志磨遼平のバンド、ドレスコーズ、0.8秒と衝撃。などのサポートもこなすマルチプレイヤー。近年は、自身が作詞作曲、ボーカル、全楽器演奏を手がける、arko lemmingとしても活動の幅を広げている。

有島コレスケ OFFICIAL WEBSITE
arko lemming OFFICIAL WEBSITE
told OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

arko lemming
2018.06.08 ON SALE
DIGITAL SINGLE「satellite-2」
RED Project/Sony Music Entertainment

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人