フィッシュマンズ、2枚のLPの発売が決定!「今年から来年にかけて、ライブでフィッシュマンズの音楽を鳴らしたい」

1999年にボーカリスト、コンポーザーの佐藤伸治が急逝するも、その後もリーダーであるドラマー・茂木欣一(現TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)を中心に、不定期ながら各地フェスなどでライブを行うなど活動を継続しているフィッシュマンズ。

今夏のフェス出演も噂されているフィッシュマンズだが、2016年の25周年時のリリース以来となる、あらたな作品の発売が決定した。

まずポニーキャニオンから、2016年のリマスター音源をベースにした初のアナログレコード『BLUE SUMMER~Selected Tracks 1991-1995~』が8月1日にリリース。

内容は「レコードで聴いてほしいベスト選曲」をテーマに、茂木が初期音源より選曲をした全13曲2枚組のLPに、スマートフォンでも楽曲再生を楽しめる「プレイパス」を封入した作品。カッティングは名匠・小鐵徹が、ジャケットデザインはフィッシュマンズのオリジナルメンバーであり、現在はデザイナーとして活躍中の小嶋謙介が担当する予定となっている。

8月8日にはユニバーサルミュージックから『Night Cruising 2018』と題された、「ナイトクルージング」の2018年リミックスが収録された作品がLPとCDにて発売予定。こちらもプレイパスが封入される。

ライブ出演予定の発表も含め、フィッシュマンズの動向に今後も要注目だ。

茂木欣一 コメント
『BLUE SUMMER 〜Selected Tracks 1991-1995〜』は、アナログ盤で辿る2018年型ベスト選曲。フィッシュマンズのデビューからポリドールに移籍するまでの5年間にリリースされた全作品より、今の気分で選曲させてもらいました。2005年発表のベスト盤『空中』『宇宙』とはまた違った角度から、フィッシュマンズの音楽を、より深く楽しんでもらえるように考えたつもりです。音源はすべて2016年にリマスターされたものを使用しています。

『Night Cruising 2018』。今回アナログ盤リリースの話をいただいたとき、長年の個人的な夢だった「zAkが今の気分で 『ナイトクルージング』をリミックスしたらどんなことになるのだろう?」というのを、このタイミングでぜひ実現させたい!! という思いが湧き上がりました。本人にも快諾してもらえて、ポリドール時代の楽曲たちとともに収録することになりました。この文章を書いている時点ではまだ音源を聴けていませんが、どのような世界が展開されるのか楽しみに待ちましょう。

ジャケットデザインは、オリジナルメンバーの小嶋謙介(オジケン)が担当。仕上がりがとっても楽しみです。そして今年から来年にかけて、ライブでフィッシュマンズの音楽を鳴らしたいと強く思っています。引き続き報告できれば!! こちらもどうぞヨロシク。

またお会いしましょう。see you soon.

2018.5.15
フィッシュマンズ 茂木欣一


リリース情報

2018.08.01 ON SALE
LP『BLUE SUMMER~Selected Tracks 1991-1995~』
2枚組(プレイパス付)

2018.08.08 ON SALE
CD&LP『Night Cruising 2018』
※プレイパス付


フィッシュマンズ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fishmans.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人