千眼美子(清水富美加)、青春時代の甘酸っぱい思い出を告白!「好きな男の子が使っている路線の定期に買い替えた」

女優の清水富美加が千眼美子として本格的女優復帰を果たす映画『さらば青春、されど青春。』の初日舞台挨拶が本日5月12日、東京・シネマート新宿スクリーン1にて行われ、主演の大川宏洋、キャストの千眼美子、石橋保、芦川よしみ、龍輝、そして赤羽博監督が登壇した。

『さらば青春、されど青春。』は、昭和50年代の東京が舞台。実直で真面目な青年が、恋に落ちた女性と自らの使命の中で迷い、誰も経験したことのない究極の選択を迫られる、神秘的でノスタルジックな青春ストーリーだ。

劇中で恋人役である大川宏洋と千眼美子はお互いの印象を真面目で優しい人! と互いにべたぼめ。大川が「千眼さんは現場で細かいことに気遣いができる素敵な方です」と語る一方、大川が普段の自由奔放な印象とは全く違う役柄だったことに対して、千眼は「今日は真面目な中道真一モード!」と話し、会場は笑いで包まれた。それに対し大川も「それは役だからね! 生真面目で実直な青年だから」と返し、撮影の和やかな雰囲気が会場全体に伝わった。

さらに、大川は「今まで、アブノーマルでネジが飛んでいるような役がとても多かったので、今回の役作りに関してはかなり勉強になりました」と劇中の主人公である中道真一に対して、思い入れが強いことを明かした。赤羽監督はそれに対して「大川宏洋さんを、中道真一に近付けるのに、苦労したよ……」と、大川宏洋と中道真一という役柄とのギャップに会場は笑いに包まれた。

夫婦役を演じた石橋保と芦川よしみのお互いの印象については、石橋は「25年の付き合いで、ずっと知っているお姉ちゃんだから、役にスムーズに入れました」と語り、芦川も「阿吽の呼吸だもんね!」と息の合ったトークが展開された。

今回、主題歌である「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューを果たした千眼は「甘々な採点をするなら上手にできていたほうだと思います。音痴で絶望的な状況だったけれど、毎日ボイストレーニングで頑張ったことを自分自身で評価したいです!」と今後の歌手活動も期待させるコメントに会場からは拍手が沸き起こった。

また、『さらば青春、されど青春。』というタイトルに絡めて、「青春時代の甘酸っぱい思い出は?」という質問に対し、千眼が「学生時代、小田急線の通学定期を使っていたんですけど、好きな男の子が使っている京王線の定期にわざわざ買い替えたんです!」と青春時代に経験した甘い思い出を語るなか、大川、石橋、龍輝の男性陣は「好きな人を先輩や親友にとられた!」と甘酸っぱい思い出どころか、辛く苦い青春の思い出を披露。

石橋は「当時好きだった女性のために6時間も立ちっぱなしで花束を抱えて、待ち合わせ場所で待っていたんです。でも来なくて……。その彼女は大親友と付き合っていました(笑)」と当時の苦い記憶を蘇らせた。龍輝が「10代まで本当にモテませんでした。フラれていてばかりの人生送ってきました!」と告白すると、会場から「えー? じゃあ今は?」という声が。それに対して龍輝は「今は仕事に全力で取り組んでいます!」と華麗な答えで返した。そして同様の質問を振られた赤羽監督は「私も、たくさんの甘酸っぱい経験をしてきました。その思い出がそのまま投影されているシーンがあるから、見つけてみてください」と観客の期待を煽った。

最後に千眼は「出家して初の作品となった今作は、自分は何に青春をささげるのか? 自分の使命はなんなのだろうか? 流れてくる時間がいとおしく感じる、本当にいちばん大切な映画になりました」と本作への愛を垣間見せた。

大川は「26歳までサラリーマンを務めてきた僕が、こんな仕事に関われるなんて、こういった出会いこそが一生の宝です。劇中でも主人公が苦難、困難に立ち向かい、一歩ずつ成長していく姿が素晴らしいです。信じる道を教えてくれる映画です」と高らかに宣言し、会場は盛大な拍手に包まれた。

舞台挨拶の最後には大川の「さらば青春、」、千眼の「されど青春。」の声掛けに会場全員が、「大ヒット!!!」と返し会場全体が一体感に包まれ、イベントは幕を閉じた。


映画情報

『さらば青春、されど青春。』
絶賛公開中!
配給:日活
配給協力:東京テアトル
製作総指揮・原案/大川隆法
出演:大川宏洋 千眼美子
石橋保 芦川よしみ 日向丈 山田明郷 野久保直樹
長谷川奈央 梅崎快人 伊良子未來 希島凛 ビートきよし 大浦龍宇一 高杉亘 木下ほうか
監督:赤羽博
(C)2018 IRH Press


リリース情報

2018.04.02 ON SALE
千眼美子(清水富美加)
DIGITAL SINGLE「眠れぬ夜を超えて」

2018.04.25 ON SALE
千眼美子(清水富美加)
SINGLE「眠れぬ夜を超えて」


千眼美子「眠れぬ夜を超えて」特設ページ
https://saraba-saredo.jp/special/

映画『さらば青春、されど青春。』作品サイト
saraba-saredo.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人