MACO、ベスト盤収録の新曲で鷲尾伶菜(E-girls / Flower)とのコラボが実現!「わしまこ最高。笑」

2018.05.10

MACOが、6月20日にリリースする自身初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』に収録される新曲に、E-girls / Flowerのボーカルとして活躍する鷲尾伶菜の参加が決定した。

ファン待望となる今回のコラボ曲のタイトルは「Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜(E-girls / Flower)」。本日5月10日は、MACOの27歳の誕生日。MACOは鷲尾伶菜から新曲へのボーカル参加という最高のプレゼントをもらう形となった。以前からSNSに2ショット写真をアップしあい、お互いのファンの間で“わしまこ”の愛称で知られているふたりのコラボレーションが、ついに実現した。

今回の楽曲の歌詞はMACOと鷲尾伶菜の共作。ふたりのリアルな友情が詰まった「Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜(E-girls / Flower)」はどのような曲に仕上がっているのか、発売日を楽しみに待とう。

今回の発表にあわせて、『BEST LOVE MACO』の全収録楽曲も公開。デビュー5年目に突入したMACOのこれまでの代表曲が勢ぞろいのベストセレクションとなっている。

なお、鷲尾伶菜が所属するE-girlsは、5月23日にニューアルバム、『E.G. 11』をリリース。来月からは全国アリーナツアー『E-girls LIVE TOUR 2018 ~E.G. 11~』を開催する。

MACO コメント
「Dear My Friend」なんて曲を私が歌うなんて昔は思ってもみなかったです。お友達と呼べる人が私はきっと他の人より少なくて、本音や弱音を話せる人なんてもっと少ないです。
わっしーとは出会ってからいつの間にか仲良くなって、辛いときはなぜかいつもそばにいてくれたり、不安や悩み事も「まーいっか!」って笑いあえたり、ときには、まーいっかじゃ収められないときも、お互いをずっと支え合えるような仲になっていました。
だからこの歌で心からのありがとうを伝えられて本当に良かったです。ずっとふたりでいつか一緒に曲を作りたいね、と言っていたので今回その夢がかなって本当にうれしい。何年経っても歌い続けたい最高な曲が出来ました。“わしまこ”って呼び名もふたりで笑いながら気に入っています。わしまこ最高。笑

鷲尾伶菜 コメント
今回、ずっとふたりで話していたこのコラボレーションが実現して、やっとできたね。といった感覚です。すごくすごくうれしい。
MACOちゃんとはm-floさんのライブにお互いがゲストとして参加させていただいていたときに出会い、それから気がつけばこんなに仲良くなっていて。縁って不思議なものだなと思います。どこで大切な出会いがあるのか本当にわからないものだなって。
今回の「Dear My Friend」という曲はふたりで歌詞を書いたのですが、個人的には世の中に初めて自ら作詞をした曲を出させていただくので、目標だったことがひとつ達成できましたし、それがこの曲でよかったなと思います。
友達とは様々な形があると思いますが、きっとこの人とは、言葉をそんなに交わさなくても、わかり合えちゃうんだろうなぁって思ったり、感情面でも同じものをみてそのときに感じる何かがこの人とはきっと同じなんだなって思ったり。
私はそんな素敵な出会いを大切にしたいですし、これからもお互いにそんな関係性でいれたらなって思ったので、この機会に歌詞に書かせていただきました!
何年先もずっと歌い続けてもらえる曲になればいいなと思います。


リリース情報

2018.06.20 ON SALE
ALBUM『BEST LOVE MACO』

[収録曲] ※全17曲 / 曲順未定
LOVE
ふたりずっと
Kiss
We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)
ありがとう
うれし涙
この世界中で
恋心
love letter
恋人同士
手紙
Sweet Memory
恋するヒトミ
恋の道
君のシアワセ
HOWEVER
Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜 (E-girls / Flower)


E-girls OFFICIAL WEBSITE
http://e-girls-ldh.jp/

Flower OFFICIAL WEBSITE
http://www.flower-ldh.jp/

鷲尾伶菜 公式instagram
https://www.instagram.com/reina.washio.official/?hl=ja


MACO

鷲尾伶菜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人