ハリソン・フォード、“若きハン・ソロ”に「俺の人生から出て行け!」の暴言!? 本編シーンには『SW』のテーマ曲が登場

『スター・ウォーズ』シリーズでも圧倒的な人気を誇るキャラクターのひとり、“ハン・ソロ”の“知られざる“若き日”を描く『スター・ウォーズ』最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)。

世界中で公開が待ち望まれるなか、先日、海外で主演のオールデン・エアエンライクがインタビューを受けている際に、突然ハリソン・フォードが登場するというサプライズが。そのときに撮られた“新旧ハン・ソロ”の2ショット激レア画像が到着した。

さらにハリソンも絶賛のオールデン演じる“若きハン・ソロ”が、チューバッカとミレニアム・ファルコン号に乗り銀河を駆け抜けるワクワク必至の本編シーンが公開された。

激レア画像は、ハリソンとオールデンが並んで立っている2ショット。背もほとんど変わらないふたりは、ポケットに手を入れる“お揃いポーズ”を取り、まるで親子のような雰囲気。よく見ると髪型も輪郭も似ており、服装もブラック系で まとめられ、ハリソンの“ハン・ソロらしさ”がしっかりとオールデンに受け継がれているようだ。

この写真は先日、海外での取材中に撮られたもの。オールデンがインタビューを受けているときに、ハリソン・フォードが急に現れるというサプライズが起きたのだ。オールデンが記者から「ハリソンに聞きたいことはある?」と聞かれると、なんとそこに本物のハリソンの姿が!「オー・マイ・ガー!」と言葉を失うオールデンに対し、ハリソンは「俺の椅子から降りろ! 俺の人生から出て行け」と、お得意のジョークでその場を笑わせていた。

握手とハグを交わしたふたりだが、なんとハリソンがインタビューに答えるひと幕も。ハリソンは「オールデンは本当に頭が良くて素晴らしいよ。彼がやった“ハン・ソロ”の演技を観て、とても賢いと思ったんだ」とオールデンの演技を絶賛。ハリソンからのお墨付きをもらったオールデンは、「信じられないよ」と照れ笑いを見せていた。

本作の撮影前にもハリソンからハン・ソロを演じる極意を教わっていたというオールデン。ハリソンから“ハン・ソロ”を受け継いだオールデンの演技に期待が高まる。

そんなオールデン演じる若きハン・ソロが映し出される本編シーンが併せて解禁。ハン・ソロとチューバッカ、謎の美女キーラがミレニアム・ファルコン号で銀河を駆け抜けるファンにはたまらないシーンとなっている。

ハン・ソロの隣に座るキーラだが、操縦の腕はイマイチの様子。そこで後ろから見守っていたチューバッカが、たくさんの操作ボタンの中からいとも簡単にシールドの補強をやってのけると、ソロとキーラはチューバッカの腕前にびっくり。のちにファルコン号の“副操縦士”となるチューバッカの才能は、この頃から健在だったようだ。

キーラの代わりにハン・ソロの隣の操縦席にチューバッカが座ると、ファンなら思わずテンションが上がってしまう『スター・ウォーズ』のテーマが流れ出す。さらにチューバッカを見るときのハン・ソロのにやりとしたスマイルは、まさにハリソン・フォードが見せていたハン・ソロの表情にそっくり。『エピソード4』以降のソロとチューバッカの活躍は世界中の誰もが知るところだが、ふたりの出会いから次第に絆を深めていく過程は見逃せない。

ジョージ・ルーカスからの信頼も厚いロン・ハワード監督、そして『エピソード5』『エピソード6』で脚本を手がけ、『スター・ウォーズ /フォースの覚醒』でも脚本に携わった“ハン・ソロを誰よりも知る男”ローレンス・カスダンが脚本を務めただけあり、ファンからの期待値も高い本作。

アクション、スリル、バトル、ロマンスなどエンターテイメントのすべてが詰まったあらたなSW伝説が今、幕を開ける。


映画情報

2018.06.29 公開
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』作品サイト
https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人