けやき坂46、初の舞台公演『あゆみ』が開幕! 10人で1役を演じる個性的なスタイルの演劇に挑戦

けやき坂46(ひらがなけやき)の初の舞台公演『あゆみ』が、4月20日、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて初日を迎えた。

けやき坂46は欅坂46に次いでグループ内に結成された妹分的存在のグループ。しかし、欅坂46より先に全国ツアーを開催し、先日は日本武道館公演3daysを即完で大成功させるなど、今や欅坂46と肩を並べそうな勢いで急成長を続けており、最も注目度の高いグループとの声も多い。

グループ初の舞台は、けやき坂46の20名がチームハーモニカとチームカスタネットに分かれ、2チーム制で公演を実施。

題材は、2010年『わが星』で岸田國士戯曲賞を受賞した劇団ままごとの柴 幸男の代表作『あゆみ』。目には見えない時間の道を歩く“あゆみ”というひとりの女性の人生の物語だ。10人で1役(あゆみ)を演じるという個性的なスタイルの演劇に、けやき坂46全メンバー20人がWキャストで挑むことになった。

本番前は緊張した面持ちだったメンバーも、始まれば堂々と演じきり、大盛況のうちに初日を終えた。

メンバーの加藤史帆は、この舞台を開催すると聞いたときの感想を、

「嘘でしょ、できない、怖い、不安など、様々な想いがあったが、スタッフの方がていねいに教えてくれて、メンバー20人が支え合えたので、絆も深まって本当に良かったです」

とコメント。

また1人の主人公を10人で演じる苦労について、2期生の渡邉美穂は、

「1人2役以上あり、その中で性別年齢関わらず演じなければいけないので、感情の切り替えが難しかった」

と話している。

この公演は、5月6日まで各チーム12公演、全24公演行われる。

PHOTO BY 上山陽介


舞台情報

けやき坂46 初舞台公演『あゆみ』
公演日程:2018年4月20日(金)~5月6日(日)
※4月21日(土)、22日(日)、5月4日(金・祝)は休演日
劇場:東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo
脚本:柴 幸男(ままごと)
潤色・演出:赤澤ムック

<チームハーモニカ>
井口眞緒 潮 紗理菜 加藤史帆 齊藤京子 佐々木久美 高瀬愛奈 東村芽依 松田好花 宮田愛萌 渡邉美穂

<チームカスタネット>
柿崎芽実 影山優佳 佐々木美玲 高本彩花 金村美玖 河田陽菜 小坂菜緒 富田鈴花 丹生明里 濱岸ひより


リリース情報

2018.03.07 ON SALE
欅坂46
SINGLE「ガラスを割れ!」

2018.05.23 ON SALE
けやき坂46
ALBUM『タイトル未定』


欅坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.keyakizaka46.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人