EXILEの新曲「My Star」が、世界が泣いた感動スペクタクル映画『オンリー・ザ・ブレイブ』日本版テーマソングに決定

2018.04.24

誰もが危険から逃げていく時に、その危険に飛び込んでいく男たちがいる――。

アメリカ屈指のエリート消防隊に上り詰めた森林消防士たちの物語を描く映画『オンリー・ザ・ブレイブ』が、6月22日にTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開。そしてこのたび、本作の日本版テーマソングに、EXILEの新曲「My Star」が決定した。

2013年、アメリカのアリゾナ州で巨大山火事が発生。荒れ狂う炎に立ち向かったのは、精鋭部隊・ホットショットの20人の男たち。大切な仲間・愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るために、勇気だけで炎の海に飛び込んでいく。普段はフザケてばかりの陽気な彼らが、炎を前に本物のヒーローに変わる瞬間、興奮と感動と涙が押し寄せる。

監督は、『オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー。出演はジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーら新旧交えた豪華俳優陣が勢ぞろい。炎より熱い男たちの絆とプライドが胸を熱くする感動のドラマがここに誕生した。

日本版テーマソングに起用されたEXILEの新曲「My Star」 の“愛することは守り抜くこと”という歌詞は、愛する者を守るために命を懸けるホットショットの男たちの、炎より熱い思いそのもの。まさに本作にぴったりのパワーバラードで、愛する者を持つ男たちの熱い思いが、今、日米を超えて、ひとつになる。

今回解禁となる本予告は、薬に溺れ自堕落な生活を送っていたダメ男・ブレンダン(マイルズ・テラー)が、娘の誕生をきっかけに心を入れ替えて森林消防隊に入隊するところから始まる。リーダーのマーシュ(ジョシュ・ブローリン)の指導の下、ハードな訓練や実地での経験を通して仲間と絆を深めていくが、そんな彼らを待ち受けていたのは史上最大級の山火事だった――。

広がり続ける山火事のなか、炎に囲まれながらも家族や人々を守るため決死の覚悟で立ち向かう男たち、そして彼らの帰りを待ち続ける家族たち、それぞれの想いが「My Star」の切ないメロディと心に響く歌声にのせて描かれ、熱い思いがこみ上げてくる予告編となっている。

これまで『ラ・ラ・ランド』『ボーダーライン』『はじまりのうた』などを手がけてきたプロデューサーのモリー・スミスからも、「素晴らしく感動的な美しいこのような曲を、この素晴らしい映画の一部として迎えられることにとても感激しています!」と映画を盛り上げる最高のタイアップとなった喜びのコメントが到着している。

EXILEの新曲「My Star」は、現在、好評配信中。


リリース情報

2018.02.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「PARTY ALL NIGHT ~STAR OF WISH~」

2018.03.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Melody」

2018.04.06 ON SALE
DIGITAL SINGLE「My Star」


映画情報

『オンリー・ザ・ブレイブ』
6月22日(金)TOHOシネマズ日比谷 ほか全国ロードショー
監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』
出演:ジョシュ・ブローリン『エベレスト3D』、マイルズ・テラー『セッション』、ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、テイラー・キッチュ『バトルシップ』、ジェニファー・コネリー『地球が静止する日』
配給:ギャガ
(C)2017 NO EXIT FILM, LLC


映画『オンリー・ザ・ブレイブ』予告映像
https://youtu.be/kBOL1HT1Zp4

EXILE OFFICIAL WEBSITE
http://exile.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人