千眼美子(清水富美加)、本格女優復帰作イベントに笑顔で登壇。「美人役というのがいちばんツライ!(笑)」

女優の清水富美加が千眼美子として本格的女優復帰を果たす映画『さらば青春、されど青春。』が、5月12日に全国公開される。

公開を目前にした5月8日、東京のヴィレッジヴァンガード渋谷本店にて、千眼美子によるスペシャルトークショーが開催された。

詰めかけたファン100人の前に、満面の笑みで手を振りながら登場した千眼は「こういったイベントは1年半ぶりでドキドキしていますが、最高の笑顔で楽しめたら」と語り掛け、「今は何でもやりたいので、ありがたいと日々思います。初挑戦がたくさん。映画もお久しぶりな感じなので『ちゃんとしないと!』と緊張しています」と出家後の心境を吐露した。

劇中では、救世主としての使命に目覚める主人公・真一(大川宏洋)の恋人・額田美子役。「仕事もできて、みんなの憧れの大人の美人さんという、ザ・王道な役どころ。これまでは奇抜な役柄が多かったので『できるのかな?』と思った。美人役というのがいちばんツライ!」と照れ笑いしながらも、「独立してジャーナリストになるという設定で、自分の言葉で伝える人になりたいという思いは自分と同じ」と共感を寄せた。

主題歌「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューも果たしたが「音がずれているし、テンポもとれていないくらい音痴だった」とぶっちゃけつつ、「ボイトレで鍛えてもらって真剣に取り組んだ。歌手を職業にしたいと思っていなかったけれど、野望が芽生えた。ライブもできるかも」と本格的歌手活動にも意欲的。

今後については「宗教家もそうですが、新しくチャレンジしたものはすべて素人。いろいろなことをやりながら、すべてにおいてプロになりたい。自分で感じたもの、言いたいことは誰かに言わされるのではなくて、自分の言葉で伝えられるようになりたい。映画も10本くらい決まっているけれど、すべて自分次第。自分から発信していきたい」と瞳を輝かせた。

またファンに向けては、「直接お会いできなくても、SNSなどのコメントや意見はすべて見ていました。どんな意見でもうれしくて、早く皆さんに直接自分の元気な姿を見せて、『ありがとう』という言葉を直接伝えたいと思っていました」とシミジミ。

続けて「不安や疑問に思っていることもあると思うけれど、そういうものをこういった場所でぶつけてほしいと思います。これからもこういった機会を作っていきたいし、『ありがとうございます』というひと言につきます。いい意味で倍返しをしていこうと思っているので、清水富美加からパワーアップして、これからも頑張っていきたいです」と高らかに宣言した。


リリース情報

2018.04.02 ON SALE
千眼美子(清水富美加)
DIGITAL SINGLE「眠れぬ夜を超えて」
※LINE MUSIC独占先行配信

2018.04.25 ON SALE
千眼美子(清水富美加)
SINGLE「眠れぬ夜を超えて」


映画情報

『さらば青春、されど青春。』
2018年5月12日全国ロードショー
配給:日活
配給協力:東京テアトル
製作総指揮・原案/大川隆法
出演:大川宏洋 千眼美子
石橋保 芦川よしみ 日向丈 山田明郷 野久保直樹
長谷川奈央 梅崎快人 伊良子未來 希島凛 ビートきよし 大浦龍宇一 高杉亘 木下ほうか
監督:赤羽博
(C)2018 IRH Press


千眼美子「眠れぬ夜を超えて」特設ページ
https://saraba-saredo.jp/special/

映画『さらば青春、されど青春。』作品サイト
saraba-saredo.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人