タイ・バンコクを拠点とするBNK48、『TIF2018』に出演決定!『TIF in BANGKOK』ではNGT48とコラボ

2017年8月、223組のアイドルグループが出演し、8万人を超える来場者数を記録した世界最大のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL』(通称:TIF)は、日本のアイドルカルチャーを世界に発信すべく、2018年、アジア展開を開始。

その第一弾として、4月27日〜29日に、アジア圏でも特にアイドルカルチャーへの関心が高い、タイ・バンコクにて『TOKYO IDOL FESTIVAL in BANGKOK COMIC CON』(以下、『TIF in BANGKOK』)が開催された。

『TIF in BANGKOK』で3日間のスタートを飾ったのは、まねきケチャ。さらに、愛乙女☆DOLL、アキシブprojectと、日本でも人気のアイドルがタイを沸かせた。

初日のトリにはNGT48が出演。今回のイベントホストであるBNK48と「365日の紙飛行機」「恋するフォーチュンクッキー」をコラボレーション披露し、イベントは最高潮に達した。

さらに、2日目にはインドネシア・ジャカルタからスペシャルゲストとして、JKT48が駆けつけ、アジア圏でのアイドル文化の拡大を強く印象付けた。

最終日には、BNK48の単独ステージがクライマックスを迎える中、TIFの総合プロデューサーである菊竹龍氏(株式会社フジテレビジョン)が登壇。東京・お台場で8月に開催される『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』への、BNK48の出演をサプライズ発表した。

BNK48・キャプテンのチャープランは「精一杯頑張るので、日本の皆さんにも、タイから来たBNK48のライブを楽しんでもらえるとうれしいです」と、世界最大のアイドルイベントに参戦する意気込みを語った。

『TIF in BANGKOK』は、アイドル10組(BNK48、JKT48、NGT48、アキシブproject、Task have Fun、ネコプラ、パピロジェ、ミルクス本物、まねきケチャ、愛乙女☆DOLL)が出演。3日間でのべ1万5千人のファンを熱狂の渦に包み込んだ。前述の菊竹龍氏は、「日本のアイドルは、こんなに魅力的でパワフルなんだ! と、 国外へ向けて気を吐くことができた。2020年東京オリンピックへ向けて大きな一歩となった。これからも国内外へ様々なストーリーを紡いでいきたい」と、海外進出の出ごたえをコメント。

ますます発展する『TOKYO IDOL PROJECT』に今後も注目だ。


BNK48 OFFICIAL WEBSITE
https://www.bnk48.com/

『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』OFFICIAL WEBSITE
http://www.idolfes.com/2018/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人