ささきいさおが、18年ぶりに“声優”としてヤマトに復帰!『宇宙戦艦ヤマト 2202』第五章「煉獄篇」予告映像公開

アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクし、2012年から2014年にわたり、劇場上映から全国ネットでのTV放送まで展開、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト 2199』。

そして、2017年2月より、ヤマトファン待望の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』全七章が順次劇場上映中だ。

監督は『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義。シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を起用。音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良が担当している。

モチーフとなるのは、かつて日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』。その壮絶なる物語を、あらたな解釈と装いで現代に甦らせる。この時代に語るべき「愛」の姿とは!?

そして、このたび、『第五章 煉獄篇』の最新映像を使用した60秒の劇場予告編映像が解禁された。

山南司令の緊迫する表情や、ズォーダーの「踏みつぶせ!」と第五章の展開が大波乱となる予感を含んだひと言に加え、よりいっそう迫力を増した戦闘シーンが満載。さらに新キャラクターも登場している。

その新キャラクターを演じる追加キャストとして、謎の戦艦の艦長役・藤堂早紀役に高垣彩陽、航海長・市瀬美奈役に黒沢ともよが決定。そして、山南司令の同僚役でアポロノーム艦長の安田を、オープニング主題歌も担当しているアニソン界のレジェンド・ささきいさおが、声優として『さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~』以来18年ぶりに『宇宙戦艦ヤマト』に帰ってくる。

また、今回の60秒の劇場予告編をコンパクトにまとめた30秒ver.予告も解禁。30秒ver.では、ありましの with MayTreeによる、第五章のエンディング主題歌「ようらんか」が流れ、本作を盛り上げる。

映画『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」は、5月25日より全国35館にて期間限定劇場上映される。

追加キャストコメント
■ささきいさお(安田俊太郎役)
新宿ピカデリーでの『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第四章天命篇の上映会のとき、羽原信義監督から「声優としてどんな役をやってみたいですか」と聞かれ、「年齢的にも艦長かな」とお答えしました。それがきっかけで、アポロノーム艦長の安田役を演ることになりました。山南司令の同僚と言うことですが、それなりの貫録は出たかな? と思います。

■高垣彩陽(藤堂早紀役)
今作への出演は、巡って来たうれしいご縁でした。初登場の際に現場で役について詳しく説明をうけたのですが、その内容に「これは生半可な気持ちではつとまらない」と、武者震いのような…身の引き締まる想いになりました。現場では疑問点もていねいに説明してくださるので、とても有り難いです。長きにわたり愛される作品に、あらたに加わることができて光栄です。ぜひ、早紀の活躍を楽しみにしていてください!

■黒沢ともよ(市瀬美奈役)
わたしが生まれる前からたくさんの方々に愛されている作品なので、今回参加させていただけて、とてもうれしいです。先輩たちに置いていかれてしまわぬように、がむしゃらに頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!!!


映画情報

『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」
5月25日(金)より、全国35館にて期間限定劇場上映
<シリーズ全七章順次劇場上映>
(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202 製作委員会
※「西崎義展」の「崎」は、たつさきが正式表記。


『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』公式ホームページ
http://yamato2202.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人