スピルバーグ監督作に出演してもイジる!PrizmaX 幕張ライブで福本有希が森崎ウィンに“First to the egg”をムチャぶり

現在大ヒット公開中のスティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』でメインキャストのひとり、ダイトウを演じ注目を集めている森崎ウィン。

ミャンマー出身の彼が所属するのが、サイパン、フランス、日本と様々な文化的ルーツを持つメンバーが集まった超国際派ダンスボーカルユニット・PrizmaXだ。そんな彼らが5月5日、幕張メッセで行われた『ピーアーク presents bayfm フリマパラダイス』のライブステージに登場。

ウィンが『レディ・プレイヤー1』のワールドプレミアで各国を飛び回っていたため、久々のステージとなるこの日を待ちわびていたホリック(PrizmaXファンの愛称)も多かったことだろう。ひときわ大きな歓声で迎えられた5人は、爽やかなサウンドに乗せて夏の恋を歌う「HUG&KISS」でステージをスタート。『レディ・プレイヤー1』では男っぽさのにじみ出る役柄を演じていたウィンだが、この曲では満面の笑みで客席に投げキッスをお見舞いしていく。

ハイトーンの歌声を聴かせるウィン、中低音の落ち着いた歌声を聴かせるもうひとりのボーカル・黒川ティムのハーモニーもキマっている。

続いて、イントロで大きな歓声が起こったのは、ウィンが作曲、ティムとラッパーの清水大樹が作詞を手がけた、ホリックにも人気の高い「Three Things」。スムースなサウンドを聴かせる曲なのだが、久々のステージに気分が高揚しているのか、ウィン、ティムが互いに気合いを入れあうようにソウルフルな歌声を聴かせていた。大樹やパフォーマーの島田翼、福本有希も軽快なダンスで魅了。

MCでは「2ヵ月以上ぶりのライブなんで、5人ともエンジン全開でここに立ってます!」(大樹)とこの日の心境を語った。バラード「Someday」ではにぎやかなMCから一転して、失恋の痛みを繊細かつ丁寧に表現していく。実はウィンだけでなく5人全員が役者としてのキャリアを持つ彼らだけに、こういった曲での魅せ方は実に見事だ。

冒頭にウィンがアカペラで歌い上げる“愛してるだけじゃ、キミはたりない……”のフレーズに会場全体がグッとひきこまれたのは、続くバラード「yours」。1月クールのドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日)の主題歌で、英語バージョン「yours~For an eternal time」が全世界で配信されており、彼らの楽曲の中でもバツグンの知名度を誇る同曲。サウンド、ダンスともにシンプルな楽曲だけに、ウィンとティムの情感あふれる歌声はもちろん、全員の高い表現力が光る一曲でもある。

後半のMCでは歯に衣着せないトークで“PrizmaXの特殊部隊”の異名(?)を持つ有希が、ウィンが先日出演した『しゃべくり007』(日本テレビ)で連呼していた映画の決め台詞「First to the egg!(一番を獲りに行こう!という意味)」を無茶ぶり! 急遽、番組で好評だった“水中での「First to the egg!」を披露するというひと幕も。

ラストを飾ったのは、60年代テイストのロックンロールサウンドで盛り上げる「my girl」。良い意味で時代性を感じさせないエバーグリーンさを持つPrizmaXの楽曲は、大人世代からキッズまでが楽しめるのがポイント。ハイテンションなこの曲の勢いどおりに熱気をはらんだまま、この日のステージは幕を閉じた。

ネイティブな英語で歌えるふたりのボーカルを擁し、J-POPの枠にとらわれないサウンドを展開するPrizmaXは、役者として世界に打って出たウィン同様にグループとしても“世界で戦える”存在になりつつある。

 

TEXT BY 古知屋ジュン
PHOTO BY 笹森健一


映画情報

★森崎ウィン出演映画
2018.04.20 ROADSHOW
MOVIE『レディ・プレイヤー1』

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
原作:アーネスト・クライン著「ゲームウォーズ」(SB文庫)
キャスト:タイ・シェリダン、オリビア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


ライブ情報

PrizmaX Hall Tour Level 7 ~FUSION~
06/02(土)大阪・NHK大阪ホール
06/16(土)千葉・市川市文化会館 大ホール


リリース情報

2018.02.14 ON SALE
SINGLE「yours」


Prizmax OFFICIAL WEBSITE
http://www.prizmax.tokyo


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人