1,000人のアイドルが集結する『武道館アイドル博2018』に、まさかのPATA(X JAPAN)降臨!

1,000人のアイドルと遊ぼう!

日本全国のアイドルとファンとの交流イベント『武道館アイドル博2018』が、8月13日に東京・日本武道館で行われる。

総合MCは、チュートリアルの福田充徳。さらに、コメンテーターとして吉田豪、そしてゲストとして、まさかのPATA(X JAPAN)が降臨! 当日のイベントがどのような展開になるのか、想像もつかない。

「2020年に向けて日本のアイドル文化を全世界にアピールしていきたい」という趣旨で、昨年ゴールデンウィークに開催したところ、“画期的かつ刺激的なイベント”として大きな反響を呼んだ『武道館アイドル博2017』。今年は“平成最後のアイドル博”として、日本武道館での第2回目の開催が決まった。

“アイドル”はライブだけではなく、ファンとの交流を含めた形態がポップカルチャーとして日本の文化のひとつとなっている、とは主催関係者の弁。「日本武道館から日本の“女子力”を世界に発信していくことで、アイドル文化を活性化させていきたい」と話す。

第1回目の昨年は吉木りさ、AKB48の佐々木優佳里、さらには現在、活動休止中のアイドルユニット“生ハムと焼うどん”の西井万理那をはじめ、Cheeky Paradeや2o Love to Sweet Bullet、ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)、READY TO KISSなど、アイドル300組1,500人が日本武道館に集結して開催された。

「武道館で行われる“アイドル版コミケ”ともいうべきイベントとして注目され、1万人を超えるファンが詰めかけた」と話す制作関係者。

現在、全国には“ご当地アイドル”を含めると、有名・無名問わず1,000組以上のアイドルが存在すると言われ、それぞれが独自の活動をしている。そういったなかから、このイベントでは「メジャーを目指す知名度の高いアイドルばかりを厳選していく」という。

関係者によると、近日中にも詳細を発表し開催に向けて参加者の募集を行うとのこと。「基本コンセプトは“アイドルが作る巨大文化祭”。最終的には、キャパの関係から昨年並みの300組を予定している。ソロ、グループを含め1,000人以上のアイドルが武道館のアリーナを埋めつくす、平成最後のアイドル大イベント博にしたい」としている。

イベントは午前10時開演で、終演は20時。参加アイドル300組は、3部構成の時間割で分けて、イベントを行う構成になっている。アリーナ内をアイドルごとのブースで分けて握手会やチェキ会、トーク会など、それぞれが独自の手法でファンとの交流を図っていく。

「なかなか会うチャンスのないアイドルと会話を楽しめるし、見つけることもできる。たくさんのアイドルとコミュニケーションを図ることで、アイドル文化をさらに深めていくキッカケにしたい」(主催関係者)

また、会場内には特設ステージも設けられ、ここでもトークイベントやクイズ大会などバラエティー企画が準備されている。ちなみに、ステージは開演時間の10時間は、ノンストップ、ぶっ通しでトークしまくるという。

出演者は随時公式サイトおよびTwitterにて解禁される。


イベント情報

武道館アイドル博2018
08/13(月) 東京・日本武道館
<出演者>
総合MC:福田充徳(チュートリアル)
ゲスト:PATA(X JAPAN)
コメンテーター:吉田豪


イベントサイト
http://www.idol.world/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人