セリーヌ・ディオン、デッドプールに自身のバストサイズを告白

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上、最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る“デッドプール”。ライアン・レイノルズ主演で映画化された『デッドプール』は、2016年に公開され、全世界興収850億円を超える世界的現象となった。

そして、予算もスケールも超グレードアップした全世界待望の続編『デッドプール2』も、20世紀フォックス映画史上最高、全米&81ヵ国、公開したすべての国で初登場1位を記録! 全世界の興収は 3日間で3億ドル(約330億円)を突破し、FOXインターナショナルの記録を更新。うち10ヵ国では、FOXのオープニング記録を更新する特大ヒットとなった。今後は巨大テリトリーである中国、そして6月1日の日本の公開が控えており、さらなる記録更新が期待される。

先日、グラミー賞5冠、ア カデミー賞2冠、全世界トータルセールスが驚愕の約2億5,000万枚を誇る、カナダが生んだ世界的歌姫、セリーヌ・ディオンの1年2ヵ月ぶりの新曲にして、本作のオープニングテーマ曲「アッシュズ」のミュージックビデオが解禁。

俺ちゃんとディオンの夢の共演が公開されると、

「狂演」
「デップーきゃわいぃ。身のこなしがしゅてき」
「セリーヌさん吹いてもええんやで」

と話題沸騰となった。

そしてこのたび、そんな夢の共演の知られざる裏側が明かされたメイキング映像が初公開!

再生数 2,032万回、高評価44万件(5月17日時点)のミュージックビデオでは、俺ちゃんが大ステージで、オーケストラとセリーヌの素晴らしい歌声のバックで、時にディオンよりも目立って、そして時にスポットライトを全身で浴びて華麗な踊りを披露。

そして、楽曲が終了すると、世界の歌姫に対して「『デッドプール2』なんだ、『タイタニック』じゃないんだよ。10 点満点で11点とっちゃった感じを、5点ぐらいに落としてくれる? テキトーな感じで」と撮り直しをリクエスト(笑)。

納得がいかない表情を見せるディオンが「私の歌には11点しかないのよ! わかったわね、スパイダーマン!」と完璧ヒーローを引き合いに出して言い返すという、配信してはいけないであろう、ふたりのやり取りまで捉えていた。

到着したメイキング映像では、なんと俺ちゃんとディオンは、何をしでかしたのか“接近禁止”だったことが明らかに! そのため、ミュージックビデオの主演はディオンのホログラムだと聞いていたというが、「なぜか本物のセリーヌが来た」と驚きを隠せないデップー。俺ちゃんらしくなく、珍しく「カナダからアメリカに来たときに、ゴミ箱の間で踊った以来で、少し緊張している」という。

「骨を5本抜いておいた。鎖骨2本と背骨を17センチ。だからクネクネだ」とディオンとの共演に気合十分で挑んだ俺ちゃん。その甲斐あって、ディオンは、「いいわね」とご満悦な様子で、俺ちゃんも満足気。そんなふたりは接近禁止だったことは思えないほどで、なんとガールズトーク(?)に突入!

「これ本物?」とオッパイを揉みしだくディオンに「まあね! カップはAマイナス」と公表すると「同じよ!」となんとディオンも自身のサイズをポロリ! セリーヌにあの完璧ヒーローと勘違いされてしまっている様子の俺ちゃんだが、セリーヌが胸のサイズまで明かしてくれるほど心を開いてくれたからか、大好きなスパイディーと間違えられたからか「まいっか!」と簡単に許してしまった。

映像からも観て取れるように、1作目の豪快で強烈なノリはさらに加速。予想をはるかに超える興奮と笑いで、待ちに待った俺ちゃんの活躍が、またもや全世界のハートを鷲掴みにする!


映画情報

『デッドプール2』
6月1日(金)全国公開!
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ライアン・レイノルズ ジョシュ・ブローリン モリーナ・バッカリン ジュリアン・デニソン ザジー・ビーツ T・J・ミラー ブリアナ・ヒルデブランド ジャック・ケーシー
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved


リリース情報

2018.06.06 ON SALE
Various Artists
ALBUM「映画『デッドプール2』サウンドトラック」


映画『デッドプール2』作品サイト
http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

セリーヌ・ディオン 日本 OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/celinedion

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人