ジュリエット・ビノシュ×永瀬正敏×岩田剛典(EXILE/三代目JSB)。映画『Vision』予告映像&メインビジュアル解禁

18歳の時、初めて8ミリカメラを手にしてから約30年。今や、世界中で高い評価を受けている河瀬直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優、ジュリエット・ビノシュ、そして日本が世界に誇る国際派俳優・永瀬正敏をダブル主演に迎えた映画『Vision』が6月8日に全国公開される。
※「河瀬直美」の「瀬」は、旧字体が正式表記。

そしてこのたび、本作の予告映像とメインビジュアルが公開された。

この度解禁となった本予告は、奈良県吉野にて全編ロケを敢行し、圧巻の映像美で描く神秘的な吉野の森を舞台に、ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典ほか超豪華実力派俳優陣が勢ぞろいし、サスペンスフルなストーリー展開を見せる内容。彼らは“喜びと悲しみ” “戸惑いと安堵”という相反する感情を様々抱えながら神秘の森に集ってきた。彼らはなぜこの森で出逢ったのか?

予告映像は、涙を流し苦悶の表情を浮かべる鈴(岩田剛典)に「なんでだよ? 答えろよ……」と智(永瀬正敏)が必死に問いかける、衝撃的なシーンからスタート。森と共に生きる山守の智は、何か物寂しげな目で口数は多くないものの、森の異変を感じ取っていた。そして、森に迷い込んだ謎の青年・鈴、予告のラストで炎に包まれながら得も言えぬ表情を浮かべる彼は一体何者なのか?

アキ(夏木マリ)は「やっと会えたな…」と、以前からジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)を知っていたかのように、彼女に意味深に語りかける。その包み込むようなやさしい語りかけに呼応するように、彼女が流すひと筋の涙の意味とは――?

それぞれの登場人物が抱える“想い”が重なり合い、やがて心揺さぶる壮大なストーリーへと繋がっていく、河瀬直美監督の渾身の一作に期待が高まる。

また同時に解禁されたメインビジュアルは、神秘的な吉野の森の中にそびえ立つ1本の大木に寄り添うように、ジャンヌ、智、鈴、アキが連なり、自然と共存するさまと、命の連鎖を想像させる壮大なもの。デザインは、アートディレクターの森本千絵が務め、河瀬直美監督が描く『Vision』の世界観が見事に表現されたビジュアルとなっている。


映画情報

『Vision』
6月8日(金)全国ロードショー
出演:ジュリエット・ビノシュ 永瀬正敏 岩田剛典 美波 森山未來 田中泯(特別出演)・夏木マリ
監督・脚本:河瀬直美
企画協力:小竹正人
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
プロデューサー:マリアン・スロット 宮崎聡 河瀬直美
配給:LDH PICTURES
(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.


映画『Vision』作品サイト
http://vision-movie.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人