MONSTA X、初の全国ツアー完遂!日本語でファンへの感謝を伝える場面も

韓国出身の7人組ボーイズグループ、MONSTA X(モンスタエックス)が5月18日、東京・東京国際フォーラム・ホールAにて『MONSTA X, JAPAN 1st LIVE TOUR 2018~PIECE~』を開催した。これは、日本1stアルバム『PIECE』のリリースと同時にスタートしたMONSTA Xにとって初の全国ツアーのファイナル公演で、ツアーは福岡、名古屋、大阪、東京の4都市6公演で約2万人を動員した。

ライブは7人の元にパズルのピースが入った招待状が届けられるという映像からスタート。、持ち寄ったピースを合わせてみると、ひとつだけ足りないピースがあり、7人はそのピースを探すことになる……。

映像が映し出されたスクリーンが左右に開くと、オープニング曲の「Ready or Not(Japanese ver.)」から、会場は早くもヒートアップ。続けて日本デビュー曲「HERO(Japanses ver.)」と、MONSTA Xの代名詞ともいえるハードな曲でさらに攻め立てる。ウォノが見事に鍛えられた腹筋をチラ見せしたかと思えば、ヒョンウォンもそれに続き、ひときわ大きな歓声を集める。

MCパートでは、「僕たちの日本1stアルバムには、いい曲がたくさんある」と言うミニョクに、キヒョンがジュホンのビートボックスに乗せて、「KILLIN’ ME」「Aura」「PUZZLE」「#GFYL」と、次々とアルバムに収録されている4曲の日本オリジナルの新曲をファンと一緒に歌ってアルバムをアピール。そしてジュホンの先導で、「日本のMONBEBE(ファンの呼称)のおかげで、アルバム『PIECE』が、タワレコ総合チャート1位! オリコン週間ランキング3位! ビルボード・ジャパン・チャート3位! 5月5日のオリコンデイリーチャート1位になりました。ありがとうございます!」とメンバー全員がテンション高く成果を報告して、ファンに感謝を伝えた。

中盤はメンバーの自作曲を中心に構成。ジュホンが作ったミドルテンポのバラード曲「In Time」では、韓国語の曲ながらI.Mが、「時が止まればいいのに。永遠にこの瞬間を一緒に過ごしたい」と、日本語のセリフを差し込み大きな歓声を受けかと思えば、「Because Of U」ではメンバーたちのかわいらしさが爆発。ウォノが愛嬌を見せたり、キヒョンがウィンクをしたり、ジュホンがI.Mのほっぺたを触ったりと、各人が順番にキュートな仕草を見せてファンを大いに沸かせた。

ヒップホップの強烈なトラックとキャッチーな歌メロの対比が美しい「Aura」は、日本1stアルバム『PIECE』に収録されているジュホンが手がけた新曲。ここから助走をつけ、韓国デビュー曲「Trespass(ROCK ver.)」ではファンコールの大きな声が上がる中、MONSTA Xらしい若さと勢いのあふれたステージを見せてくれた。

後半へ導く映像では、様々なミッションをクリアして、ついに最後のピースを手に入れた7人がパズルにはめてみると、そこに浮かび上がったのは、MONBEBEたちの姿。「いちばん大事な存在を見にいこう!」とメンバーたちがステージに集まると、アルバムのコンセプト曲「PUZZLE」で会場を楽しい雰囲気に包み込んだ。

MCでは、勉強中だという日本語の話題になり、ジュホンが覚えたという「すみません、餃子、ありますか?」を披露。ほかにもトーク中に体の大きなショヌのうしろからI.Mとミニョクが「ひょっこりはん」と言って顔を出したり、ヒョンウォンが「MONBEBEが好き。だから付き合ってください」と告白をしたり、日本語を駆使したトークでファンを笑わせる。バラエティセンスのある彼らだけに、おもしろトークの連発にヒョンウォンの笑いが止まらなくなる場面も。

また、日本のドラマや映画を観て日本語の勉強をしているという話題では、メンバー全員で、韓国でも人気の日本のドラマ『孤独のグルメ』を再現したかと思えば、ジュホンが「昨日、ミニョクさんの部屋に行ったら、ファンの皆さんのための日本語を覚えていました」というエピソードを語ったり、日本のファンに寄り添う姿を見せてくれるのもうれしい。

思い切り笑った後は、韓国最新曲「Jealousy」、韓国の音楽番組で初の1位を獲得した「Dramarama」、そして初の日本オリジナル曲「SPOTLIGHT」というさきほどまで大爆笑していた彼らとはまったく違うセクシーさやカッコよさ溢れる怒濤の構成に、ファンの盛り上がりも最高潮の中、本編は終了した。

アンコールの「RUSH (ROCK ver.)」では、メンバーたちが客席から登場し、歌いながら会場を練り歩くと、ファンも大熱狂。ステージに戻ったメンバーたちから「グッドニュースがあります! さきほど発表されたのですが……」という言葉が出ると、ジュホンが「5月17日のオリコンデイリーアルバムランキングで1位になりました!」とチャート逆行を報告すると、会場から大きな歓声が上がる。ヒョンウォンは目を丸くして、驚きが隠せない様子だ。

日本オリジナル曲ならではのキュートな楽曲「#GFYL」では、前日5月17日に日本デビュー1周年を迎えたMONSTA Xにファンからのサプライズとして「#GFYL」のタイトルである「Gift For Your “LOVE”」と書かれたカードが掲げられた。また、ファイナルのこの日は、ダブルアンコールで「PUZZLE」を再び歌ったが、ここでもサプライズとしてMONSTA Xを応援するファンの映像が流されると、客席を背にして映像に見入るメンバーたちの姿が見られ、温かな雰囲気でツアーが締めくくられた。

アンコールのMCで、ミニョクが完璧な日本語で「今日、いちばん強く感じたことは、皆さんと僕たちはひとつだということです。歌うとき、楽しいとき、盛り上がったときも、一緒にいてくれて、ひとつになってくれてありがとうございます。そして、皆さんが僕の側にいてくれて、応援してくれたおかげで、福岡から東京までずっと幸せでした。いつも、死ぬまで笑顔を忘れないミニョクになります」と真摯に語ったが、ほかのメンバーも韓国語と日本語を交え、思い思いに感謝を伝えてくれた。つたなくても一生懸命に考えながら自分の言葉で話してくれる日本語は、心に伝わるものだ。

その中で必ず口にしていたのがMONBEBEへの愛。ストーリー映像が終わった後に「最後のピースは誰だと思いますか?」と問いかけると、「MONBEBE!」とファンも大きな声で答えたが、ファン思いで知られているMONSTA Xとファンとの相思相愛の空気が、ライブをより良いものにしてくれるのだろう。カッコいいパフォーマンスと過剰なまでのバラエティセンスとのギャップ。そしてファンを想う暖かい心を肌で感じると、彼らの魅力から抜け出せなくなる。

日本でのツアーを終えたばかりのMONSTA Xは、5月26日のソウルを皮切りに2度目のワールドツアーをスタートさせる。ますます大きくなって、再び日本に戻ってきてくれることを期待したい。

TEXT BY坂本ゆかり


リリース情報

2018.04.25 ON SALE
ALBUM『PIECE』

 


MONSTA X OFFICIAL WEBSITE
https://monstax-official.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人